• このエントリーをはてなブックマークに追加

★大神島体験レポート ~青木さなえさん

宮古島の北約4km沖に位置する宮古列島のひとつである大神島(おおがみじま)は、昔から様々な伝説が残り、神が宿る島・神が住む島と言われてきた島。〜その3 島の神秘に出会う旅~


〜その3 島の神秘に出会う旅~

大神島の頂上の遠見台の先は行かれないので、井戸のところまで引き返し、そこから山を背にして「カミカキス」の方に向かいます。

 

途中、アダンの実がなっていました。

アダン

甘いからかじってごらんと一粒ちぎってくれました。昔はこれが子供たちのおやつだったそうです。

 

遠見台から見えた「カミカキス」という岩が並んでいる海岸線まで下りていきます。

 

きれいに整備された大神多目的公園が見えて来ました。その先にあるのが「カミカキス(スは小文字)」です。

大小さまざまな形をした岩が、海岸沿いに綺麗な楕円状に整列しています。

自然にこのような配置になったのかは不明ですが、神秘的なものを感じます。そしてなぜか、カミカキス、の「ス」は小さい「ス」。(笑)

 

透き通った海の中をのぞくとお魚がたくさんいます。この浜は貝やカニ、タコなんかもいるらしく、地元の人が素潜りで採ってました。

 

島の海岸線一周する道路、途中で切れているのですが、その昔、島を一周させる道路工事を計画し、大神島一周道路の建設が始まったのですが、半分まで道路を作ったところで、さらに工事を進めると、ブルドーザーの爪が何度も折れたり、重機が故障したり、不可解な事が続出した為、工事が中断され、難航を極めたのだとか。 それでも当初の予定ルートを変更するなどして、建設工事は進められたそうなのですが、そのうち工事関係者の人たちや島民が原因不明の病気になったり、説明のつかない現象が続出。 ついに工事関係者が、神の怒りに触れたとして工事から撤退。大神島の一周道路は途中で途切れた形になっていて、現在も、島の途中までしか道路が出来ておらず、その先は行くことができません。

 

カミカキスを横に見ながら、海岸沿いを港方向に少し歩くと、右側に海の神様がやってくる御嶽(ウタキ)があります。

大神島の御獄

 

御嶽(ウタキ)の入口のちょうど海側正面の岸壁が「神様の通り道に邪魔になっていた」とのことで、一部を削り、通り道を作り、砕いてしまった大きな岩をここにおいたのだそうです。

 

港までいったん戻ります。ちょい休憩。そして島の唯一の交通手段(?)のカートに乗り換えて、さらに東の方角に進みます。
すると、カーブに沿ってまあるく、とびでたような形の砂浜が見えてきました。

ここは,左右からの潮の流れがぶつかる「マウケー」又は「パマサス」と呼ばれる砂浜でしょうか?

 

ん?人がいる?

カートを運転するおじいは、「え?今日なんかあったっけかな?」とぶつくさ言ってます。

白い服を身にまとったその人の後ろをカートが通る。

私がその姿を目で追うように振り返りながら見ていると、座ったその人が振り返りました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

目が合う。

その人は、私の顔を見て、歯を大きくむき出しながら笑顔で会釈してきた。

おばあだ。おばあがお祈りしていたのだ。

白い砂浜にお供えをしながら、海に向かってお祈りをしている。

震えた。おばあが神々しく見える。

 

会えた。会えるべくして出会えた感覚だった。

 

祖神祭(ウヤガン)の時に神が神事をいつ何やるかを決めると言っていた。
まさにその日のひとつだったに違いない。
私も長い宮古島滞在で、この日この時間を選び、この島へとやってきた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何度も言うけど、おばあの居処は島の人々は誰も教えてくれないのです。写真を撮ることも許されません。

おばあの姿は私の目にだけ焼きつけさせて下さい。

 

砂浜の写真だけ載せます。

 

その小さな海岸の先には、 数多くの奇岩(ノッチ)と呼ばれる岩がありました。長年の波による浸食で、 付け根の部分が大きくえぐれた岩が、 海岸線のあちこちにゴロゴロしています。

この岩もあと数年で折れてしまうそうです。

 

この先で行き止まりで、階段があるのですが、この日は潮が満ちていたので、 実際に下りることはできませんでした。 もしかすると潮がひいたとき、プナイパーまで歩いていけるのかも知れませんね。

こうして2時間余りの島の観光は終わりました。

 

今回は船の時間もあり、食べることが出来ませんでしたが、2013年に開業した、島唯一の食堂兼民宿「おぷゆう食堂」。

大神島の唯一の食堂おぷゆう食堂

観光案内の事務所も兼ねてます。ここの名物はタコ料理。

 

手つかずの大自然がそのまま残っている大神島。
シュノーケリングをすれば素晴らしいサンゴたちに出会え、朝には朝日を、夕方には夕焼けを、夜には星をみることができます。

 

島へのアクセスは、島尻港フェリー乗り場から、約15分ほどで行くことができます。1日5往復(4月~9月)、1日4往復(10月~3月)。大神島~宮古島定期便 時刻表(船名:スマヌかりゆす・所要時間:約15分)


大神島のホームページはこちらをご覧ください。
宮古島島尻港:沖縄県宮古島市平良島尻1476
大神海運:0980-72-5477 ※アクセス情報はこちらをご覧ください
(片道)大人350円、小人180円 (往復)大人670円、小人350円

沖縄県宮古島市平良島尻1476

大神島港:沖縄県宮古島市平良大神126

沖縄県宮古島市平良大神126

文、写真:青木さなえ

体験レポーター青木さなえさんのプロフィールです!

sanaeセブンティーンの専属モデルや、CM、スチールなど、ティーンズモデルとして活躍する中、16歳の頃、日本テレビ年末ドラマ「なんて素敵にジャパネスク」新人オーディションで4万8千人の中からグランプリ受賞、ドラマデビュー。その後、TBS『土曜深夜族』エンジェルスのメンバーとしてレギュラー 出演。芝居以外にも歌・ダンス・お笑いにも活動の場を広げる。 現在、フリーになり、女優業を中心に活動中。プライベートでは世界各国を旅をし、貴重な体験を持つ。詳しくはブログ“sanakoのモト”をご覧ください



ページ:
1 2

3

沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 大輝鮮魚店の店内とビール

    2017-5-26

    那覇で魚がうまい!酒が呑める魚屋?「大輝鮮魚店」

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄のお魚ってあまり美味しくない・・・というイメージですが、最近は沖…
  2. 2017-5-19

    観光客だけじゃなく、地元の方が多く集う沖縄料理ベスト10-後編

    沖縄料理といえば、豚肉を余すところなく使った料理を思い浮かべますが、地物の野菜をふんだんに使った料理…
  3. 2017-5-19

    観光客だけじゃなく、地元の方が多く集う沖縄料理ベスト10前編

    沖縄に来たら、沖縄らしい食べ物を是非食べたいと思うはず。そんな時は、ガイドブックだけに頼ることなく、…
  4. 2017-5-14

    東南アジアの情緒が漂う、安里・栄町で南国気分を満喫

    那覇の観光地と聞くと首里城や国際通りなど華やかで活気のあるイメージと松山エリアを中心とする繁華街を耳…
  5. 2017-5-8

    国際通り界隈のクセになる麺屋さん3選

    ★沖縄大好きケコさんレポート 一昔前まで沖縄で麺類といえば沖縄そばでしたが、最近の沖縄はラーメン(…

ピックアップ記事

  1. 2017-4-28

    転勤・・・おきなわ暮らしで驚いた、戸惑った!!

    ★沖縄暮らし始まる~naomiさん 晴天の霹靂、夫の転勤で始まった沖縄暮らし。仕事を辞めてついてき…
  2. 農連市場は2017年秋に新しい店舗へ移転

    2017-2-24

    行くなら今、県民の台所那覇農連市場は今秋移転予定

    戦後の闇市から県民の台所としてスタートした那覇の農連市場、新しい建物の建設が進み、201…
  3. 2016-9-22

    真栄田岬と幻想的な青の洞窟

    ここ、真栄田岬の青の洞窟は、文字通り海が青く輝く空間に! イタリアのカリブ海に浮かぶカプリ島の洞窟の…
  4. 2016-12-20

    国際通りのドンキホーテで買えるオススメお土産

    ★沖縄大好きケコさんレポート!! さて今回は沖縄大好きケコが独断と偏見で選ぶ「国際通りにあるド…
  5. 2016-9-9

    一度知ったら、また行きたくなる「空港食堂」

    沖縄の旅を終えて、那覇空港へ。チェックインをして、荷物を預けたら、いつも行く店がある。 それは、お…

イベントカレンダー

5月 2017
« 4月   6月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリー

ページ上部へ戻る