• このエントリーをはてなブックマークに追加

国際通り、松尾交差点近くのローソンから壺屋方面にくだる道は、浮島通りと呼ばれ、観光客だけでなく、地元の方も贔屓にしているお店がたくさんあるエリア。この通りだけでもゆっくりみれば、一日中楽しむことが出来ます。浮島通りを楽しむこつは、歩くことです。目的を持って歩くのではなく、歩きながら沖縄の裏通りを感じることが浮島通りを楽しむことです。車で観光地を巡る楽しみ方もありますが那覇の街並みや沖縄が本来もつ空気の流れを感じるためには散歩することが一番の楽しみです。



浮島通りは、古い沖縄の裏道の雰囲気を残しながら、プライベートブランドのお店や沖縄らしさをモチーフにしたショップ、スローフードを中心としたカフェや、ストリート系のショップなど散歩するだけでも楽しめるのが、大きな特徴です。松尾方面からは一方通行のため、車では入れませんが、近くに駐車場もたくさんあり、沖縄の街並みや空気を感じるには最適の場所です。

国際通りに近いエリアには、ストリート系、サーフィン系のファッションや雑貨を取り扱うお店が多く、牧志公設市場の裏手あたりにあたるエリアには、カフェなどが多く、木陰に入ると南国でも涼しさを感じることができる場所です。壺屋に近づくと昔ながらの洋服屋さんや総菜屋さんなど、通りの位置によっても印象を変えてくれます。お勧めの歩き方は、往路は左側のショップ、復路は反対側のショップを観て楽しむことをお勧めします。昼間と夕方から夜にかけての印象は、時間帯で異なり、特に夕暮れ時は、情緒あふれる沖縄の日常生活を垣間見られる場所です。浮島通りを抜けると、壺屋やちむん通りにも行ける距離にあるので、時間がある方は、そのまま足を延ばしてみては、いかがでしょうか。

 

★浮島通りのカフェの代表格、「浮島ガーデン」で体もココロもすっきり

国際通りを背にして、浮島通りを進んでいくと、牧志の公設市場の裏手にあたる場所に、お勧めの雰囲気の良いカフェ「浮島ガーデン」があります。

地物の野菜をふんだんに使った、プレートを中心としたランチをはじめ、コースなども取り揃えられている有名店です。ベジタリアンの方だけではなく、ボリュームと質の両方を兼ね備えており、満足のできるお店です。子供連れにもやさしく、2階は特に、古民家をそのまま店舗として利用しており、琉球畳や昔の雰囲気を感じながらおいしい料理を堪能することが出来ます。

植物性の素材と、地物の野菜をふんだんに使った、素材にこだわっているお店で、マクロビに近いですが、料理は手の込んだものばかりで、食べごたえもあり、非常に満足ができるカフェです。沖縄ならではの独自の調味料なども置いてあり、お土産や自宅で使うスパイスとしても人気があります。また、ベジタブルカレーは、アレルギーを持つ方にも好評で安心して食べられるお店です。毎年、近くの公園(牧志の公設市場裏手)で、イベントもしており、タイミング次第では、浮島通りだけではなく、那覇市内のおいしいお店屋さんに出会うことが出来るかもしれません。

 

島やさい料理&オーガニックワイン 浮島ガーデン 沖縄

住所:沖縄県那覇市松尾2-12-3 電話:098-943-2100

営業時間: 11:30~15:00 lunch time、 18:00~22:00 dinner time (LO 21:00)、年中無休

 

沖縄県那覇市松尾2-12-3

 

★マクロビでも十分おいしい。自然食とおやつ「MANA」できれいに?

浮島通りを壺屋方面にくだっていくと平和通り(アーケード街)にぶつかります。その先の路地を右手におれると、以前は、首里にあったお店が名称を変え、「MANA」としてマクロビをおいしく食べさせてくれます。アレルギーの相談にも乗ってくれますし、お持ち帰りで、豆乳と米粉などを中心にしたスイーツもあるので、ちょっとしたお土産にも最適なお店です。特に、大豆を使った大豆ミートの空揚げはボリュームもあり満足のできる逸品です。

出典:http://okinawamana.ti-da.net/

自然食とおやつ MANA

住所:沖縄県那覇市壺屋1-6-9 電話:098-943-1487

営業時間:11:00~15:00 lunch time、 15:00~17:00 café time、(LO 16:00) 火・水曜日 定休

 

沖縄県那覇市壺屋1-6-9

 

