カテゴリー:やちむん

  • 16の工房が点在する読谷窯、やちむんの里

    ★体験レポート!! ~青木さなえさん 沖縄本島中部にある読谷村(よみたんそん) 。この自然に恵まれた中に「やちむんの里」と呼ばれる工芸村がある。やちむんとは沖縄の方言で焼き物のこと。現在、そのやちむんを作る工房が15軒…
  • 読谷村喜名番所からやちむんの里へ

    ★読谷村観光記 ~しのはらさとみさん 嘉手納の道の駅から嘉手納基地を見渡し、NAVYと機体に文字の光る航空機が絶え間なく飛び立つのを見た後、私たちは日本で一番人口の多い村である読谷村で、喜名番所に立ち寄った。その昔…
  • 壺屋やちむん通り 番外編

    壺屋やちむん通りにはやちむん以外にも楽しめる場所があるのをご存知ですか?今回はちょっとだけ深く踏み込んだやちむん通りの紹介です。 まずはコチラ! チブル(頭)シーサーが埋まってます。かなり小さいので見つけられるか…
  • みんな大好き 壺屋やちむん通り

    みんな大好き壺屋やちむん通り。石畳がなんとも素敵ですよね。やちむんとは、沖縄の言葉で焼きもののこと。約330年前、琉球王府が各地に散らばっていた陶工を壺屋に集めたのが、壺屋焼の歴史のはじまりなんですって。   …
  • 窯元が集まる、那覇壺屋やちむん通り

    ゆいレールを使って行くなら、安里駅からひめゆり通りを通って、6、7分。東側の方からはいって、公設市場や国際通りの方に抜けていくコースか、逆コースをとると牧志駅が便利でしょう。16の窯元兼販売所、22の陶器販売所の他、飲食…
  • 陶芸家と直接話せて安く買える、12月読谷山焼陶器市!

    読谷村にある「やちむんの里」。ここには15の陶器工房と1つのガラス工房があり、毎年12月の第3金曜日から日曜日まで、読谷山窯と読谷山北窯の共により「読谷山焼陶器市」が開かれる。2~3割安く、工房前で展示販売され、陶芸家と…
  • 個性派クリエイターの工房読谷村長浜「一翠窯」「美ら海窯」

    ★青木さなえの体験レポート!! 読谷村、長浜ビーチ。海水浴ができる海ではなく、アーサーや貝がとれるビーチみたい。 この読谷村の長浜ビーチ近くにもいくつか工房があるので二軒ほど行って…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ★体験レポート ~青木さなえさん ランチは首里城の近くの「あしびうなぁ」。この店名の意味は「あしび…
  2. 那覇市内から40分くらい、南城市にあり、橋で繋がっている奥武島(おうじま)は、周囲1.7…
  3. ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回のケコレポは前回に引き続き国際通り屋台村のお店紹介第4弾です…
  4. ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄そば屋は数々あれど、今回紹介するお店は新しいスタイルでおしゃれな…

ピックアップ記事

  1. 2016-12-1

    沖縄大好きな人集合!沖縄大好きケコさん

    このコーナーは、沖縄大好きな人たちに登場していただいて、その魅力を語っていただきます。 &nb…
  2. 2017-1-10

    伊是名島は尚円王生誕の地、だから史跡が多い!

    ★ちゅらゆーなレポート 伊是名は、琉球王朝第二尚氏王統の始祖、尚円王生誕の島として有名です。 他…
  3. 2016-9-22

    真栄田岬と幻想的な青の洞窟

    ここ、真栄田岬の青の洞窟は、文字通り海が青く輝く空間に! イタリアのカリブ海に浮かぶカプリ島の洞窟の…
  4. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  5. 2016-10-31

    名護で昼食ならここ、おすすめ5店舗

    沖縄自動車道の終点、許田ICで降りて北部観光に行く玄関口が名護市。ひと休みしたいところですね。昼食を…

イベントカレンダー

4月 2017
« 3月   5月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ページ上部へ戻る