カテゴリー:本島中部

  • 海中道路を通り、ぬちまーす、果報バンタへ。

    うるま市の海中道路を通り、平安座島をまっすぐ進めば、宮城島。次第に標高が上がってきて、高台の眺めがいいところに、ぬちまーすの工場、ぬちうなーが現われてきます。実は、ここはパワースポットが集まっている場所。そのパワーをもら…
  • 西海岸を走ると出会うアメリカンなドライブイン3選

    ドライブイン、全国至る所にあったレストラン&駐車場であるが、高速道路のSA,PA、道の駅などの普及でどんどん数が減ってきた。沖縄では、アメリカンを感じるドライブインが元気だ。その中から3店舗紹介したい。 &…
  • 全蔵元の試飲ができる泡盛コーナー、イオンモール沖縄ライカム

    2015年4月、北中城にオープンしたイオンモール沖縄ライカム。巨大ショッピングモールでほとんどのものがここでそろうし、イベント、シネマ、レストラン等々1日いても飽きないだろう。その魅力のすべてをと言いたいところだが、この…
  • 「なかゆくい市場おんなの駅」でひと休み

    那覇から約40km、沖縄自動車道でいえば、石川ICが最寄りの西海岸ビーチリゾートにある道の駅。わざわざ、ひらがなで書くところが親しみを感じるこの駅、今さら言うまでもなく恩納村にある「おんなの駅」。「なかゆくい」とあるから…
  • 那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

    沖縄は島、周りが海なので、いくつも漁港があります。そこには、一般の人が新鮮な魚介類を買ったり、食べたりする場所が存在します。今回はその中から、3つの漁港《那覇・泊いゆまち、泡瀬・パヤオ直売店、名護・名護漁港水産物直売所》…
  • 陶芸家と直接話せて安く買える、12月読谷山焼陶器市!

    読谷村にある「やちむんの里」。ここには15の陶器工房と1つのガラス工房があり、毎年12月の第3金曜日から日曜日まで、読谷山窯と読谷山北窯の共により「読谷山焼陶器市」が開かれる。2~3割安く、工房前で展示販売され、陶芸家と…
  • おばぁがお出迎え、土産も楽しい、勝連城址休憩所

    うるま市のおばぁ、東江(あがりえ)ツルさん。ビックリするくらいリアルで、普通に座っているおばぁの人形です。以前、うるま市のセミナーに参加した時、エレベーター降りた正面の受付にこのおばぁがいて、思わず名刺を出そうとしたくら…
  • 子連れ家族にオススメのリゾートホテル5選(沖縄本島編)

    (写真提供:沖縄県観光コンベンションビューロー) 毎年、家族旅行は沖縄!でもホテルはどこを選んだらいいか迷う…。そんな小さなお子様を持つ家族にオススメのリゾートホテルを5つに厳選し、ランキングで紹介。どのホテルもそ…
  • 見事な曲線美と残波岬を一望、世界遺産 座喜味城

    日本一人口の多い村「読谷村(よみたん)」。残波岬、陶芸のやちむんの里、琉球村、体験王国むら咲むら、ニライビーチなどの人気のある観光スポットに囲まれた山の高台に『座喜味城』があります。 この『座喜味城跡』も世界文化遺…
  • 世界遺産中城城跡は、石垣と眺望を楽しもう。

    「琉球王国のグスク及び関連遺産群」には首里城を始めとする5つのグスクと斎場御嶽等の4つのスポットが登録されています。城の中でも5つのうち2つは築城家として名を馳せた読谷山按司・護佐丸にゆかりのあるグスクです。中城跡は、標…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄そば屋は数々あれど、今回紹介するお店は新しいスタイルでおしゃれな…
  2. ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  3. 沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  4. 沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …

ピックアップ記事

  1. 58号線旭橋交差点

    2017-3-11

    沖縄那覇まちまーいで国道58号線を歩く②~まちに竜が現る

    沖縄の国道58号線に焦点を当てたガイドと歩く・那覇まちまーい「沖縄の大動脈!終点から歩く…
  2. 2017-1-10

    伊是名島は尚円王生誕の地、だから史跡が多い!

    ★ちゅらゆーなレポート 伊是名は、琉球王朝第二尚氏王統の始祖、尚円王生誕の島として有名です。 他…
  3. 2017-1-30

    みんな大好き! 沖縄のパ~ン♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は沖縄のパンについてお話しましょうね~!沖縄には「第一パン」…
  4. 2016-11-15

    歴史と文化と豊かな自然が同居する伊是名島

    (写真提供:いぜな島観光協会) ★ちゅらゆーなレポート いまでも手つかずの古き良き沖縄が残る伊是…
  5. 水中バイク

    2017-3-7

    3月18日を皮切りに沖縄各地でいよいよ海開き情報!

    沖縄はもう夏がやってきます!2017年3月18日を皮切りに4月下旬にかけて各地で海開き、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る