古宇利島が一望、絶景ワルミ大橋と橋の駅「リカリカワルミ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★青木さなえの体験レポート!!

ワルミ大橋は、沖縄本島今帰仁村と屋我地島を結ぶ橋として、2010年12月に開通した。
今や観光名所となった古宇利島も、このワルミ大橋を渡り、さらに2005年に屋我地島と古宇利島の間に開通した古宇利大橋を渡って、車で行かれる離島となったのだ。IMG_7353 ワルミ大橋の周辺には、本部半島と屋我地島に囲まれた羽地内海(はねじないかい)という静かな海がある。砂浜の白、海のコバルトブルー、マリンブルー、珊瑚の赤や黄色など、七色の海と称せられる美しい海、自然豊かな羽地内海。橋の上から見ても、ジャングルが広がり、冒険家に憧れる私はこの光景をみると体がうずうずしてくる。それもそのはず、屋我地島と羽地内海は、平成13年に環境省により「日本の重要湿地500」に選定。鳥獣保護区および特別保護地区にも指定された、豊かな自然の残る貴重な場所なのだ。ワルミ大橋からの古宇利島 アクティブ派は、自然体験ツアーやカヤックツアーなどもあり、陸地からは見られない景色を間近で堪能することができるそうだ。
※名護市真喜屋にある「がじゅまる自然学校」では、自然体験ツアー以外にも、羽地の駅と共同で「羽地内海シーカヤック体験」を開催」(不定期)。二人一組で1500円程度(約50分のシーカヤック体験は先着10組20名限定)。
そしてなんといってもオススメは、今帰仁村側の橋の手前にある「橋の駅 リカリカワルミ」。
ま、ようは道の駅みたいなもので、今帰仁村や橋近辺の屋我地島の集落で収穫された農産物や加工製品が販売されていたり、お得な観光情報や地元食材を使ったメニューがあるレストラン、建物2階のパノラマ展望台などがある。

オススメポイント①は、安いこと。
IMG_7358 だって、ドラゴンフルーツのつぼみの天ぷら、なんと10円!!いまどき駄菓子だって買えない値段!
しかも美味い!!味としてはタラの芽みたいな感じかな。
IMG_7359 生のドラゴンフルーツのつぼみも売っていて、天ぷらのほか、おひたしにも出来るんだとか。
残念ながら日持ちしない食材なので東京に持って帰れなかったけど、これはいい!

オススメポイント②は、無料サービス。
なんと無料で琉球衣装を貸してくれるんです!!
男性用、女性用、子供用、色も何種類かありました。IMG_0849 羽地内海を背景に撮影

どうですか?似合うかしら?

また時間があれば、双眼鏡の貸し出しもあるので、双眼鏡を借りて二階の展望台からの眺望を楽しむこともできます。




ワルミ大橋や屋我地島はもちろん、古宇利島が目の前に迫るよ!
レストラン「Full里」。 定食を注文すると、地元で採れた島野菜がお皿に盛り放題!
なんて素敵なサービス!

DSC_0332

ちょっと暑かったけど、外のベンチで羽地内海を見ながら私は金城アグー豚のしょうが焼き丼をいただいた。

DSC_0343
マンゴージュースも美味しいよ!
ちなみに「リカリカ」とは、沖縄の訛りで「行こ行こ!」と言った意味だそう(≡^∇^≡)。

【橋の駅 リカリカワルミ】

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村天底1124-5
営業時間:9:00〜18:00
Tel:0980-56-1223
Fax:0980-56-1223

沖縄県国頭郡今帰仁村天底1124-5
文:青木さなえ

体験レポーター青木さなえさんのプロフィールです!

sanaeセブンティーンの専属モデルや、CM、スチールなど、ティーンズモデルとして活躍する中、16歳の頃、日本テレビ年末ドラマ「なんて素敵にジャパネスク」新人オーディションで4万8千人の中からグランプリ受賞、ドラマデビュー。その後、TBS『土曜深夜族』エンジェルスのメンバーとしてレギュラー 出演。芝居以外にも歌・ダンス・お笑いにも活動の場を広げる。 現在、フリーになり、女優業を中心に活動中。プライベートでは世界各国を旅をし、貴重な体験を持つ。詳しくはブログ“sanakoのモト”をご覧ください




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-3-17

    第二弾!?那覇牧志公設市場界隈はしご酒のススメ!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  2. 2017-3-13

    平麺が多いソーキそば発祥の地、名護沖縄そば屋5選

    沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  3. 2017-3-9

    那覇で “沖縄じかん” を感じられる人気カフェ5選

    沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …
  4. 牧志公設市場に向かうアーケード街にあるうなぎ店ぼんぼん

    2017-2-22

    うなぎ屋で飲もっ!! 喰おっ!! 那覇・ぼんぼん

    沖縄旅行をすると、地元の沖縄料理を食べたいところですが、何度も沖縄に行っていると、違ったもの…
  5. 足立屋は、千ベロの発祥店舗

    2017-2-20

    牧志公設市場界隈はしご酒のススメ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回は那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)しちゃいまし…

ピックアップ記事

  1. 農連市場は2017年秋に新しい店舗へ移転

    2017-2-24

    行くなら今、県民の台所那覇農連市場は今秋移転予定

    戦後の闇市から県民の台所としてスタートした那覇の農連市場、新しい建物の建設が進み、201…
  2. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  3. ちはや書房は那覇中学前です。

    2017-2-27

    沖縄本がいっぱい!セレクト古本屋♪ちはや書房!

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は私にとっての夢の国、沖縄の古本屋【ちはや書房】の紹…
  4. 2017-3-14

    那覇まちまーいで国道58号線を歩く③~妖怪現る!

    58号線に焦点を当てたガイドと歩く・那覇まちまーい「沖縄の大動脈!終点から歩く国道58号…
  5. 2016-11-15

    歴史と文化と豊かな自然が同居する伊是名島

    (写真提供:いぜな島観光協会) ★ちゅらゆーなレポート いまでも手つかずの古き良き沖縄が残る伊是…

カテゴリー

ページ上部へ戻る