カテゴリー:やちむん

  • 個性派クリエイターの工房読谷村長浜「一翠窯」「美ら海窯」

    ★体験レポート!! ~青木さなえさん 読谷村、長浜ビーチ。海水浴ができる海ではなく、アーサーや貝がとれるビーチのようです。読谷村には50を超える工房があって、やちむんの里が有名だけど、この長浜地区にも注目すべき工房があ…
  • 16の工房が点在する読谷窯、やちむんの里

    ★体験レポート!! ~青木さなえさん 沖縄本島中部にある読谷村(よみたんそん) 。この自然に恵まれた中に「やちむんの里」と呼ばれる工芸村があります。やちむんとは沖縄の方言で焼き物のこと。現在、そのやちむんを作る工房が1…
  • 読谷村喜名番所からやちむんの里へ

    ★読谷村観光記 ~しのはらさとみさん 嘉手納の道の駅から嘉手納基地を見渡し、NAVYと機体に文字の光る航空機が絶え間なく飛び立つのを見た後、私たちは日本で一番人口の多い村である読谷村で、喜名番所に立ち寄った。その昔…
  • 壺屋やちむん通り 番外編

    壺屋やちむん通りにはやちむん以外にも楽しめる場所があるのをご存知ですか?今回はちょっとだけ深く踏み込んだやちむん通りの紹介です。 まずはコチラ! チブル(頭)シーサーが埋まってます。かなり小さいので見つけられるか…
  • みんな大好き 壺屋やちむん通り

    みんな大好き壺屋やちむん通り。石畳がなんとも素敵ですよね。やちむんとは、沖縄の言葉で焼きもののこと。約330年前、琉球王府が各地に散らばっていた陶工を壺屋に集めたのが、壺屋焼の歴史のはじまりなんですって。   …
  • 窯元が集まる、那覇壺屋やちむん通り

    ゆいレールを使って行くなら、安里駅からひめゆり通りを通って、6、7分。東側の方からはいって、公設市場や国際通りの方に抜けていくコースか、逆コースをとると牧志駅が便利でしょう。16の窯元兼販売所、22の陶器販売所の他、飲食…
  • 陶芸家と直接話せて安く買える、12月読谷山焼陶器市!

    読谷村にある「やちむんの里」。ここには15の陶器工房と1つのガラス工房があり、毎年12月の第3金曜日から日曜日まで、読谷山窯と読谷山北窯の共により「読谷山焼陶器市」が開かれる。2~3割安く、工房前で展示販売され、陶芸家と…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 大輝鮮魚店の店内とビール
    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄のお魚ってあまり美味しくない・・・というイメージですが、最近は沖…
  2. 沖縄料理といえば、豚肉を余すところなく使った料理を思い浮かべますが、地物の野菜をふんだんに使った料理…
  3. 沖縄に来たら、沖縄らしい食べ物を是非食べたいと思うはず。そんな時は、ガイドブックだけに頼ることなく、…
  4. 那覇の観光地と聞くと首里城や国際通りなど華やかで活気のあるイメージと松山エリアを中心とする繁華街を耳…

ピックアップ記事

  1. 2017-1-18

    みんな大好き!沖縄おもしろTシャツ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 国際通り界隈を歩いていると目につくのがおもしろTシャツ!みなさんも目…
  2. 58号線旭橋交差点

    2017-3-11

    沖縄那覇まちまーいで国道58号線を歩く②~まちに竜が現る

    沖縄の国道58号線に焦点を当てたガイドと歩く・那覇まちまーい「沖縄の大動脈!終点から歩く…
  3. 2016-12-10

    壺屋やちむん通り 番外編

    壺屋やちむん通りにはやちむん以外にも楽しめる場所があるのをご存知ですか?今回はちょっとだけ深く踏み込…
  4. 2017-5-11

    「浜比嘉島」パワ―スポットとゆったり過ごせる島

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄本島(勝連半島)と平安座(へんざ)島を結ぶ海中道路から平安座…
  5. 大輝鮮魚店の店内とビール

    2017-5-26

    那覇で魚がうまい!酒が呑める魚屋?「大輝鮮魚店」

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄のお魚ってあまり美味しくない・・・というイメージですが、最近は沖…

イベントカレンダー

5月 2017
« 4月   6月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリー

ページ上部へ戻る