• このエントリーをはてなブックマークに追加


★大神島体験レポート ~青木さなえさん

宮古島の北約4km沖に位置する宮古列島のひとつである大神島(おおがみじま)は、昔から様々な伝説が残り、神が宿る島・神が住む島と言われてきた島。

大神島のいたるところに神聖な御嶽(うたき)があり、旅行者だけでなく、島の人ですら足を踏み入れてはならない場所が沢山あると聞き、島の人の大事な信仰の拠り所である御嶽に、無闇に足を踏み入れることのないよう、今回は大神島のルールにしっかり則りながら観光案内してくれる大神島のおじいによるガイドをお願いしました。



〜その1 海賊伝説〜

自然の神様に愛された「大神島」は、沖縄でも有数のパワースポット(聖域)が集中する島で、島の周囲は約4km人口26人(2016年現在)の小さな島です。大神島以外の周辺諸島は橋がかかり、車で行かれるようになりましたが、大神島へは宮古島の島尻漁港から定期船を使って渡ります。

宮古島の北、神が住む島大神島

便数は1日たったの4~5往復。離島の離島なので、20年ほど前までは観光客の多くは来ない島でしたが、近年はネットの普及に伴い、年間200人足らずの観光客が、1万人来るような島になったそうです。島尻漁港を出発し、船で10分ほどで島に到着しました。
港には40年前に港が作られた時に崩した岩の欠片が祀ってあります。ここで島に入るためのお祈りをします。
神の島は最初に拝んでから「拝所」

港のすぐ側には、宮古島市立大神小中学校跡がありました。小学校は2006年度から休校、中学校は島外から呼び寄せた島民の孫により何とか維持していたそうですが、2008年度から生徒がいなくなり休校、そして2011年3月31日には廃校となり、残っていた校舎も解体されてしまい、今は空き地となっていました。

廃校になってしまった大神中学、大神小学校

 

山に向かって集落へと入っていきます。大神島は過半数以上が65歳以上の限界集落で、最年少が40歳後半というから驚きです。私が訪れた時はお正月ということもあり、帰省している方や行政の工事の方がいらっしゃったのでわりと活気がありました。沖縄には家の門に魔除けのシーサーがいますが、この島にはシーサーではなく、貝殻でした。

 宮古島からの離れ小島、シーサーの代わりに貝殻

 

そして、この家が、この島のルーツの家。

【キャプテンキッドの伝説】

数多くの謎に包まれた島ですが、そのひとつに、昔、17世紀の海賊キャプテン・キッドがこの島へ宝を隠したとされる伝説があります。

この島が海賊に襲われた際、海賊から逃れるために隠れていた島民は最後には見つかり皆殺しにされてしまったそうですが、実は島の反対側に子供達は隠れており、その残された島民の子孫がこの家の方なんだとか。

その伝説にも問題があり、30年ほど前に宝の島だと聞きつけ、世界中からこの島に来て、勝手に島を荒らし、それ以来、ここの島民の方々は外部の人々を受け入れなくなってしまったことがあるそうです。当たり前ですよね、島の人々が大切に守ってきた聖域を自分の欲のために荒らすんですから。最近では、そういう人もいなくなり、島民の方々は私たちを快く迎えてくれています。なので、興味本位で、聖域には立ち入らないようにしたいですね。

 

さて、遡ること港が出来る40年程前までは、電気、ガス、水道などは通っておらず、水は井戸からくみ上げていたそうです。

大神島はガイドさんと一緒に行きましょう!井戸は現在使っていません。

 

井戸は集落の真ん中にもあり、ここが一番大きな井戸だったそうです。

大神島の井戸です。

 

その井戸から山に向かってさらに登っていきます。遠見台への道しるべと注意書があります。

ここから大神島おすすめの遠見台、絶景ポイントです。

 

大神島のホームページはこちらをご覧ください。
宮古島島尻港:沖縄県宮古島市平良島尻1476
大神海運:0980-72-5477 ※アクセス情報はこちらをご覧ください
(片道)大人350円、小人180円 (往復)大人670円、小人350円

沖縄県宮古島市平良島尻1476

大神島港:沖縄県宮古島市平良大神126

沖縄県宮古島市平良大神126

文、写真:青木さなえ

体験レポーター青木さなえさんのプロフィールです!

sanaeセブンティーンの専属モデルや、CM、スチールなど、ティーンズモデルとして活躍する中、16歳の頃、日本テレビ年末ドラマ「なんて素敵にジャパネスク」新人オーディションで4万8千人の中からグランプリ受賞、ドラマデビュー。その後、TBS『土曜深夜族』エンジェルスのメンバーとしてレギュラー 出演。芝居以外にも歌・ダンス・お笑いにも活動の場を広げる。 現在、フリーになり、女優業を中心に活動中。プライベートでは世界各国を旅をし、貴重な体験を持つ。詳しくはブログ“sanakoのモト”をご覧ください



ページ:

1

2 3

沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-7-18

    せんべろはもう古い?!にせんべろ酒場「おでんの金太郎」

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は那覇市松山にあるせんべろならぬ「にせんべろ…
  2. 2017-7-17

    那覇まちぐゎ~沖縄そばスタンプラリー開催決定!

    ★沖縄大好きケコさんレポート さてそばじょーぐー(沖縄そば好き)の皆様、お待たせ致…
  3. 2017-7-12

    3000円で5店舗のはしご酒!7/15、16ぬみあっちゃーin 牧志・桜坂♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は7月15日(日)16日(月・祝)に開催され…
  4. 2017-7-10

    那覇えびす通りが熱い!!天国酒場えびす屋♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回はどんどん進化を遂げ盛り上がりを見せている那覇市牧志の「えび…
  5. 2017-7-8

    土日しか営業しない初代ソバ王「いしぐふー」やんばる店

    ★体験レポート ~青木さなえさん 北部沖縄やんばるの海と森に囲まれた小さな集落に、初代沖縄…

ピックアップ記事

  1. 2017-6-14

    地元のお客様に愛される店、名護の「小料理ひざくら」

    2016年1月にオープンして1年半、地元の食材と地元のオリオンビール、やんばるの泡盛と、地元のものに…
  2. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  3. 2017-1-30

    みんな大好き! 沖縄のパ~ン♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は沖縄のパンについてお話しましょうね~!沖縄には「第一パン」…
  4. 2017-6-16

    期間限定!沖縄ファミマで美味しいモノ発見♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート 6月13日(火)から7月3日(月)までの3週間限定で、「おいしい沖縄…
  5. 2017-5-31

    総理大臣賞の泡盛マイスターが案内してくれた「久米仙酒造」

    ★体験レポート ~青木さなえさん 那覇市仲井真にある「久米仙酒造」に見学と取材に行ってきました。案…

イベントカレンダー

7月 2017
« 6月   8月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリー

ページ上部へ戻る