子連れ家族にオススメのリゾートホテル5選(沖縄本島編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真提供:沖縄県観光コンベンションビューロー)

毎年、家族旅行は沖縄!でもホテルはどこを選んだらいいか迷う…。そんな小さなお子様を持つ家族にオススメのリゾートホテルを5つに厳選し、ランキングで紹介。どのホテルもそれぞれ特徴が違うので、ぜひ沖縄旅行の参考に♩

 

1位 ルネッサンスリゾートオキナワ(恩納村)

▶イルカなど動物と触れ合える!子供が喜ぶプログラムの多さは沖縄イチ

(画像引用:ルネッサンスリゾート 公式HP)

(画像引用:ルネッサンスリゾート 公式HP)

イルカや亀と触れ合えるプログラムや、海賊になって宝物を見つけるアトラクションなど、とにかく子供が喜ぶ遊びがたくさん用意されたリゾートホテル。ホテルの目の前にはビーチが広がり、ビーチアクティビティも豊富。プールは屋外・屋内とあり1日ホテルにいても遊び尽くせないほど施設が充実している。

部屋は、「フリッパーズコネクティングルーム」という、海をモチーフにした子供向けの部屋や、赤ちゃん連れにうれしい和室も完備。また、このホテルの自慢は10個もあるレストラン。朝食が人気で、海が見えるレストランでバイキングを済ませた後に、デザートとコーヒーだけ違うレストランにハシゴして朝食を楽しむことができる。キッズランドを併設したカフェもあり、子供はもちろん大人も至れり尽くせりのホテルだ。

住所:沖縄県国頭郡恩納村山田3425-2

ルネッサンスリゾートオキナワのホームページはこちらです。

沖縄県国頭郡恩納村山田3425-2

 

2位 リザンシーパークホテル谷茶ベイ(恩納村)

▶ビーチもプールも思いっきり!リーズナブルに楽しめる大型リゾート

img_1021

恩納村でリゾート感をあじわえて、リーズナブルに泊まりたいならここ。ホテルすぐ目の前には左右に長いビーチが広がり、夏場は大型海上アスレチックが設置される。バナナボートやフライボードなどのアクティビティも充実。

館内では、シーサー作りやゲームセンター、パン作りなどの子供向けプログラムも豊富に用意されており、雨の日でも楽しめるホテルだ。部屋は50平米もあるコーナールームや和室も完備。山側はリーズナブルだが道路に面しているので、せっかくの沖縄を感じるなら海側がオススメだ。

また、このホテルはサウナと露天風呂を完備した大浴場があるので、旅の疲れもしっかり癒すことができる。夏季限定となるが、ビーチ沿いにあるテントでは「屋台村」と称した縁日のようなイベントも開催されるので、宿泊の際はぜひ行ってみて欲しい。

住所:沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1496

リザンシーパークホテル谷茶ベイのホームページはこちらです。

沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1496

 

3位 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ(恩納村)

プールでちゃぷちゃぷ、スパでゆったり。お得に癒されるホテル

写真提供:沖縄県観光コンベンションビューロー

写真提供:沖縄県観光コンベンションビューロー

冬場でも水着で入れる屋外スパやジャグジー、大浴場、屋外・屋内プールがあり、旅疲れを癒してくれる設備が充実。夏場はかりゆしビーチまで無料送迎バスが出ており、アクティビティも楽しめる。また、同系列ホテルへの無料送迎も行っている。

部屋は、畳の上に低いベッドを配した「琉球ルーム」があり家族に人気。ホテルのコンビニには、オムツやおしり拭きなども販売しており、赤ちゃん連れ家族にはうれしい。このホテルも比較的リーズナブルに泊まれるが、リザンシーがアクティブな子供連れなら、かりゆしは、ホテルの滞在をゆったりのんびりした家族にオススメ。

住所:沖縄県国頭郡恩納村名嘉真ヤーシ原2591-1

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのホームページはこちらです。

沖縄県国頭郡恩納村名嘉真ヤーシ原2591-1

 

4位 ザ・ビーチタワー沖縄(北谷)

▶赤ちゃんのいる家族に。ママさんがうれしいサービスが充実!

写真提供:沖縄県観光コンベンションビューロー

写真提供:沖縄県観光コンベンションビューロー

空港からも車で約40分ほどで着くので、長距離が心配なファミリーはここがオススメ。目の前には人工だがビーチもあり、BBQや朝ランを楽しめる。

このホテルの最大の特徴は、赤ちゃん連れママにうれしいサービスだ。フロントの横に、無料でもらえるオムツやベビーフードのコーナーがある。ファミリールームには、小さな流し台や電子レンジなどもあり、ミルクを作ったり容器を洗ったりするのに便利。

ホテルの横には「ちゅら〜ゆ」という天然温泉のスパがあり、水着で入るゾーンでは夕日を見ながら温泉に浸かることができる。宿泊者は無料で入れるので、沖縄で温泉!?と思うかもしれないがぜひ試して欲しい。

住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜8-6

ザ・ビーチタワー沖縄のホームページはこちらです。

沖縄県中頭郡北谷町美浜8-6

 

5位 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(恩納村)

ワンランク上の滞在を。万座毛を臨みながら、冬のマリンも楽しめる

写真提供:沖縄県観光コンベンションビューロー

写真提供:沖縄県観光コンベンションビューロー

人気観光地の万座毛の対岸の岬にそびえ立つリゾートホテル。ANAブランドということもあり、建物内やビーチから見える景色は周りをさえぎるものがなく、プライベートな空間が約束されている。

ビーチや屋外のプールは大抵夏場で閉まるホテルがほとんどだが、こちらのホテルは冬も入ることができ、しかも監視員も常駐しているから安心。人気のアクティビティは、半潜水艦で海を散策できる「サブマリン」。また夏季限定だが日本最大級の海上アスレチックだ。

施設がゆったりとした配置なので、夏期でも混みいった様子がなく、子供も大人も優雅にリゾートを満喫できる。

住所:沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのホームページはこちらです。

沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260番地

文 / Yukari♡




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-3-17

    第二弾!?那覇牧志公設市場界隈はしご酒のススメ!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  2. 2017-3-13

    平麺が多いソーキそば発祥の地、名護沖縄そば屋5選

    沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  3. 2017-3-9

    那覇で “沖縄じかん” を感じられる人気カフェ5選

    沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …
  4. 牧志公設市場に向かうアーケード街にあるうなぎ店ぼんぼん

    2017-2-22

    うなぎ屋で飲もっ!! 喰おっ!! 那覇・ぼんぼん

    沖縄旅行をすると、地元の沖縄料理を食べたいところですが、何度も沖縄に行っていると、違ったもの…
  5. 足立屋は、千ベロの発祥店舗

    2017-2-20

    牧志公設市場界隈はしご酒のススメ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回は那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)しちゃいまし…

ピックアップ記事

  1. 2017-1-18

    みんな大好き!沖縄おもしろTシャツ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 国際通り界隈を歩いていると目につくのがおもしろTシャツ!みなさんも目…
  2. 58号線旭橋交差点

    2017-3-11

    沖縄那覇まちまーいで国道58号線を歩く②~まちに竜が現る

    沖縄の国道58号線に焦点を当てたガイドと歩く・那覇まちまーい「沖縄の大動脈!終点から歩く…
  3. 2016-10-31

    名護で昼食ならここ、おすすめ5店舗

    沖縄自動車道の終点、許田ICで降りて北部観光に行く玄関口が名護市。ひと休みしたいところですね。昼食を…
  4. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  5. 2016-12-10

    壺屋やちむん通り 番外編

    壺屋やちむん通りにはやちむん以外にも楽しめる場所があるのをご存知ですか?今回はちょっとだけ深く踏み込…

カテゴリー

ページ上部へ戻る