• このエントリーをはてなブックマークに追加
泡盛蔵元瑞穂酒造の天龍蔵

泡盛の蔵元「今帰仁酒造」「神村酒造」「瑞穂酒造」の蔵祭りが3月17日(土)と18日(日)の同日開催されました。両日ともにいいお天気に恵まれ、たくさんの人で賑わったようです。私も瑞穂酒造の蔵祭りに行ってきました。瑞穂酒造は創業嘉永元年(西暦1848年)の老舗です。首里に現存する最古の蔵元で、古酒の製品化を最初に行った、古酒のパイオニアとして知られています。蔵祭りはとても楽しいイベントなので皆さんに報告したいと思います。

【170周年みずほ天龍蔵祭り】

創業170年泡盛の蔵元瑞穂酒造の天龍蔵祭り

瑞穂酒造の場所はゆいレール「市立病院前駅」から徒歩2分のところにあり、とっても行きやすい酒造所。例えば今回の蔵祭りにしても、工場見学にしても「呑みたい!」という強い願望があるので、車ではなくゆいレールで行けるのは本当に助かります(笑)

泡盛の蔵元瑞穂酒造の天龍蔵

本当にゆいレール「市立病院前駅」から徒歩2分で到着。盛り上がってる声が外まで漏れ聞こえてきました。ワクワク。

 

【蔵祭りでは500円で泡盛飲み放題!!】

まずは受付。なんと500円で泡盛が飲み放題なんですって!

泡盛の蔵元瑞穂酒造泡盛飲み放題

500円は支払うと・・・

瑞穂酒造の天龍蔵飲み放題のリストバンド

リストバンドを巻かれ、これが飲み放題をゲットした人の証(笑)

泡盛の蔵元瑞穂酒造飲み放題

氷の入ったプラカップを受け取り、あとはセルフで。3種類の泡盛、黒糖酵母仕込みの「美ら燦々(30度)」、熟成3年古酒「琉球ゴールド(30度)」、熟成3年古酒「瑞穂(43度)」から好きなものを好きな飲み方で好きなだけ呑むというシステム。

泡盛の蔵元瑞穂酒造の蔵巡りドリンクコーナー

別途料金を支払えば、発泡酒やカクテル、ソフトドリンクもありました。おつまみも別途料金がかかりますが、焼き鳥やたこ焼き、餃子にポテトフライなどなど。あ~もうすでに楽しい(笑)

 



【蔵祭りならでは、ライブありエイサーありのステージ】

泡盛蔵元瑞穂酒造蔵祭りのライブステージ

ステージでは「カチンバ・クアトロ」というオキナワンサルサバンドのライブがあり、音楽が鳴り出すとみんな各々にカチャーシーを踊ったりサルサのステップを踏んだり、かなりの盛り上がり。さすが沖縄。ちなみに「カチンバ・クアトロ」は、「キューバ音楽」と「沖縄」のオリジナリティーを絶妙なバランスで融合させた音楽が高く評価されおり、活動は地元沖縄だけでなく、キューバ、アメリカ、カナダ、 香港、台湾など、世界各国で公演を行うなど、オキナワンラテン音楽を海外に広めている方々なのです。その「カチンバ・クアトロ」がきいやま商店の「盛り泡ろう!」を歌って、またもやみんなで大盛り上がり(笑)

泡盛蔵元瑞穂酒造蔵祭りエイサー

エイサーや獅子舞、空手演武もありました。

瑞穂酒造蔵祭りで2017年泡盛の女王のスピーナ瑛利香さん

そしてこの瑞穂酒造が泡盛の女王として最後のお仕事となる、2017年泡盛の女王の「スピーナ瑛利香さん」。1年間お疲れ様でした。実は「スピーナ瑛利香さん」の趣味は空手。この蔵祭りでも瑛利香さんの空手演武を披露したそうです。ステキ!

 

【天龍蔵の中では限定泡盛販売と、利き酒大会や度数当ても】

泡盛の蔵元瑞穂酒造天龍蔵、蔵祭り開催中

蔵の中では限定泡盛の販売や、泡盛の度数当て、利き酒大会が催されていました。

泡盛蔵元瑞穂酒造のゆり酵母、吟香酵母、黒糖酵母仕込み

これは数量限定の「酵母違い飲み比べセット(1200円)」。2014年に開催された伊江島のゆり祭りの花から抽出した「ゆり酵母」を使用した20度の泡盛と、「天然吟香酵母」を使用した25度の泡盛、そして「黒糖酵母」を使用した30度の泡盛のセット。安い!

