• このエントリーをはてなブックマークに追加

★沖縄大好きケコさんレポート

さて今回のケコレポは泡盛銘柄の由来を紹介しましょう!

まず、石垣島は池原酒造の【白百合】。この泡盛は数ある泡盛の中でも特にくせものとされている、インパクトの強い泡盛。
この泡盛を呑んでその香りを表現する際によく使われるのは「土の匂い」(笑)まぁ土というか、土で出来た龜(カメ)とか、土埃みたいな香りと言う方がわかりやすいかしら?え?余計にわかりにくい?気になる方は呑んでみてください(笑)最初は「・・・・」と思ってもハマると抜け出せなくなっちゃいますよ!

そんな白百合の銘柄の由来は「石垣島では春先になると白百合の花が野原一面に美しく咲き、道行く人の目を楽しませており、その花のように清らかな酒でありたいと思いを込めて命名した」とのこと。素敵。




さてお次は私の大好きな泡盛、識名酒造の【時雨】。識名酒造には最古の泡盛があることで有名ですね。時雨は黒糖酵母を使用しており、この黒糖酵母を使うことにより香り豊かな泡盛に仕上がり、華やかな香りはもちろん、甘みがあり飲んだ後の余韻を楽しめるしっかりした泡盛です。

そんな時雨の銘柄の由来は、「秋の末から冬の初めにかけてぱらぱら 通り雨のように降る雨のように、さわやかな飲み口の泡盛をとの思いを込めて「時雨(しぐれ)」と名付けられたそうです。素敵。

 

お次は津波古酒造の【太平】。那覇市与儀にある酒造所ですね。味わい深く旨みが増すよう丹念に造り上られており、上品な香りで芳醇でまろやか。のどごし後の甘さが特徴です。

そんな太平の銘柄の由来は、「太平というその名の通り平和を願う気持ちを現し、ラベルには、地球と太陽を意味する二重丸が描かれています」。素敵。

 

さぁお次は宮古島池間酒造所の【ニコニコ太郎】。この太郎と言う名前は、社長の名前から付けられています。爽やかな香りと甘くソフトな喉越しが特徴で「宮古島のナポレオン」と称される人気銘柄。泡盛独特の臭みが少ないので、初めて泡盛を飲む人にもオススメです。

ニコニコ太郎のニコニコは、泡盛が楽しくニコニコとコミュニケーションドリングであってほしい、という願いを込めた名前との事。シンプルだけどなんかいい!素敵。

 

お次は那覇市小禄にある宮里酒造所の【カリー春雨】。じっくりと飲めば飲むほどに、甘さが漂い、「古くも香り高く、強くもまろやかに、からくもあまい酒」と詠われる銘酒を堪能することができます。甘い香りが次第に出てくる複雑で濃厚な香り。口当たりが柔らかく、醸造酒のように厚み幅のある味、凝縮された深みのある香味です。

カリーとは、沖縄ではおめでたく縁起がよいという歓びを表現する意味の言葉です。銘柄の由来は、戦争により全てを失い、何も残らなかったが季節だけは移ろっている。そんな中で泡盛を造り始める時に、希望と恵みがこの地に再びもたらされることを願って、「春」には希望を、「雨」には恵みを託して名づけられたということ。2000年に開催された沖縄サミットで各国の首脳に振舞われたことも有名です。素敵。

 

最後は国頭の金武町にある崎山酒造廠の【松藤】。泡盛本来の深みとコクのある酒を造ることで有名。写真の【赤松藤】は、サトウキビから生まれた「黒糖酵母」と崎山酒造廠のこだわりである「三日麹」が出会って生まれた泡盛。これまでにない香りとまろやかさ。新酒の風味と味わい、甘くて軽やかです。

そんな【松藤】の銘柄の由来は、崎山酒造廠の二代目崎山起松氏と藤子夫人の名前から命名されました。女性の社会的地位が決して高くなかった昭和初期に、藤子夫人の名前を「松藤」の名前に取り入れたということは、とても珍しいことだったのだそうです。二代目夫婦は、二人三脚で泡盛造りに取り組まれていたと伝わっていて、「松」も「藤」も縁起が良い言葉なので夫婦の酒+縁起が良い酒とされ、結納などのおめでたい席に重宝されています。素敵。

 

さていかがでしたでしょうか?由来を知って呑むと泡盛はもっともっと美味しく呑めると思います。泡盛は47箇所の酒造所で作られ、その銘柄は600種類とも700種類とも言われています。今後も泡盛をたくさんの人に知ってもらうよう、紹介をしていきたいと思います!

文、写真:沖縄大好きケコさん

10329184_2_n

てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」やAntenna公式キューレーターとして47ch沖縄県やインスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FMレキオにて居酒屋風ラジオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

 




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-3-28

    那覇で注目!新進気鋭の沖縄そば屋【Okinawa Soba EIBUN】

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄そば屋は数々あれど、今回紹介するお店は新しいスタイルでおしゃれな…
  2. 2017-3-17

    第二弾!?那覇牧志公設市場界隈はしご酒のススメ!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  3. 2017-3-13

    平麺が多いソーキそば発祥の地、名護沖縄そば屋5選

    沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  4. 2017-3-9

    那覇で “沖縄じかん” を感じられる人気カフェ5選

    沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …
  5. 牧志公設市場に向かうアーケード街にあるうなぎ店ぼんぼん

    2017-2-22

    うなぎ屋で飲もっ!! 喰おっ!! 那覇・ぼんぼん

    沖縄旅行をすると、地元の沖縄料理を食べたいところですが、何度も沖縄に行っていると、違ったもの…

ピックアップ記事

  1. 2017-1-10

    伊是名島は尚円王生誕の地、だから史跡が多い!

    ★ちゅらゆーなレポート 伊是名は、琉球王朝第二尚氏王統の始祖、尚円王生誕の島として有名です。 他…
  2. 2017-3-14

    那覇まちまーいで国道58号線を歩く③~妖怪現る!

    58号線に焦点を当てたガイドと歩く・那覇まちまーい「沖縄の大動脈!終点から歩く国道58号…
  3. 2017-1-18

    みんな大好き!沖縄おもしろTシャツ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 国際通り界隈を歩いていると目につくのがおもしろTシャツ!みなさんも目…
  4. 2017-1-30

    みんな大好き! 沖縄のパ~ン♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は沖縄のパンについてお話しましょうね~!沖縄には「第一パン」…
  5. 農連市場は2017年秋に新しい店舗へ移転

    2017-2-24

    行くなら今、県民の台所那覇農連市場は今秋移転予定

    戦後の闇市から県民の台所としてスタートした那覇の農連市場、新しい建物の建設が進み、201…

カテゴリー

ページ上部へ戻る