• このエントリーをはてなブックマークに追加


★おきなわマラソン体験レポート

2017年2月19日(日)、沖縄県中部 沖縄市を中心とする第25回おきなわマラソン大会に参加してきました。この大会は、沖縄市・うるま市・嘉手納町・北谷町・北中城村の5市町村を駆け抜け、高低差は100m以上で特に後半アップダウンが多いコースとなっています。そして、何と言ってもこの大会の特徴は、米空軍基地である嘉手納基地がコースに含まれていることです。

今大会には、フルマラソンに10,353人(男8,191人、女2,162人)、10㎞ロードレースに2,397人(男1,172人、女1,225人)が出走。また、第25回大会記念ハーフマラソンの部も特別に設定されました。



【マラソンスタート~勝連城】

いよいよスタートです。NAHAマラソンの密集度合いとはずいぶんと違いますね。

2017おきなわマラソンのスタート地点

スタートしてしばらくは中城湾沿いを走ります。そして10㎞付近の上り坂では、世界遺産の勝連城を横目で見ることが出来ます。時間と脚に余裕のある方は是非行ってみて下さい。

勝連城

【26km地点・嘉手納基地内を走る】

勝連城を過ぎてしばらく走ると一旦下り坂になりますが、その後はアップダウンの繰り返し。26km地点の知花交差点を過ぎた辺りから嘉手納基地入り口までの約2.5kmの区間では、7~80mを一気に駆け上がります。ここが後半最初の頑張りどころ。そして、いよいよ第2ゲートより嘉手納基地へと入ります。

嘉手納基地内をおきなわマラソンは走る

 

やはり応援のノリが違います。米軍基地の中で写真を撮っても良いものだろうか??と恐る恐るカメラを向けると・・・はい、この通り(笑)

嘉手納基地内のおきなわマラソン応援団

基地内はほぼ下り坂で、ノリの良い応援もあってか快適には走ることが出来ます。が、基地を抜けた後の約2㎞の区間はまた上り坂になります。ここが後半第二の頑張りどころですが、応援の多い区間なので、それを楽しみながらなんとか乗り切りましょう。

 

【37kmからゴールへ】

その後は下りながらイオンモール沖縄ライカムのある交差点を曲がっていくのですが、すぐにまた上り坂に。ここは本当にしんどいのです。ですが、ローソンのある石平交差点を曲がってまもなく、37.5km地点の第一安谷屋交差点に並ぶシーサーたちが待っています。ひとつひとつの顔をじっくりと見ながら一休みするのも良いのではないでしょうか。

おきなわマラソン終盤のシーサー達の応援

 

39㎞を過ぎたところで急こう配の下り坂が待ち構えています。脚がもう限界なところにきてこれは相当堪えます。しかし、目の前には中城湾が見え、ゴールまであと少し。足が攣らないように注意しながら下っていきましょう。

おきなわマラソン最後のくだり踏ん張り処

急こう配の坂を下りきったら、ゴールまであと2㎞弱。しかし、難しいと言われるこのコース、それだけでは終わりません。最後にもう一度、軽い上り坂が待ち構えているのです。

運動公園の入り口が見えたらあと一歩。そしてフィニッシュ!!

おきなわマラソンゴール

 

【エイドステーションではおきなわ名物でおもてなし】

今回はエイドの所々で色々な食べ物が提供されていました。紅芋タルト、ぽーぽー、海ぶどう、田芋パイ、もずくコロッケ、雲南百薬ところてん、などなど。とても全部は食べきれません。写真も載せきれません。

沖縄の伝統的なお菓子ぽーぽーです!

ポーポーはおきなわのお菓子

 

うるま市のもずくは漁獲量日本一。浜比嘉島の丸吉食品のもずくコロッケです。

うるま市のもずくは日本一

 

こうなると、まさか給水は泡盛!?

海ぶどう、泡盛がいりますね

【コース図と高低差】

沖縄市、うるま市、嘉手納町、北谷町、北中城村を走るおきなわマラソンのコースです。

高低差は100mあります!

【会場へのアクセス・ナンバーカード】

会場へのアクセスですが、イオンモール沖縄ライカムや熱田漁港など7か所に駐車場があり、会場間を無料シャトルバスが運行します。また、那覇市内からは路線バスで行くこともできます。

 

ナンバーカードと記念品引き換えは運動公園内の体育館(写真正面)で行われますが、大会前日のみとなっています。遠方から参加する場合は、代行業者を利用するか、近隣の宿泊施設を利用するのが良いでしょう。

 

【同時開催・ちゅうぶクワッチーフェスタ】

運動公園内ではグルメイベント『ちゅーぶクワッチーフェスタ』が同時開催されます。今年は県中部の9市町村から9店舗が出店。2日間開催されるので、ナンバーカード受け取り時とマラソン後に楽しむと良いでしょう。もちろん、ランナーでなくても利用できます。

 

クワッチーとは「ごちそう」の意味。おきなわマラソンコースの中部地区のごちそうが勢揃いしています!

この大会、完走率は80%、最下位の方で6時間22分、来年は一緒に走りませんか?

 

文・写真:浜田隆幸

【おきなわマラソン2017】

おきなわマラソン大会実行委員会のホームページはこちらです。完走者全員の氏名も出ていますよ。

沖縄県総合運動公園:沖縄県沖縄市比屋根5丁目3−1

沖縄県沖縄市比屋根5丁目3−1




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-3-28

    那覇で注目!新進気鋭の沖縄そば屋【Okinawa Soba EIBUN】

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄そば屋は数々あれど、今回紹介するお店は新しいスタイルでおしゃれな…
  2. 2017-3-17

    第二弾!?那覇牧志公設市場界隈はしご酒のススメ!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  3. 2017-3-13

    平麺が多いソーキそば発祥の地、名護沖縄そば屋5選

    沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  4. 2017-3-9

    那覇で “沖縄じかん” を感じられる人気カフェ5選

    沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …
  5. 牧志公設市場に向かうアーケード街にあるうなぎ店ぼんぼん

    2017-2-22

    うなぎ屋で飲もっ!! 喰おっ!! 那覇・ぼんぼん

    沖縄旅行をすると、地元の沖縄料理を食べたいところですが、何度も沖縄に行っていると、違ったもの…

ピックアップ記事

  1. 2017-1-30

    みんな大好き! 沖縄のパ~ン♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は沖縄のパンについてお話しましょうね~!沖縄には「第一パン」…
  2. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  3. 2017-3-14

    那覇まちまーいで国道58号線を歩く③~妖怪現る!

    58号線に焦点を当てたガイドと歩く・那覇まちまーい「沖縄の大動脈!終点から歩く国道58号…
  4. 農連市場は2017年秋に新しい店舗へ移転

    2017-2-24

    行くなら今、県民の台所那覇農連市場は今秋移転予定

    戦後の闇市から県民の台所としてスタートした那覇の農連市場、新しい建物の建設が進み、201…
  5. 2016-9-9

    一度知ったら、また行きたくなる「空港食堂」

    沖縄の旅を終えて、那覇空港へ。チェックインをして、荷物を預けたら、いつも行く店がある。 それは、お…

カテゴリー

ページ上部へ戻る