泡盛はじっくり寝かせて熟成させる 古酒の山川酒造

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここは、本部(もとぶ)町、カツオの町、沖縄そばの町!

本部港の方から八重岳の方に向かって延びている道が「そば街道」。おいしくて特徴のある沖縄そば店がたくさん並んでいる。

そのそば街道を走ると左側に見えてくるこの看板。本部町唯一の泡盛酒造所「山川酒造」

「古酒の山川酒造」といわれるほど、古酒の割合が多い。泡盛は蒸留後、半年から1年寝かせてから市場に出て行く。「新酒」とか「一般酒」と言われる泡盛。それを3年以上寝かせたものを「古酒」といい、5年、10年、15年と寝かせてまろやかに熟成されていく。他のお酒にはない、お子供から大人に育っていく過程が楽しめるのが、泡盛です。

img_0425

説明していただいているのが、3代目山川宗克社長。

ーどんな時でもとにかく頑張って

古酒=クースを寝かせておきなさい
いずれは古酒の時代になるからー
創業者 山川宗道

家訓ともいうべき、山川家に伝わる言葉。おいしい泡盛に育てるべく、新酒の時からしっかりこだわった味を作り出しています。

 

泡盛が熟成するこんな実験を山川酒造さんでやらせてもらった。ツアーで泡盛を1年間海に沈めて、熟成させようという試みです。タンクを背負い、泡盛を持って海に潜ります。

12670864_853184254789946_4078352709053612993_n

インストラクターに導かれ、ビールケースの中に泡盛を入れていきます。「おいしくなれよ!」と願い、1年待つことになる。

img_0546

まだ、その1年が来ていないので、代わりに、すでに海中で寝かせておいた泡盛がある。右端の泡盛で珊瑚がついて海中で寝ていたことがよくわかります。新酒と、海底熟成酒を飲み比べてみると明らかに味わいが異なる。5年古酒に匹敵するようなおいしさが出てくる。これは、本部町のマハイナリゾートホテル隣の海の駅で市販されている。刺激を与えることで熟成が早まるので、車のトランクに入れておいたり、手で持ってマラソンを走ったりしても熟成感が出てきます。これは実験された方がいるので実証済みです。

dsc_0672

山川さんの代表銘柄は『珊瑚礁』『かねやま』。泡盛の古酒はそれだけ時間をかけて育てているので、それだけの価値がある。

 

山川酒造:沖縄県本部町並里58

見学可能時間:9:00~17:00 日曜、祝日休業

電話:0980-47-2136

事前に電話で申し込むこと。

泡盛工場を見学させてもらいましょう!

文:泡盛おじさん

沖縄県国頭郡本部町並里58




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-6-29

    外人住宅にある島野菜カフェ、うるま市「オハナ食堂」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄県中部、うるま市の石川ICから近くで見つけた「オハナ…
  2. 2017-6-25

    みんな大好き!ポークおにぎり専門店が那覇空港にOPEN!

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回はみんな大好き!ポークおにぎり専門店【ポークたまごおにぎり本…
  3. 2017-6-20

    沖縄でビール飲むならココ!「オリオンハッピーパーク」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄と言ったら、青い海~! 沖縄の海に行ったら「オリオン…
  4. 2017-6-19

    沖縄でないと味わえないケーキ&パン「ポールシュガー」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 知人からの口コミで、是非行ってみて~と情報を得て、那覇市…
  5. 2017-6-18

    沖縄とアメリカの文化が入り交じった音楽の町「コザ」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄本島の中心部にある沖縄市。かつて存在した「コザ市」が…

ピックアップ記事

  1. 2017-3-27

    16の工房が点在する読谷窯、やちむんの里

    ★体験レポート!! ~青木さなえさん 沖縄本島中部にある読谷村(よみたんそん) 。この自然に恵まれ…
  2. 2016-9-9

    一度知ったら、また行きたくなる「空港食堂」

    沖縄の旅を終えて、那覇空港へ。チェックインをして、荷物を預けたら、いつも行く店がある。 それは、お…
  3. 2017-1-10

    伊是名島は尚円王生誕の地、だから史跡が多い!

    ★ちゅらゆーなレポート 伊是名は、琉球王朝第二尚氏王統の始祖、尚円王生誕の島として有名です。 他…
  4. 2017-1-30

    みんな大好き! 沖縄のパ~ン♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は沖縄のパンについてお話しましょうね~!沖縄には「第一パン」…
  5. 農連市場は2017年秋に新しい店舗へ移転

    2017-2-24

    行くなら今、県民の台所那覇農連市場は今秋移転予定

    戦後の闇市から県民の台所としてスタートした那覇の農連市場、新しい建物の建設が進み、201…

イベントカレンダー

6月 2017
« 5月   7月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

カテゴリー

ページ上部へ戻る