• このエントリーをはてなブックマークに追加

 

★沖縄大好きケコさんレポート

さて今回は南風原町の綱曳きツアーの紹介です。大綱曳きといえば那覇大綱曳きが有名ですが、実は南風原町にもちょっと変わった綱曳きツアーがあるんです。南風原町観光協会では、同じ日に行われる3~4カ所の綱曳きをバスで移動しながら順番に巡って楽しむツアーを実施しています。ツアー参加者同士で仲良く交流しながら、ガイドの説明を聞いたり地元名物のかぼちゃそばをいただいたり、通常の観光ツアーとはの違う楽しいツアーです。




 

【南風原町の綱曳きって???】

沖縄県島尻郡南風原(はえばる)町は沖縄本島南部の中央部にあり、 那覇市のすぐお隣の町。高速道路や主要幹線道路が通っていて、交通アクセスも抜群です。

南風原と書いて「はえばる」と読み、その名の通り「南風が吹く豊かな土地」という意味があるそうです。

 

そんな南風原町は、旧暦六月二十六日のいわゆる「御願綱(うがんづな)/あみしぬ御願」という日に、南風原町の各地で綱曳きが行われます。南風原町の綱曳きは毎年、熱く激しい戦いを繰り広げる事で有名。このツアーでは、地域ごと盛んに行われている南風原の綱曳きを見学できるツアーなんです。

日時は8月17日(木)第一部と二部があります。各字の綱ひきは、夕方6時頃から深夜までの間に時間差で行なわれます。この時間差を利用して、各集落の綱ひきをバスで巡る体験・参加型ツアーなんです。

 

【ツアースケジュールは?】

ツアースケジュールはこんな感じ!

まず食事から始まるってのが面白い(笑)この食事もご当地産のお食事なんですって。残念ながら人気ツアーなので第一部は定員に達したため受付終了です!

 

移動はバスなのでラクチンです!車中では、各字の綱ひきの特徴を余すことなくガイドが解説。

沖縄で最古と伝わる島尻無双の綱曳き「津嘉山」、青年会の若い力で20年ぶりに復活を果たした「照屋」、龍蛇(ジャー)が清めの火を噴く!独特の伝統を引継ぐ「兼城」、大迫力!!通称「喧嘩綱」で有名な「喜屋武」!どれも楽しそう♪

 

【中でも珍しい火を噴く龍蛇】

南風原の綱曳きの中でも異彩を放つ用具である龍蛇「ジャー」。兼城の綱曳きには龍と蛇の特徴を併せ持つ龍蛇(ジャー)という用具を使う、他には見られないユニークな特徴があります。ジャーの口から放たれる聖なる火は、兼城の災いや汚れを焼き清めると云われています。南風原で他に例のない、独特な情景を持つ綱曳きです。

これが龍蛇。

これは、兼城の女性神の姿が変じたものという伝説があるため、女性が触ってはいけない決まりになっています。また、自然災害などで綱を曳けない時でも龍蛇の火吹きだけは必ず行うという決まりごとも。そして龍蛇は綱曳きのあとで火をつけられ川に流します。川に流すことによって龍蛇が天に昇っていくと考えられており、古くから雨乞いの儀式だったと考えられています。

 

【南風原町の綱曳きは綱曳だげじゃない!!】

綱曳き以外にも青年会のエイサーがあったり、舞台や祭事などの場における清めの開幕舞踊で、力強い棒の舞いによって疫病・災害・悪霊を払う意味がある舞方棒(メーカタボー)があったり、獅子舞や綛掛(カシカキ)とよばれる伝統舞踊を楽しむことができるんです。

南風原町には、伝統文化が数多く残されており、現在でも地元の有志や団体が伝統を受け継いで、町内の祭りなどで実演されています。舞方棒(メーカタボー)や綛掛(カシカキ)の芸能は無形民俗文化財に指定されているんですって!

