首里城で毎朝行われる開場儀式、うけーじょー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ人が少ない朝、守礼門あたりは「坊外」といって、城の外の門になるため、時間は関係ないけれど、本来の首里城の入り口は歓会門。ここの開場は朝8時。ここから正殿に向かいましょう。正殿に入ることができるのは、8時半の儀式の後。この正殿の開場儀式が天候が悪い時を除いて毎日行われる。

今回は「ガイドと歩く那覇まちまーい」に参加する形で、首里城をもっと深く楽しみましょう。ガイドしていただく方は、金城和男さん。

「歓会門」でお迎えしてくれるシーサー。2体並べてみましょう。何か気がつくでしょうか。諸説ありますが一般的には、向って右に口の開いたシーサー(雄)が福を招き、向かって左側に口を閉じたシーサー(雌)が災難を家に入れないといわれています。ところが、このシーサーは2体とも口を開けております。雄の方は舌も出しています。この理由は定かではありませんが、こういった違いを見ていくことも面白さの一つですね。

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%e6%ad%93%e4%bc%9a%e9%96%80

dsc_0028

次の門は「瑞泉門」。瑞泉は立派な、めでたいという意味があります。

dsc_0036

ここは急な階段になりますが、その途中右手にある「龍樋」。「中山第一」と書かれていますが、ここの水は水質、量ともに琉球第一の意味です。ここから、毎日、那覇港近くにある天使館に水が運ばれました。天使館は、中国皇帝の使者「冊封使」の方たちの宿舎です。

dsc_0031

dsc_0035

首里城は標高120mくらいの高台にあるため、那覇を一望できる場所ではあるが、それだけ上がっていかなければなりません。そして、「漏刻門」。漏刻とは水時計の意味です。写真をご覧ください。このように、段差をもうけて落ちてくる水の時間で時を刻みました。首里城はこの水時計ともう一つ、日時計で時間の管理がされていました。

資料提供:ガイドと行く那覇まちまーい

資料提供:ガイドと行く那覇まちまーい

その日時計がこれです。日影台と呼ばれ、1879年(明治12年)まで使用されました。

dsc_0044

「万国津梁の鐘」です。実物は沖縄県立博物館に有り、これはレプリカです。琉球王国は、貿易国。「琉球国は南海の美しい国であり、朝鮮、中国、日本との間にあって、船を万国の架け橋とし、貿易によって栄える国である。」という意味で書かれています。

dsc_0045

最近塗り替え工事が終わったばかりの「広福門」見事な朱色に変わりました。

dsc_0047

ここを抜けると、「下之御庭」。正殿に入る控え所的な場所。「奉神門」の前で、開場式(うけーじょー」が行われる。

8時25分、女官に扮したガイドが首里城について解説してくれた後、8時30分ちょうど、どらを鳴らし、「うけーじょー」と向かって左側の方が発して開門となる。この時には、大勢の方が集まり、開場式を見守る。その後は左右の方が降りてきて記念撮影にも応じてくれる。

img_16671

img_1672-1

それでは動画でどうぞ!

無料ガイド首里城内はこちらをご覧ください。

眺望抜群の西のアザナはこちらをご覧ください。
【首里城】

住所:沖縄県那覇市首里金城町1-2

沖縄県那覇市首里金城町1-2




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-3-17

    第二弾!?那覇牧志公設市場界隈はしご酒のススメ!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  2. 2017-3-13

    平麺が多いソーキそば発祥の地、名護沖縄そば屋5選

    沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  3. 2017-3-9

    那覇で “沖縄じかん” を感じられる人気カフェ5選

    沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …
  4. 牧志公設市場に向かうアーケード街にあるうなぎ店ぼんぼん

    2017-2-22

    うなぎ屋で飲もっ!! 喰おっ!! 那覇・ぼんぼん

    沖縄旅行をすると、地元の沖縄料理を食べたいところですが、何度も沖縄に行っていると、違ったもの…
  5. 足立屋は、千ベロの発祥店舗

    2017-2-20

    牧志公設市場界隈はしご酒のススメ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回は那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)しちゃいまし…

ピックアップ記事

  1. 水中バイク

    2017-3-7

    3月18日を皮切りに沖縄各地でいよいよ海開き情報!

    沖縄はもう夏がやってきます!2017年3月18日を皮切りに4月下旬にかけて各地で海開き、…
  2. 2016-12-20

    国際通りのドンキホーテで買えるオススメお土産

    ★沖縄大好きケコさんレポート!! さて今回は沖縄大好きケコが独断と偏見で選ぶ「国際通りにあるド…
  3. 2016-9-22

    真栄田岬と幻想的な青の洞窟

    ここ、真栄田岬の青の洞窟は、文字通り海が青く輝く空間に! イタリアのカリブ海に浮かぶカプリ島の洞窟の…
  4. ちはや書房は那覇中学前です。

    2017-2-27

    沖縄本がいっぱい!セレクト古本屋♪ちはや書房!

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は私にとっての夢の国、沖縄の古本屋【ちはや書房】の紹…
  5. 2017-3-27

    16の工房が点在する読谷窯、やちむんの里

    ★体験レポート!! ~青木さなえさん 沖縄本島中部にある読谷村(よみたんそん) 。この自然に恵まれ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る