首里城で毎朝行われる開場儀式、うけーじょー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ人が少ない朝、守礼門あたりは「坊外」といって、城の外の門になるため、時間は関係ないけれど、本来の首里城の入り口は歓会門。ここの開場は朝8時。ここから正殿に向かいましょう。正殿に入ることができるのは、8時半の儀式の後。この正殿の開場儀式が天候が悪い時を除いて毎日行われる。

今回は「ガイドと歩く那覇まちまーい」に参加する形で、首里城をもっと深く楽しみましょう。ガイドしていただく方は、金城和男さん。

「歓会門」でお迎えしてくれるシーサー。2体並べてみましょう。何か気がつくでしょうか。諸説ありますが一般的には、向って右に口の開いたシーサー(雄)が福を招き、向かって左側に口を閉じたシーサー(雌)が災難を家に入れないといわれています。ところが、このシーサーは2体とも口を開けております。雄の方は舌も出しています。この理由は定かではありませんが、こういった違いを見ていくことも面白さの一つですね。

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%e6%ad%93%e4%bc%9a%e9%96%80

dsc_0028

次の門は「瑞泉門」。瑞泉は立派な、めでたいという意味があります。

dsc_0036

ここは急な階段になりますが、その途中右手にある「龍樋」。「中山第一」と書かれていますが、ここの水は水質、量ともに琉球第一の意味です。ここから、毎日、那覇港近くにある天使館に水が運ばれました。天使館は、中国皇帝の使者「冊封使」の方たちの宿舎です。

dsc_0031

dsc_0035

首里城は標高120mくらいの高台にあるため、那覇を一望できる場所ではあるが、それだけ上がっていかなければなりません。そして、「漏刻門」。漏刻とは水時計の意味です。写真をご覧ください。このように、段差をもうけて落ちてくる水の時間で時を刻みました。首里城はこの水時計ともう一つ、日時計で時間の管理がされていました。

資料提供:ガイドと行く那覇まちまーい

資料提供:ガイドと行く那覇まちまーい

その日時計がこれです。日影台と呼ばれ、1879年(明治12年)まで使用されました。

dsc_0044

「万国津梁の鐘」です。実物は沖縄県立博物館に有り、これはレプリカです。琉球王国は、貿易国。「琉球国は南海の美しい国であり、朝鮮、中国、日本との間にあって、船を万国の架け橋とし、貿易によって栄える国である。」という意味で書かれています。

dsc_0045

最近塗り替え工事が終わったばかりの「広福門」見事な朱色に変わりました。

dsc_0047

ここを抜けると、「下之御庭」。正殿に入る控え所的な場所。「奉神門」の前で、開場式(うけーじょー」が行われる。

8時25分、女官に扮したガイドが首里城について解説してくれた後、8時30分ちょうど、どらを鳴らし、「うけーじょー」と向かって左側の方が発して開門となる。この時には、大勢の方が集まり、開場式を見守る。その後は左右の方が降りてきて記念撮影にも応じてくれる。

img_16671

img_1672-1

それでは動画でどうぞ!

無料ガイド首里城内はこちらをご覧ください。

眺望抜群の西のアザナはこちらをご覧ください。
【首里城】

住所:沖縄県那覇市首里金城町1-2

沖縄県那覇市首里金城町1-2




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-4-29

    伊江島を正面に見ながらくつろぐカフェ チャハヤブラン

    人気の備瀬のフクギ並木。ここに来たらオススメの人気カフェがある。「CAHAYA BULAN(チャハヤ…
  2. 2017-4-27

    久高島を望む180度眺望できる絶景カフェ「くるくま」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄本島南部・南城市の高台にある海の見える絶景カフェ「く…
  3. 2017-4-24

    首里城の近く古民家を利用した琉球茶房「あしびうなぁ」

    ★体験レポート ~青木さなえさん ランチは首里城の近くの「あしびうなぁ」。この店名の意味は「あしび…
  4. 2017-4-10

    天ぷらと魚介が最高、海人の島「奥武島(おうじま)」

    那覇市内から40分くらい、南城市にあり、橋で繋がっている奥武島(おうじま)は、周囲1.7…
  5. 2017-4-5

    鷠(フィッシュバード)@国際通り屋台村

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回のケコレポは前回に引き続き国際通り屋台村のお店紹介第4弾です…

ピックアップ記事

  1. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  2. 農連市場は2017年秋に新しい店舗へ移転

    2017-2-24

    行くなら今、県民の台所那覇農連市場は今秋移転予定

    戦後の闇市から県民の台所としてスタートした那覇の農連市場、新しい建物の建設が進み、201…
  3. 2016-9-22

    真栄田岬と幻想的な青の洞窟

    ここ、真栄田岬の青の洞窟は、文字通り海が青く輝く空間に! イタリアのカリブ海に浮かぶカプリ島の洞窟の…
  4. 2017-1-9

    安くて美味しい!沖縄限定アイス♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回のケコレポは「沖縄限定アイス」を紹介しましょう。沖縄で有名な…
  5. 2016-11-15

    歴史と文化と豊かな自然が同居する伊是名島

    (写真提供:いぜな島観光協会) ★ちゅらゆーなレポート いまでも手つかずの古き良き沖縄が残る伊是…

イベントカレンダー

5月 2017
« 4月   6月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリー

ページ上部へ戻る