 

各地域に特徴のある綱曳き!バスでめぐりながら、地域の方の伝統文化を継ぐ熱い想いを身近に感じることができ、素晴らしい体験になる事間違いなしですよ~

【締め切り間近!!】

日時 8月17日(木) 雨天決行
料金 1部4,500円(完売) 2部4,000円(17:50集合)
場所 はえばる観光案内所
予約 (一社)南風原町観光協会 はえばる観光案内所
電話 098-882-6776

※1部は津嘉山道ヅネーから見学出来るのですが、定員に達したため残念ながら受付終了です。
※兼城・照屋は同時刻開催のため、お申し込み時にどちらの見学を希望されるか伺います。(兼城の特徴は、ジャーと呼ばれる大きな龍蛇から火が放たれ、周辺で爆竹の大きな音が鳴り響く、他とは異彩を放つ独特な綱曳きです。照屋は、永い間休止していましたが、2010年に青年会の若い力で復活した力強い綱 ひきが魅力。こちらはぶつかり合いの綱ひきで、大盛り上がりを見せる綱ひきです。)
※喜屋武は深夜開催なので、22時に解散式後、任意参加でのご案内になります。
※軽装でご参加ください。

 

 

【ご予約は(一社)南風原町観光協会 はえばる観光案内所まで】

予約 (一社)南風原町観光協会 はえばる観光案内所
電話 098-882-6776

 

 

文、写真:沖縄大好きケコさん

10329184_2_n

てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」やインスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

 




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 皆愛屋 とうふおにぎり

    2017-10-21

    宮古島 南方面行くなら「ハズレない」そば屋&ソフトクリーム

    ★ホテルマニア マーコさんレポート 沖縄リピートの読者さまはきっと、「○○行くならおススメある…
  2. 2017-10-18

    本場中国の味!栄町市場で食べる手作り餃子「一番餃子」

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回はディープな栄町で本場中国の味が楽しめるという事で、「一番餃…
  3. 2017-10-17

    あなたはどのタコスがお好み?那覇のタコス屋4選♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は国際通り界隈で歩いて行けるタコス屋さんを4店舗紹介しまーす…
  4. 2017-10-16

    厳選素材と化学調味料を使わない優しい中華【ChineseKitchen 宙華】

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は厳選素材と化学調味料を使わず調理した優しい中華料理がいただ…
  5. 2017-10-12

    いつも車がいっぱい!100円そばのお弁当、宮城スーパーに潜入

    ホテルマニア マーコです。 那覇から南部方面や高速のインターに向かう際に必ず通る「上間交差点」…

ピックアップ記事

  1. 2017-6-14

    地元のお客様に愛される店、名護の「小料理ひざくら」

    2016年1月にオープンして1年半、地元の食材と地元のオリオンビール、やんばるの泡盛と、地元のものに…
  2. 農連市場は2017年秋に新しい店舗へ移転

    2017-2-24

    行くなら今、県民の台所那覇農連市場は今秋移転予定

    戦後の闇市から県民の台所としてスタートした那覇の農連市場、新しい建物の建設が進み、201…
  3. 沖縄本島北部やんばるにある道の駅「ゆいゆい国頭」

    2017-8-3

    やんばるに行くと必ず立ち寄る、道の駅「ゆいゆい国頭」

    国道58号線を北上、名護市を超え左手に東シナ海が大きく広がり、右手には自然たっぷり、ヤンバルクイナが…
  4. 2017-10-13

    秋からの那覇はイベント盛りだくさん♪おもしろイベント情報!

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて秋からの沖縄はイベント盛りだくさん!小さなものから大きなものまで…
  5. 2017-5-11

    「浜比嘉島」パワ―スポットとゆったり過ごせる島

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄本島(勝連半島)と平安座(へんざ)島を結ぶ海中道路から平安座…

イベントカレンダー

10月 2017
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

カテゴリー

ページ上部へ戻る