★沖縄文化の盛り上げ集団「琉球ぴらす」のTシャツ&雑貨

もう一店舗、お勧めしたいのが「琉球ぴらす」。沖縄の独自のデザインをモチーフにしたオリジナルのTシャツと雑貨のお店です。

このお店は浮島通りと美浜アメリカンビレッジ(北谷)にありますが、工場は那覇市内の与儀にあり、沖縄で活躍するアーティストとのコラボで沖縄独自のTシャツや雑貨を制作しています。実際にお店では、デザイナーさん達のプロフィールを添えて飾ってありますが、デザインしているところや制作しているところは見られないのが少し残念です。お店には、革製品に沖縄の紅型などをあしらった財布やカードケースをはじめ、ストラップなども置いてあり、特にTシャツのデザインは、沖縄独特のデザインであるシーサーやウミガメ、ヤンバルクイナをはじめ見ているだけでも非常に楽しめます。デザインによっては、親子で一緒に楽しめる「島バナナ」Tシャツなどもあり、黄色の島バナナと緑の島バナナのデザインが選べるなど、新しいコンセプトかつ楽しんで着られるものが多くあるのが特徴です。

沖縄Tシャツ&雑貨 琉球ぴらす

住所:沖縄県那覇市松尾2-2-14 2017年2月中旬春移転予定の新住所ですが、道の反対側に移転するだけなのですぐわかるでしょう。

電話:098-863-6050 営業時間:11:00~20:00

※指定駐車場「おおしろパーキング(コインパーキング)」1時間無料となります。

 

沖縄県那覇市松尾2-2-14

 

★古民家でオープンな入り口、懐かしく楽しめる雑貨&家具じーさーかす

壺屋やちむんに近い浮島通りの入り口?、出口?にある。瓦屋根の古民家でいつも開けっ放し、どこか懐かしい雑貨類がたくさんあって、つい引き込まれてしまう。ジュークBOX売りもの(27万円)です。懐かしいメンコ、サトちゃん・ケロちゃん指人形・・・・年がばれてしまいそうですが、レトロな店舗にぴったりな商品が数多く並ぶ。オーナーが全国、海外から買い付けてきた商品たちです。

足踏みミシンに北海道北見名物ハッカ油。オーナーが北見出身で取り寄せているとのこと、首や手に塗ると涼しく、虫除けの効果もあるのでなかなか重宝するものです。

雑貨・家具店 じーさーかす(facebookページ)

住所:沖縄県那覇市牧志3-4-6 電話:098-943-1154

営業時間:11:00~20:00 月曜日定休

 

沖縄県那覇市牧志3-4-6

文:のりさく 編集部加筆




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-6-20

    沖縄でビール飲むならココ!「オリオンハッピーパーク」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄と言ったら、青い海~! 沖縄の海に行ったら「オリオン…
  2. 2017-6-19

    沖縄でないと味わえないケーキ&パン「ポールシュガー」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 知人からの口コミで、是非行ってみて~と情報を得て、那覇市…
  3. 2017-6-18

    沖縄とアメリカの文化が入り交じった音楽の町「コザ」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄本島の中心部にある沖縄市。かつて存在した「コザ市」が…
  4. 2017-6-17

    黄金スープ?!店主のこだわりが詰まった肉マースソバ

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回のケコレポは色んな方からぜひこのお店を取材してほしいとお…
  5. 2017-6-14

    地元のお客様に愛される店、名護の「小料理ひざくら」

    2016年1月にオープンして1年半、地元の食材と地元のオリオンビール、やんばるの泡盛と、地元のものに…

ピックアップ記事

  1. 2017-6-14

    地元のお客様に愛される店、名護の「小料理ひざくら」

    2016年1月にオープンして1年半、地元の食材と地元のオリオンビール、やんばるの泡盛と、地元のものに…
  2. 2017-5-9

    2017年の沖縄梅雨入り、梅雨明けはいつ?

    ゴールデンウィーク頃になると気になる梅雨入り。沖縄に旅行するとなるともっと気になりますね。梅雨時だか…
  3. 2016-12-10

    壺屋やちむん通り 番外編

    壺屋やちむん通りにはやちむん以外にも楽しめる場所があるのをご存知ですか?今回はちょっとだけ深く踏み込…
  4. 2017-1-10

    伊是名島は尚円王生誕の地、だから史跡が多い!

    ★ちゅらゆーなレポート 伊是名は、琉球王朝第二尚氏王統の始祖、尚円王生誕の島として有名です。 他…
  5. 58号線旭橋交差点

    2017-3-11

    沖縄那覇まちまーいで国道58号線を歩く②~まちに竜が現る

    沖縄の国道58号線に焦点を当てたガイドと歩く・那覇まちまーい「沖縄の大動脈!終点から歩く…

イベントカレンダー

6月 2017
« 5月   7月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

カテゴリー

ページ上部へ戻る