成田発バニラエアで16,560円の沖縄ツアー体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リゾートLCCと呼ばれるバニラエアで格安な沖縄ツアーを体験しました。今回利用したのは、バニラエア・チョイスという成田から那覇の往復航空券と那覇1泊分の宿泊がセットになった格安プランです。料金は、6月平日の出発で驚きの一人16,560円!これは安い。不安になるぐらい安いです。まずフライトは、往路がバニラ803便 成田発(9:00)⇒那覇着(12:05)利用なので東京駅(6:30)発の東京シャトルバスを利用。成田空港まで片道900円、所要時間約75分。ちなみに羽田まで電車で片道637円、所要時間約40分。意外に成田も近く安く感じます。バスならLCC専用ターミナルまで乗り換えもなく便利でお得です。車内でWEBチェックインして成田空港第3ターミナルに到着。


成田空港LCCターミナル 格安なバニラエアの沖縄行きカウンターです。

スムーズに荷物も預けて移動するとショップやフードコートまであり、思いのほか快適です。


沖縄便出発までに、こちらのフードコートで食事ができます。またスマホを充電できる設備もあり、大変便利です。

機内までは、バスで移動ですが定刻通り離陸。利用機材は、エアバスA300の180席仕様です。LCC各社が一般的に使用している機材で、狭いと言われるシートピッチは、29インチ(約74cm)、JALのシートピッチが31インチ(約78,7cm)、その差が約4,7cmです。確かに少し狭く感じますが、料金が違います。しかし背もたれを倒すには、勇気が必要です。

沖縄便の機内です。バニラエアのシートは革張りですので身体に負担なく過ごせます。
足元は、JALや全日空に比べて、少し狭いですが、174cmの私は問題なく座れました。

もちろん、モニターやオーディオ機能は、ありませんし機内サービスは有料です。個人的には、飲み物は持参しますし、寝る事が多いので問題ありません。無事定刻通り、那覇空港に到着してLCCターミナルまで行くと・・・・ここは成田とは違い、体育館?倉庫?って言いたくなるターミナルです。機内に預けた荷物を取りにターンテーブルを探すと・・・・ここは人力です。


那覇LCCターミナルには、通常のターンテーブルはありません。空港の係員が手で荷物を運んで置いていきます。

ちょっとしたカルチャーショックかも・・・・しかし荷物は、意外と早く出てきます。元々は貨物ターミナルだからでしょうか?今回はレンタカーを別に手配していたのですが、レンタカー会社の送迎バスも4社の指定会社のみとなります。その他のレンタカー会社の送迎車、タクシー、一般の車も立ち入り禁止です。専用シャトルバスで従来の那覇国内線ターミナルに移動となります。移動時間は、約5~10分、約10分間隔で無料シャトルバスが運行されています。帰りの搭乗も同じように移動となりますので通常より30分ほど余裕を持ったほうが良いでしょう。さて今回利用のホテルは、那覇市内、旭橋近くの琉球サンロイヤルのシングルルームに滞在です。

今回の沖縄ツアーで利用したホテルです。格安ツアーでも問題ないホテルで、とても満足しました。
部屋は少し狭いですが、格安沖縄ツアーの一人旅で利用するには、まったく問題ありません。とてもお得なバニラエアを利用した沖縄ツアーなら何度でも沖縄旅行が可能です。

部屋の広さは12,2㎡、ベッドサイズは、195×123cm、狭いですがコンパクトにまとめてあり、清掃も行き届いており、館内も綺麗です。朝食(バイキング)がついて、この価格はお得な事、間違いないです。ちなみに帰りは日程を延長して10日後のバニラ804便 那覇発(12:45)⇒成田着(15:25)で戻りました。今回は、航空券と宿泊がセットになったプランなので、機内預けの荷物は20キロまで、手荷物は10キロまで無料です。通常の航空会社(JAL/ANA)のツアーと同じような内容です。各社のメリット、デメリットを考え、旅行の目的に応じて選択すれば良いのではないでしょうか。沖縄旅行が16560円・・・ 間違いなく沖縄旅行が身近になってきてます。




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-3-17

    第二弾!?那覇牧志公設市場界隈はしご酒のススメ!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  2. 2017-3-13

    平麺が多いソーキそば発祥の地、名護沖縄そば屋5選

    沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  3. 2017-3-9

    那覇で “沖縄じかん” を感じられる人気カフェ5選

    沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …
  4. 牧志公設市場に向かうアーケード街にあるうなぎ店ぼんぼん

    2017-2-22

    うなぎ屋で飲もっ!! 喰おっ!! 那覇・ぼんぼん

    沖縄旅行をすると、地元の沖縄料理を食べたいところですが、何度も沖縄に行っていると、違ったもの…
  5. 足立屋は、千ベロの発祥店舗

    2017-2-20

    牧志公設市場界隈はしご酒のススメ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回は那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)しちゃいまし…

ピックアップ記事

  1. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  2. 2017-1-10

    伊是名島は尚円王生誕の地、だから史跡が多い!

    ★ちゅらゆーなレポート 伊是名は、琉球王朝第二尚氏王統の始祖、尚円王生誕の島として有名です。 他…
  3. 2016-10-31

    名護で昼食ならここ、おすすめ5店舗

    沖縄自動車道の終点、許田ICで降りて北部観光に行く玄関口が名護市。ひと休みしたいところですね。昼食を…
  4. 2017-3-27

    16の工房が点在する読谷窯、やちむんの里

    ★体験レポート!! ~青木さなえさん 沖縄本島中部にある読谷村(よみたんそん) 。この自然に恵まれ…
  5. 農連市場は2017年秋に新しい店舗へ移転

    2017-2-24

    行くなら今、県民の台所那覇農連市場は今秋移転予定

    戦後の闇市から県民の台所としてスタートした那覇の農連市場、新しい建物の建設が進み、201…

カテゴリー

ページ上部へ戻る