泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄には47の酒造所があります。どの酒造所も基本はタイ米と黒麹菌で作っていきますが、通常2日で製鞠していくところを3日かけてより味わい深く作っていく泡盛や、仕込み日数が2週間から3週間と酒造所によって異なります。このタイ米は組合が共同購入していて、同じ原料にもかかわらず、味が異なってきます。この味の違いなどは、是非、蔵元さんで直接見て味わってください。

家族経営の酒造所などは、人手の問題で見学できないところもありますが、その多くが見学できます。ただし、忙しい時間帯や土日などはできないこともあるので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。沖縄県酒造組合のホームページ「泡盛百科」がお薦めです。

今回は、那覇空港からも近く、日曜日も見学ができるところをご案内しましょう!

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島北部編>はこちらです。

 

  【まさひろ酒造】

泡盛博物館(まさひろギャラリー)、琉装で記念撮影!

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>まさひろ酒造

糸満市にあり、那覇空港からでも車で15分くらいの場所です。1883年創業、3代目社長の名前が、比嘉昌廣。その名前からとった代表銘柄、『まさひろ』そして、現在の社名になっています。

 

まさひろギャラリーは泡盛博物館。全蔵元の泡盛やビール瓶に詰めていた時代の泡盛などが展示されていて、泡盛の歴史がよくわかります。

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>糸満のまさひろギャラリー。

 

工場内にもはいって、製造工程を教えてもらってください。

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>(株)比嘉酒造からまさひろ酒造に改名、大手の泡盛メーカーです。

 

最後は試飲コーナー。ココでは琉装で記念写真も撮れます。一通りの泡盛を試飲することができ、販売も行っています。

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>試飲と琉装での記念撮影。4500mlの升升繁盛ボトルで記念撮影も可。

まさひろ酒造のホームページはこちらです。

住所:沖縄県糸満市西崎町5-8-7 電話:098-994-8080

見学可能時間:9:30~17:30 年末年始除き、休みなし。無料

沖縄県糸満市西崎町5-8-7

 

【忠孝酒造】泡盛造りが体験でき、甕作りも見学できる!

 

空港から一番近い蔵元。タクシーで走っても1200円、10分。ココも初代社長大城忠孝の名前をとって、社名、銘柄名になっています。この忠孝蔵は、本来の製造工場と違い、手作り工場があり、製造体験することができます。南蛮甕をこの忠孝蔵で造っていて見学もできます。

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>忠孝蔵は手作り工場があり、甕作りもやってます。

 

一度に3人までしか体験できませんが、洗米から始まり、蒸し、黒麹菌をつける作業までで約2時間。その後は杜氏さんに任せて、3ヶ月後、自分が造った泡盛が届きます。写真の中で着ているTシャツ、手ぬぐい、43度1升がついて7000円。2度目からはTシャツ手ぬぐい持参で4000円。詳細はホームページをご覧ください。ちなみに左側が私です。

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>忠孝酒造蒸し米をかき混ぜています。泡盛造り体験中

 

ココの南蛮甕は最高の品です。実際に見てみるとわかりますが、音が違います!

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>最高の泡盛を最高の甕で、工場内に設けられた工房です。

 

最後に試飲コーナー。写真では一部ですが、一通りの泡盛がそろい、度数違いや製法違いが楽しめます。

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>忠孝酒造の試飲コーナー

忠孝酒造のホームページはこちらです。

住所:沖縄県豊見城市字伊良波 556-2  電話:0980-55-8880

見学可能時間:9:00~17:00 年中無休

沖縄県豊見城市字伊良波 556-2

 

【瑞泉酒造】首里城すぐ近くの老舗蔵元!

首里崎山町にあり首里三箇と言われる琉球王朝時代に泡盛造りを許されていた首里のまちです。主な銘柄は 『瑞泉』『飛泉漱玉』『おもろ』。

首里城から近く、歩いて行くことができる場所にあります。

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>瑞泉酒造は首里の中でも最大の蔵元です。

 

試飲コーナーとガラスの向こうには甕貯蔵庫が見えます。黒糖をおつまみに味の違いを試してみてください。

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>瑞泉酒造の試飲コーナー

 

たくさんの色紙が並んでいます。著名人も多いので、一つ一つ見ていくのも楽しいですよ。

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>色紙コーナー

試飲コーナーの一角に並べられた瑞泉酒造の泡盛たち。ガラスの向こうは甕で貯蔵されています。

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島南部編>

瑞泉酒造のホームページはこちらです。

住所:沖縄県那覇市首里崎山町1-35  電話: 098-884-1968

見学可能時間:9:00~17:00(受付) 年末年始除き無休

沖縄県那覇市首里崎山町1-35

 

泡盛工場見学が日曜日でもできる蔵元<沖縄本島北部編>はこちらです。

文、写真:泡盛おじさん

 

ツアー予約
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2018-9-19

    沖縄の夏はまだまだ終わらない!おススメかき氷のお店6選♪

    9月も中旬を過ぎ、本土はだんだんと秋に近づいている頃ですね。でも沖縄はまだまだ暑い!!沖縄の…
  2. 2018-9-13

    「沖縄そばと茶処 屋宜家」は文化財に指定された琉球建築の古民家

    沖縄本島南部の八重瀬町にある『沖縄そばと茶処 屋宜家(やぎや)』は、平成21年(2009年)…
  3. 2018-9-3

    沖縄といえばステーキでしょ!1000円台で食べられる那覇のおすすめ5選♪

    沖縄はステーキ天国。安くて美味しいステーキ屋さんの宝庫です。そんな美味しいステーキ屋さんの中…
  4. 2018-9-1

    沖縄マチグァーから作りたてのクラフトビール「浮島ブルーイング」

    沖縄牧志公設市場の近くアーケード街の上にある水上店舗「浮島ブルーイング」。那覇市でクラフトビ…
  5. 沖縄のお弁当は安くて旨くてボリューミー♪買うならココ5選

    2018-8-30

    沖縄のお弁当は安くて旨くてボリューミー♪買うならココ5選!!

    沖縄のお弁当は『安い・ウマい・ボリューミー』の三拍子そろった強者ばかり。!100円弁当から総…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 2018-6-1

    6月1日はかりゆしウェアの日!沖縄の正装かりゆしウェアの定義って?

    6月1日は「かりゆしウェア」の日。沖縄でかりゆしウェアは正装として認められているため、銀行や…
  2. 牧志にあるだんござえもんのハブ大福

    2018-6-24

    マチグヮーにハブが?!新たな名物「ハブ大福」

    沖縄といえばハブ。そんなハブが大福の中に出現?!でもね、ハブはハブでも美味しいハブなんです。…
  3. 2016-11-15

    伊是名島は尚円王の歴史と文化と豊かな自然が同居する島

    いまでも手つかずの古き良き沖縄が残る伊是名島(いぜなじま)。白い砂浜とエメラルドグリーンの海…
  4. 2018-4-22

    沖縄好きの心をくすぐる「沖縄文具」を発見!

    文具好きの方も多いと思いますが、沖縄好きの心をくすぐる文具を見つけちゃいました。場所は国際通りの「文…
  5. 農連市場のすぐ近く太平通りの地元に愛される八百屋!奥間果物菓子商店

    2017-10-19

    とにかく安い地元に愛される八百屋!奥間果物菓子商店

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は那覇市庶民の台所!とにかく安くてボリューム満点な八百…

イベントカレンダー

9月 2018
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
« 8月   10月 »

カテゴリー

スポンサーリンク

楽天トラベル株式会社

ページ上部へ戻る