黄金スープ?!店主のこだわりが詰まった肉マースソバ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★沖縄大好きケコさんレポート

さて今回のケコレポは色んな方からぜひこのお店を取材してほしいとお願いされ、満を持して行って来ました!那覇市安里にある【肉マースソバマサミ】。




静かな住宅街にあるお店です。

このお店の常連の方から、お店は11時半にオープンだけど必ず並んでいる人がいるので、11時20分にはお店に到着するよういわれ、その教えの通り11時20分に到着すると2名のお客様が並んでいました。というわけで私は3番目。

 

【やはりこのお店にも券売機が!!さすが沖縄】

11時半の開店と同時に店内へ。順番を待って券売機で食券を購入。

メニューは肉マースソバの【あっさり】の並(800円)と小(700円)、【ふつう】の並(800円)と小(700円)、【こってり】の並(800円)、そして塩玉子・肉減量の【スペシャルA】(800円)。そのほかにごはん(小)100円。私は【スペシャルA】を注文。

 

席について気づいたのですが、ラーメンを作っている店主をみているとどうやら2杯ずつしか作らないスタンス。私は3番目なので1番目の方と2番目の方の分を作っているようです。

席についたものの結構時間がかかると察したので、店内のモニターに流れているチャップリンの名作【モダンタイムス】を観て楽しむ(笑)その間にも続々とお客様が来店。店内の席は7席。それ以外に順番を待つお客様用に5席ほど椅子が置いてあります。

 

【ようやく私のラーメンを作り始める】

私の順番になりようやく食券を渡すと目の前にトレーとお箸が置かれます。

あ、でもトレーはそのままでね(笑)お箸は自分の方に引き寄せてもいいですよ(笑)そして待つこと数分。出来上がったラーメンは目の前に置かれたトレーの上に置かれるので、そのトレーごと自分の目の前に取り寄せます。

なんということでしょう!!!この澄み切ったスープをご覧あれ!あっさりだけど適度の上品な脂と、その中ににんにくの程よい香り。麺はもちもちでスープとの絡みもバツグンです。残り1/3くらいになったところで店主のアドバイス通りにテーブルの置いてある「柚子七味」をかけていただくと、ほのかな柚子の香りで最後の一滴まで黄金スープを美味しく飲み干しちゃいました。

 

【こだわりが凄い】

あえて肉マースソバマサミさんのHPより抜粋したこだわりをここに載せます。

●肉マースソバとは?
チャーシュー塩らーめんのことです。当店は鶏がらや豚骨を使わず(店舗の契約で近隣が住宅地の為、異臭&悪臭を出さない配慮もありますが)鳥挽肉と節類と香味野菜でスープを取り、お客様のご注文ごとに小鍋で再加熱しています。塩ダレは一晩アルカリイオン水に浸けた昆布の出汁水にワタリガニ、アサリ、干し貝柱・干しエビ・干し椎茸・スルメ、鰹節、日本酒等を煮出して、白醤油と沖永良部島の寿塩で味を調えます(少量ですが、中国の福塩も投入)。麺は与那覇食品さんに特注した、国産100パーセント小麦に新潟県産こしひかり米粉をブレンドして少量の塩とカンスイで仕上げた多加水中太ストレート麺で色は白く、つるぷりの食感でスープを吸うと、もちもちに。グルテンを添加せず、胃に優しい消化のよい麺を目指しました。チャーシューは生の熟成豚肉に拘り、低温で長時間かけて熱を入れて旨味を閉じ込めます。極力臭みを取り除き、柔らかいのですが豚肉らしいシギシギしたジューシーな歯ごたえに。メンマは食感と独特の発酵臭を残しながら、鰹醤油と昆布出汁で味付け。最後にらーめんどんぶりにはスープを注ぐ前に、玉ねぎのみじん切り・大蒜・輪切り鷹の爪・調味オイル(チャーシューの煮出し油と鳥油と米油をブレンドしたもの)をスタンバイ。スープを注いだら、麺を投入してチャーシュー・メンマ・フライド紫玉ねぎ・白ネギ・カイワレを盛りつけて出来上がり。

 

ね?凄いでしょ?行ってみるとわかるけどかなり独特な空気感です(笑)合う合わないがあるかもしれませんが、ぜひ一度はこの黄金スープの肉マースソバを食べてみてくださいね!

 

【肉マースソバマサミ】

住所:沖縄県那覇市安里363

電話: 098-884-1251
営業時間:11:30から14:30 (売り切れ次第終了)
沖縄県那覇市安里363

文、写真:沖縄大好きケコさん

10329184_2_n

てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」やインスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラジオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

 




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-6-20

    沖縄でビール飲むならココ!「オリオンハッピーパーク」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄と言ったら、青い海~! 沖縄の海に行ったら「オリオン…
  2. 2017-6-19

    沖縄でないと味わえないケーキ&パン「ポールシュガー」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 知人からの口コミで、是非行ってみて~と情報を得て、那覇市…
  3. 2017-6-18

    沖縄とアメリカの文化が入り交じった音楽の町「コザ」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄本島の中心部にある沖縄市。かつて存在した「コザ市」が…
  4. 2017-6-17

    黄金スープ?!店主のこだわりが詰まった肉マースソバ

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回のケコレポは色んな方からぜひこのお店を取材してほしいとお…
  5. 2017-6-14

    地元のお客様に愛される店、名護の「小料理ひざくら」

    2016年1月にオープンして1年半、地元の食材と地元のオリオンビール、やんばるの泡盛と、地元のものに…

ピックアップ記事

  1. 2017-1-9

    安くて美味しい!沖縄限定アイス♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回のケコレポは「沖縄限定アイス」を紹介しましょう。沖縄で有名な…
  2. 大輝鮮魚店の店内とビール

    2017-5-26

    那覇で魚がうまい!酒が呑める魚屋?「大輝鮮魚店」

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄のお魚ってあまり美味しくない・・・というイメージですが、最近は沖…
  3. 2016-9-22

    真栄田岬と幻想的な青の洞窟

    ここ、真栄田岬の青の洞窟は、文字通り海が青く輝く空間に! イタリアのカリブ海に浮かぶカプリ島の洞窟の…
  4. 2017-6-14

    地元のお客様に愛される店、名護の「小料理ひざくら」

    2016年1月にオープンして1年半、地元の食材と地元のオリオンビール、やんばるの泡盛と、地元のものに…
  5. 2017-6-13

    オキハムのレトルト商品を食べてみた!!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄のスーパーでたくさんの種類が販売されているオキハムのレトルトシリ…

イベントカレンダー

6月 2017
« 5月   7月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

カテゴリー

ページ上部へ戻る