泡盛蔵元で新発売「ジン」泡盛

そして創業170周年を記念して、2種類のクラフトジン「Fresh MIZUHO(500ml・48度)」と「Tropical MIZUHO(500ml・48度)」を、今回のみずほ天龍蔵祭りより発売しました!、各限定250本でステキな琉球ガラスボトル入り。お値段は8000円(税込)。このジンはボタニカル(香り付のための植物)の選定にかなりの時間をかけたそうです。ちなみにシークヮーサーリーフ、ジュニパーベリー、西表島パイン(ピーチパイン)ピール、ヒハツモドキ、生姜、紅茶、月桃リーフ、レモングラス、コリアンダーシード、イエルバブエナ(ミント)。味が気になりますね。他にもたくさんの泡盛を販売されていました。

泡盛蔵元の瑞穂酒造で蔵祭り度数あて、年数あて

後ろのポスターが気になりますが、コチラは熟成年数当て。他にも利き酒や度数当ても。

泡盛蔵元瑞穂酒造の黒麹玄米は甘酒

そしてこちらが「黒麹玄米」。いわゆるノンアルコールの甘酒。

泡盛蔵元の瑞穂酒造蔵祭りで黒麹玄米甘酒

100%国産玄米に、泡盛には欠かせない黒麹を混ぜて作られた発酵ドリンクで、食物繊維やビタミンE、B1、B2に加えクエン酸を多く含んでいるそうです。甘いものが苦手な私も飲める、少し酸味のきいた甘酒でした!

蔵祭りで見た、泡盛蔵元瑞穂酒造の地下貯蔵庫、天龍蔵内

その足元には地下タンクの木の蓋が。この下には「ブレンド古酒25度」が貯蔵されているらしい。

いや~泡盛蔵祭りって本当に面白い!病みつきになりますな(笑)瑞穂酒造では蔵祭り以外でも「天龍蔵」の見学ができます。午前の部10:00〜12:00。午後の部13:00〜16:00(営業日のみ)。10名様以上での見学は事前に予約が必要ですが、興味のある方はぜひ行ってみてくださいね。

3月24日(土)と25日(日)は「まさひろ酒造」の蔵祭りがあります。「まさひろ酒造」の蔵祭りは瓶踊り必見、毎年とっても盛り上がります!ぜひお日にちの合う方は足を運んでくださいね~!

★瑞穂酒造のHPはコチラ

 

【瑞穂酒造】

住所:那覇市首里末吉町4-5-16 ☎0120-151-304 

沖縄県那覇市首里末吉町4-5-16

 

 

文、写真:沖縄大好きケコさん

10329184_2_n

てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」やインスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

 



沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2018-4-26

    沖縄の老舗、玉那覇味噌が味わえる絶品ランチ「味噌めしや まるたま」

    沖縄で老舗の玉那覇味噌が味わえる「味噌めしや まるたま」へランチに行ってきました。味噌汁はもちろん、…
  2. 泡ボールバー

    2018-4-25

    シェアBar大歓迎!泡盛で作るフレーバーハイボールが飲める店「泡ボールBar」

    巷ではウィスキーを炭酸で割ったハイボールが人気ですが、実は泡盛も炭酸で割ると美味しいんです!…
  3. オイナリアン

    2018-4-24

    シーミー気分を味わう?沖縄風おいなりとチキンの名店 

    ★ホテルマニア マーコさんレポート   シーミー(清明祭)シーズンですね。毎週末亀甲墓前は…
  4. 2018-4-19

    ラーメン?沖縄そば?とにかく絶品「鶏そば新里」

    那覇市泉崎のバスターミナル近く。昔ながらの製法で、小麦粉に低カロリーの全粒粉を混ぜた麺を使っ…
  5. 2018-4-18

    八重瀬にくつろぎの古本屋「くじらブックス&Zou Cafe」

    以前にも数店舗ほど古本屋さんを取材し記事にしてきましたが、今回のお店は八重瀬にOPENしたば…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 2018-2-11

    国際通りドンキホーテで買える変わり種沖縄土産!最新情報2018春♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて国際通りドンキホーテで買えるオキナワンお土産2018年春バージョ…
  2. 2018-1-2

    2018年波上宮へ初詣!初詣あるある~

    ★沖縄大好きケコさんレポート 新年あけましておめでとうございます!沖縄大好きケコです!今年もよろし…
  3. 2018-4-23

    成田凌さんや大野拓郎さんも登場!沖縄国際映画祭レッドカーペット♪

    2018年4月19日(木)~22日(日)に開催された「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際…
  4. 沖縄本島北部やんばるにある道の駅「ゆいゆい国頭」

    2017-8-3

    やんばるに行くと必ず立ち寄る、道の駅「ゆいゆい国頭」

    国道58号線を北上、名護市を超え左手に東シナ海が大きく広がり、右手には自然たっぷり、ヤンバルクイナが…
  5. 2018-4-22

    沖縄好きの心をくすぐる「沖縄文具」を発見!

    文具好きの方も多いと思いますが、沖縄好きの心をくすぐる文具を見つけちゃいました。場所は国際通りの「文…

イベントカレンダー

4月 2018
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
« 3月   5月 »

カテゴリー

ページ上部へ戻る