• このエントリーをはてなブックマークに追加

那覇の路地裏に佇む古書店【言事堂】。白い古民家がとても素敵。古書店というより芸術作品を置くアートなお店という感じです。店主の宮城さんは香川県高松市のご出身で、2000年から沖縄に在住。扉を開けた瞬間からアートな世界に引き込まれます。

 

【白い古民家の素敵なお店】

公設市場のある商店街「市場本通り」から浮島通り向けに歩くと、「新天地市場」への入口が見えてきます。そこから住宅街の方へななめ右方向に30秒ほど進むと左手にお店はあります。なんとも趣のある建物。外観にもセンスがにじみ出ている感じ。白い建物と緑の葉のバランスも絶妙。

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

一見、雑貨屋さんかな?と思うくらい素敵なお店。お店に入る前からハートを鷲掴みされました(笑)

 

【言事堂(ことことどう)という店名の由来】

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

小さな店内に所せましとディスプレイされた本がとってもオシャレ。

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

「言事堂」には芸術書や写真集が多く、商品の9割以上が「美術・工芸本」。古書以外にも新刊書、同人誌、自費出版本など、芸術全般の書籍を取り扱っていて、絵画作品や紙もの文房具、アンティーク雑貨などもあります。

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

店名「言事堂」の由来は、「言」は目に見えない、形のないもの。「事」は手で触れる事の出来る形あるものを表しており、美術というものが相反するそれらを扱うものであり、表現するものだという事。そして「堂」には多くの人が集まるという意味もあり、「言事堂」という店名にされたそうです。

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

店主の宮城さんは美術展の企画をしたり、ギャラリーで働いていたり、美術館の開館準備室にいたりと、何かと「美術」というものがとても近くにある環境だったため、新しい仕事を始めたいと考えた時に美術周辺の物事で、沖縄にないものをやってみたいと思いついたのが、芸術書の古書店でした。ただ「言事堂」は芸術書の専門店ですが、本に興味がない方にも楽しんで頂くために、手に取りやすい絵本やデザイン書を店頭に置くようにしているそうです。

 

【言事堂のこだわり】

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

お店の奥には2階へと続く階段が。ワクワク。

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

階段を上がるとこちらにも本が。も~どれもこれもオシャレ。

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

そして2階にもこんな素晴らしい空間が!!!

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

この窓枠!!こんなお家に住んでみたい。本当にステキすぎてため息がでちゃいます。

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

店主の宮城さんは、年に4回は展覧会を開催すると決めていて、この2階はギャラリーとして貸出されています。私が訪れた時も壁にステキな写真が飾られていました。展覧会も開く本屋さんだなんて最高です。



【共通点は本を愛してやまないこと】

那覇の古民家アートな古本屋「言事堂ことこどう」

今回取材して私が感じた事。「言事堂」店主の宮城さんをはじめ、以前記事にした「日本一狭い古本屋 ウララ」さんや、八重瀬の「くじらブックス&Zou Cafe」さん、浦添市の「小雨堂」さん、那覇市の「ちはや書房」さんの共通点は、皆さん本を愛してやまないこと。本が大好きだからこそ、大好きな本をたくさんの方に知って欲しい、読んで欲しい、見てもらいたいという強い想いが伝わりました。それぞれが得意分野や感性を生かし、本に愛情を注ぐ熱意。もっと多くの方にその素晴らしさを知って欲しいです。そして言事堂さんは古書の出張販売も行っており、那覇市久茂地の「BOOK cafe & Hall ゆかるひ」にて古書の販売を行っています。ぜひ「言事堂」さんに足を運んでアートな空間を体感してください。イベントの詳細や日程は「言事堂」さんのFacebookページをご覧ください。

★言事堂のFacebookページはコチラ

 

【言事堂】

住所:那覇市松尾2-21-1 ☎098-864-0315  営業時間:火~金11:00-18:00 土・第2日曜11:00-19:00  ※臨時定休日があるためFacebookページ等で確認してください。

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

 

 

文、写真:沖縄大好きケコさん

10329184_2_n

てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」やインスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

ツアー予約
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2018-11-19

    森カフェは沖縄の自然いっぱいに癒されたい!北部カフェ4選

    沖縄と言えば青い海のイメージですが、実は亜熱帯の木々の中にひっそりと佇む、癒しの『森カフェ』…
  2. 2018-11-17

    ISSAが夜の市長に就任した沖縄市コザでライブハウスを朝までハシゴ!

    沖縄市はISSAさんの出身地で「沖縄市ナイトメイヤー(夜の市長)」に就任しました。 夜の街…
  3. 2018-11-5

    那覇市久茂地・紅虎餃子房でマウンテンカツカレーを食べてきた!

    最近じわじわと巷で噂になっている、那覇市久茂地の紅虎餃子房の『マウンテンカツカレー』。大盛の…
  4. 沖縄で美味しい日本蕎麦が食べられるお店5選

    2018-11-1

    沖縄で美味しい日本蕎麦が食べられるお店5選!

    最近の沖縄は日本蕎麦のお店が増えています。私が沖縄に移住してきたときには、数えるほどしかなか…
  5. 2018-10-27

    浦添市の「蕎麦と肴処 和ノ実」で、蕎麦前を楽しもう♪

    沖縄といえば沖縄そばが有名ですが、最近の沖縄は日本蕎麦のお店も増えてきているようです。本土出…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 2017-6-27

    那覇空港で買えるお土産ならコレ!@食べ物編!

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は前回に引き続き、那覇空港で買えるお…
  2. 2017-9-4

    第3回!沖縄移住組!kitchen33の塩 政司さん♪

    「沖縄移住組!」では、沖縄に移住して6年の移住組ケコが、沖縄で頑張っている同じく移住組の方々にお話し…
  3. 2018-8-25

    世界遺産「斎場御獄」はアマミキヨが創った琉球王国最高の聖地

    世界遺産「斎場御嶽(せーふぁーうたき)」琉球王国の創世神「アマミキヨ」が創ったといわれる。御…
  4. 泡盛蔵元瑞穂酒造の天龍蔵

    2018-3-20

    瑞穂酒造「170周年天龍蔵祭り」に行ってきました!

    泡盛の蔵元「今帰仁酒造」「神村酒造」「瑞穂酒造」の蔵祭りが3月17日(土)と18日(日)の同日開催さ…
  5. 沖縄限定のコスメをお土産に!おすすめプチプラコスメ

    2018-9-8

    沖縄限定のコスメをお土産に!おすすめプチプラコスメ♪

    沖縄限定のコスメをお土産に!巷で流行りのプチプラコスメ。沖縄限定のお土産商品もたくさん販売さ…

イベントカレンダー

11月 2018
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 10月   12月 »

カテゴリー

スポンサーリンク

楽天トラベル株式会社

ページ上部へ戻る