• このエントリーをはてなブックマークに追加


58号線に焦点を当てたガイドと歩く・那覇まちまーい「沖縄の大動脈!終点から歩く国道58号線」に参加して、58号線を詳しく知っていきましょう!その第3弾です!今回も盛りだくさんです。それだけ見所があるんですね。若手ガイドの粟国龍哉さんに案内していただきました。お楽しみに!!

第1弾 国道58号線の終点・明治橋編の記事はこちらです。

第2弾 国道58号線の終点・竜がまちに現るの記事はこちらです。




 【那覇まちまーい】

那覇まちまーいは、那覇市観光協会が実施している街歩きのことです。ガイドとともに町を歩き、地元の人とのふれあいや、ちょっと目線を変えて楽しめるコースがたくさんあります。この沖縄REPEATでも何度かこのコースに参加して記事を書かせてもらっています。

さて、今回は「沖縄の大動脈!終点から歩く国道58号線」の第3弾、泉崎交差点を越えて、久茂地の交差点方面をご紹介します。

那覇まちまーいのルートマップ

【孔子廟】

1676年創建された孔子廟は、58号線沿いの那覇商工会議所ビル前のこの地(那覇市久米2-2-10)にありましたが、残念ながら沖縄戦で焼失し、1975年現在の福州園(那覇市久米2−29)に再建されました。

孔子廟跡は58号線沿いにあります。

明倫堂は琉球における公立学校の始まりで、儒学を中心に教えられた場所です。こちらも福州園の方に移っています。

ここは孔子廟明倫堂跡地、現在は福州園に建てられています。

 

【ここで10月に大きなイベント開催】

58号線、久茂地交差点を中心に東西の分離帯は写真右手の方のように、緑地帯になっていますが、左手の方はブロックだけで取り外しができるようになっています。毎年10月の体育の日を含めた3連休中日の日曜日にここで大きなイベントが開かれます。すぐに、答えが出てきますが、さて、何でしょうか。

久茂地交差点の中央分離帯、ファミリーマートの前で大イベント開催

 

西側は女綱、早朝5時頃搬入されてきます。

那覇の大綱ひきが始まろうとしています。

 

東側は男綱。

那覇の大綱挽きは男綱側。

 

両側から綱寄せをしてきます。この真ん中が久茂地交差点になります。もう、おわかりですね。那覇大綱挽きまつりメインを飾る大綱挽きです。

那覇の大綱挽きの綱寄せです。

大綱挽き写真提供:長岡芳正さん

 

綱寄せすればもうすぐ始まりです!!

2016年の那覇大綱挽きの記事はこちらです。

 

【超人気沖縄家庭料理の食堂】

誰もが知る58号線沿いの24時間営業の食堂は「みかど」と「三笠」。お母さん達が厨房で腕を振るっています。この隣にあった「三笠」はビル取り壊しに付き2016年末にすぐ近くに移転しました。

「みかど」のある角、第3松栄ビルから100mくらい先に移転したのが「三笠」です。

「みかど」の紹介を含む那覇で家庭料理を食べるならここ、おすすめ食堂5選の記事はこちらです!

「三笠」の紹介を含む那覇のおすすめ食堂、口コミが多かった食堂5選の記事はこちらです!

 

【仲西ヘーイ】

と言われても何のことかわかりませんね。ここは58号線前島交差点がある潮渡橋(しおわたりばし)です。ここで、「仲西ヘーイ」と絶対に口に出してはいけません。大変なことがおきると言われています。

 

「仲西ヘーイ」と呼ぶと、「ヘーイ」といって妖怪の仲西がやってくるそうです。この時ガイドの粟国さんは、声に出さず、このように見せてくれました。

仲西がやってくると神隠しに遭い、どこにいるのかわからなくなり腑抜けになってしまいます。場合に寄れば廃人になったり、死に至ることもあると言われています。しかし、その姿を誰かが見つけ、おしりを3回蹴飛ばすと元に戻るそうです。もし、勇気ある方、潮渡橋で「仲西ヘーイ」と。沖縄REPEATは責任もちかねますのでご了承ください。

3回にわたって国道58号線の終点から約2kmを歩いてみました。車で走ると数分のでき事ですが、58号線にもドラマがたくさんあります。ガイドしていただいたことをすべてご案内できたわけではありません。是非、まちまーいで那覇の町を歩いて、その不思議なところを見てきてはいかがでしょうか。

 

第1弾 国道58号線の終点・明治橋編の記事はこちらです。

第2弾 国道58号線の終点・竜がまちに現るの記事はこちらです。 

 

【那覇まちまーい】

住所:那覇市牧志3-2-10 てんぶす那覇3F 電話:098-860-5780

受付時間:9:00~17:00 電話、HPから申し込みができます。

那覇まちまーいのホームページはこちらです。各コース案内、参加申し込み等はこちらからどうぞ。

まちまーい参加券を提示すると、主な観光施設の割引優待が受けられます。

 

那覇市牧志3-2-10

文・写真:泡盛おじさん




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-3-17

    第二弾!?那覇牧志公設市場界隈はしご酒のススメ!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  2. 2017-3-13

    平麺が多いソーキそば発祥の地、名護沖縄そば屋5選

    沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  3. 2017-3-9

    那覇で “沖縄じかん” を感じられる人気カフェ5選

    沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …
  4. 牧志公設市場に向かうアーケード街にあるうなぎ店ぼんぼん

    2017-2-22

    うなぎ屋で飲もっ!! 喰おっ!! 那覇・ぼんぼん

    沖縄旅行をすると、地元の沖縄料理を食べたいところですが、何度も沖縄に行っていると、違ったもの…
  5. 足立屋は、千ベロの発祥店舗

    2017-2-20

    牧志公設市場界隈はしご酒のススメ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回は那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)しちゃいまし…

ピックアップ記事

  1. 2017-1-30

    みんな大好き! 沖縄のパ~ン♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は沖縄のパンについてお話しましょうね~!沖縄には「第一パン」…
  2. 2016-8-6

    16の工房が点在する読谷窯、やちむんの里

    ★青木さなえの体験レポート!! 沖縄本島中部にある読谷村(よみたんそん) 。この自然に恵まれた…
  3. 2016-12-20

    国際通りのドンキホーテで買えるオススメお土産

    ★沖縄大好きケコさんレポート!! さて今回は沖縄大好きケコが独断と偏見で選ぶ「国際通りにあるド…
  4. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  5. 水中バイク

    2017-3-7

    3月18日を皮切りに沖縄各地でいよいよ海開き情報!

    沖縄はもう夏がやってきます!2017年3月18日を皮切りに4月下旬にかけて各地で海開き、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る