|

神秘的な空間のパワースポット「備瀬のワルミ」

神秘的な空間のパワースポット「備瀬のワルミ」

※備瀬のワルミは現在閉鎖されています。

沖縄には多くのパワースポットがあります。世界遺産に登録された最高霊場「斎場御嶽(セーファーウタキ)」をはじめ、久高島や首里城など。本部半島にある「備瀬のワルミ」と呼ばれる神が降り立ったとされる聖域もそのひとつです。残念ながら現在は封鎖され入ることができませんが。知る人ぞ知るパワースポットなのです。

備瀬のワルミは現在封鎖され、立ち入り禁止です。

出典:沖縄タイムス

2017年7月中旬より、陸側の入口が立入禁止になっています。「備瀬のワルミ」が立ち入り禁止になった理由は、ゴミのポイ捨て・違法駐車・私有地への無断侵入などの観光客のマナーの悪さが原因とされています。狭い農道に違法駐車をしたり、撮影をするために、洗濯物をどけるように言われた地元住民もいるそうです。

ちなみにこの記事は、封鎖されるかなり前に訪れたものです。

 

備瀬のワルミはワリーバンタ=崖の割れ目という意味

備瀬のワルミは、知る人ぞ知るというだけでなく、観光地化もされておらず、場所もわかりづらく、獣道を抜け、さらに海岸から行くには干潮時でないと行けない場所。いわゆる秘境です。

備瀬のワルミの入口。2017年7月中旬より、立ち入り禁止となっている。入口は閉鎖しており、陸側からの入口は利用できません。

以前は草を掻き分けて行くほどの獣道でしたが、観光客が増えてからは、入口にも看板が立てられ、ある程度は舗装はされており普通に通れるようになっていました。
ワルミへ降りていく、この道は立入禁止で閉鎖されております。復帰の予定は、未定だそうです。

とはいえジャングルのよう(笑)少し足元は悪いですが木陰で涼しく、下におりて行くにつれ、空気が変わった気がしました。

 

階段を下りると目の前には楽園のような風景が!

パワースポットである備瀬のワルミ。観光客のマナーが悪く、ゴミの散乱、駐車場問題などにより7月中旬に立入禁止が決定されました。

突然視界が広がり、夢のような風景が。空気が張りつめた聖域を感じます。高い崖の間を抜けると小さい岩が崖の間にあり、進むと崖の割れ目から青い海が見えます。岩と青空と青い海のコントラストが感動的です。

海から見たワルミ。満潮時はこの辺りも海の中です。

しかも満潮時には水かさが増し、このポイントには来られないのです。

だいぶ満潮に近づいてきました。

次第に満潮に近づいてきたよう。パワースポットはそこに入った瞬間に空気が変わるから不思議ですよね。自然に囲まれ神秘的な空間が広がります。

干潮時のみ、砂浜が広がり、この景色が見ることができます。現在は、陸路からの侵入は不可能なため、海側からの見学となっています。
数年前までは地元の人たちですら知らない人も多く、また知っている人にその場所を聞いても、迷ってたどり着けないことも多かったため、「選ばれたものしかたどり着けない場所」とも言われていました。でも封鎖される少し前には、観光客でごった返していたようです。マナーを守り、一日も早く封鎖解除される日がくるといいですね。

 

備瀬のワルミ

住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬2278

青木さなえ

セブンティーンの専属モデルや、CM、スチールなど、ティーンズモデルとして活躍する中、16歳の頃、日本テレビ年末ドラマ「なんて素敵にジャパネスク」新人オーディションで4万8千人の中からグランプリ受賞、ドラマデビュー。
その後、TBS『土曜深夜族』エンジェルスのメンバーとしてレギュラー 出演。芝居以外にも歌・ダンス・お笑いにも活動の場を広げる。 現在、フリーになり、女優業を中心に活動中。
 プライベートでは世界各国を旅をし、貴重な体験を持つ。詳しくはブログをご覧ください↓
“sanakoのモト”

2016.12.16公開、2020.4.22更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »