• このエントリーをはてなブックマークに追加

★青木さなえの体験レポート!!

沖縄本島北部に位置する本部町の並里。 ここに日本のアセローラ栽培の先駆者として走ってきた農園があると聞き訪れた。

レモンの34倍ものビタミンC、小さなアセローラ1個でレモン5個摂取したのと匹敵するそうです。

 

農園に立ち寄ったけど、この時期は実がなかったので、さらに丘の上にのぼり、アセロラ農家直営店に行ってみることにした。

ここでは採れたてアセローラを使ったフローズンが飲める。

 

IMG_7629

この「アセローラフローズン」は、全国商工会連合会が主催した「2015日本全国おやつランキング」で日本一に輝いた実績を持ち、アセローラの酸味と甘みが口で溶け絶品なのだ。今では各地のイベントに出店するとどこよりも行列ができるほど。

 

 

生ではなかなか食べられないアセローラもそのままいただいた!アセローラは露地栽培では沖縄が北限であり、沖縄・本部町(もとぶちょう)が長年栽培に力を入れたそうだ。

アセローラの果実は収穫してから日持ちがしない為、市場には出回りにくく、新鮮さが持ち味の繊細な果実。

今回訪れた「アセローラフレッシュ」は、琉球大学の学生であった並里康文さんと並里哲子さんが夫婦で農業生産法人アセローラフレッシュを創業し、康文の故郷である本部町並里区にて事業を開始。

サトウキビ産業に代わる新しい産業育成の為に、当時まったくの手つかずであったアセローラの栽培を地元の農家に働きかけ、8人の農家の方と栽培を始めたそうだ。

康文さんによる栽培指導、哲子さんによる果実の流通による地元農家と密着したアセローラの栽培、普及に取り組んだ結果、本部町は「アセローラの町」として知名度が高まったとのこと。

 

 

わかりにくい場所にありますが、本部町に行ったら是非立ち寄ってみて!

【アセローラフレッシュ】

住所:沖縄県本部町並里52-2
電話番号:0980-47-2505
定休日:日曜日・祭日
営業時間:9時~17時 駐車場:有

沖縄県本部町並里52-2

文:青木さなえ

体験レポーター青木さなえさんのプロフィールです!

sanaeセブンティーンの専属モデルや、CM、スチールなど、ティーンズモデルとして活躍する中、16歳の頃、日本テレビ年末ドラマ「なんて素敵にジャパネスク」新人オーディションで4万8千人の中からグランプリ受賞、ドラマデビュー。その後、TBS『土曜深夜族』エンジェルスのメンバーとしてレギュラー 出演。芝居以外にも歌・ダンス・お笑いにも活動の場を広げる。 現在、フリーになり、女優業を中心に活動中。プライベートでは世界各国を旅をし、貴重な体験を持つ。詳しくはブログ“sanakoのモト”をご覧ください




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-3-28

    那覇で注目!新進気鋭の沖縄そば屋【Okinawa Soba EIBUN】

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄そば屋は数々あれど、今回紹介するお店は新しいスタイルでおしゃれな…
  2. 2017-3-17

    第二弾!?那覇牧志公設市場界隈はしご酒のススメ!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  3. 2017-3-13

    平麺が多いソーキそば発祥の地、名護沖縄そば屋5選

    沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  4. 2017-3-9

    那覇で “沖縄じかん” を感じられる人気カフェ5選

    沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …
  5. 牧志公設市場に向かうアーケード街にあるうなぎ店ぼんぼん

    2017-2-22

    うなぎ屋で飲もっ!! 喰おっ!! 那覇・ぼんぼん

    沖縄旅行をすると、地元の沖縄料理を食べたいところですが、何度も沖縄に行っていると、違ったもの…

ピックアップ記事

  1. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  2. 2016-12-10

    壺屋やちむん通り 番外編

    壺屋やちむん通りにはやちむん以外にも楽しめる場所があるのをご存知ですか?今回はちょっとだけ深く踏み込…
  3. 2016-9-9

    一度知ったら、また行きたくなる「空港食堂」

    沖縄の旅を終えて、那覇空港へ。チェックインをして、荷物を預けたら、いつも行く店がある。 それは、お…
  4. 2016-11-15

    歴史と文化と豊かな自然が同居する伊是名島

    (写真提供:いぜな島観光協会) ★ちゅらゆーなレポート いまでも手つかずの古き良き沖縄が残る伊是…
  5. 農連市場は2017年秋に新しい店舗へ移転

    2017-2-24

    行くなら今、県民の台所那覇農連市場は今秋移転予定

    戦後の闇市から県民の台所としてスタートした那覇の農連市場、新しい建物の建設が進み、201…

カテゴリー

ページ上部へ戻る