伊是名島の宿泊は古民家に泊まろう!実録宿泊レポ

伊是名島の宿泊は古民家に泊まろう!実録宿泊レポ

ホテルマニア マーコです。今回は沖縄本島北部の離島・伊是名島の宿泊施設のレポートです。今回はホテルではなく、古民家を利用した宿泊施設です。伊是名島は元気な島ですが、やはり人口減で空き家が増えているそうです。そんな昔ながらの空き家の沖縄古民家を「NPO法人 島の風」さんにより、宿泊施設として見事に生まれ変わることができました。

伊是名島・空家になった古民家を再生する取り組み

ね?まさに古民家でしょ?昔ながらの素敵な沖縄の家です。

伊是名島・4つの古民家を宿泊に現在貸し出し中

現在、「NPO法人 島の風」さんでは、4つの古民家を宿泊施設として貸し出しをしています。それぞれの宿泊施設の名前も、もとのおうちの屋号が使われています。
「がーぺーちん」
「あんじょーや」
「まーちぬしちゃ」
「とくもりやー」
古民家のムード満点ですね。それぞれエリアも違う場所にあるのでお好みで選ぶといいと思います。マーコ一行は「あんじょーや」と「まーちぬしちゃ」を利用しました。 「あんじょーや」は勢理客(じっちゃく)集落にあり、海まで歩いていけます。「まーちぬしちゃ」は港のある仲田集落にあり、徒歩で港や商店に行けます。そのかわり、住宅街なので風情は少しかけます。

宿泊は2泊以上。2名以上6名まで。ただし、広い設備であれば追加で布団を発注することで、10名位までは行けます。

古民家の基本設備・広さなど

宿泊施設は、本当に長く使われていた民家です。造りは沖縄の民家そのものです。広い縁側があり、上がると、真ん中には本来仏壇があったであろう、棚のそのままの一の間があります。宿泊施設にするためお部屋は全てつながれ、板の間となって1つの広間になっています。テレビもエアコンもあります。コンセントもあちこにちたくさんあります。充電喧嘩にはなりませんね。大きめのテーブルもあり、食事に酒宴に楽しそうです。

広間の左がキッチンになっている造りも、沖縄古民家の配置そのままです。ただし、内容はかなりリニューアルされています。
キッチンには大きな冷蔵庫、ガスコンロ、電子レンジ、トースター、炊飯器、食器棚など、調理・自炊には十分な設備です。

裏に回ると、布団の収納用の押し入れ。数名が寝られるお部屋。そして、洗面台、洗濯機などの水まわり、バストイレのユニット空間がります。設備はもとの古民家の設計により変わってきますので、「まーちぬしちゃー」は小さめのシャワースペース、トイレが一緒の空間でしたが、「がーぺーちん」は、セパレート形式となっています。

こちらは庭も広々で、車も止めることができます。BBQも出来そうですね!

ぶっちゃけレポ!女子にとっては泊まれる環境なのか!!!?

「清潔でないと!とかいう奴は、古民家に泊まるんじゃない!」お叱りごもっとも。ごもっともですが、特に女の子としては気になるじゃないですか?マーコの実録宿泊レポは「実のことろどうなの?」をテーマに書いていますので、ぶっちゃけます。施設自体は古いながら、NPO法人さんがしっかり手を加えてくれています。ただ、どこぞの島の、豪華リゾート施設のように「古民家風の一軒家宿泊施設」ではなく、あくまでも「古民家を宿泊施設にしたもの」であるので、不足はでてきます。

板の間に直布団

畳敷きではありません。直で布団を敷きます。布団もどちらかというと薄めです。腰の痛い人はつらいかな? 他の口コミサイトだと、腰が痛い人もいたようですね。寝具に使われてるシーツ類、ブランケット等は清潔です。

エアコンは1機

これは「まーちぬしちゃー」だけかもしれませんが、強めのエアコンが1機だけ。裏の部屋までは、扇風機で冷気を送る感じですので、「超完璧な空調」ではありません。私たちはエアコンの目の前に布団を集めて寝ました。暑い日でしたが、ギリギリ問題なかったです。

玄関はなし。もちろん鍵もなし。

これぞ沖縄の民家ですよね。玄関はありません。というか、縁側に面した部屋どっからでもあがる。これが沖縄の民家ですよね。古民家によっては台所側に小上がりがあるところもありますが、基本的に玄関は無し。そして鍵もありません。 盗人が入る心配もない島なので、問題はなしですが、100万円置いておける?と言われると微妙・・。て、そんな人は伊是名に来ないですね。

虫は?ヤモリは

女子を悩ます虫君、ヤモリ君。マーコは田舎育ちなので、ヤモリは触れるので困りませんが、都会っ子は鳴き声がする度に「ひええええ」と叫んでいました。風呂場にもいます。どこにでもいます。ヤモリ君との近さが尋常じゃないんですよね。鳴き声からするに、「あ、もう50センチ以内にいるでしょ?」という至近距離と、夜になって活動時間になると、物凄い数です。布団に寝て天井を見上げると、大きいヤモリが真上に・・。窓を見ると、かわいいヤモリのお腹と手の吸盤がはっきり・・。怖い人は怖いのかもしれませんねぇ。

そんなヤモリに強いマーコも悩まされたのが蟻。何か所か噛まれました。特に台所が多いですね。そこに荷物を置いておくと、着替えに引っ付いていたようで、噛まれました。荷物は部屋の中央に置くのをお勧めします。縁側にもいてここでも、イテテ。少し注意が必要です。その他、灯りに蛾などは普通に寄ってきますので、窓、網戸はきっちり閉めましょう。

水周りは・・・

先ほども書いたとおり、古民家ごとで設備が違います。 「まーちぬしちゃー」はトイレ、シャワー設備が一緒のタイプです。脱衣場はありませんので、同宿の人の間柄によっては、中に着替えやタオルを持ちこみ、濡れないようにする必要があり難儀しますね。 施設自体は不潔ではなく、利用していて不快ではないですが、シャワーを使えば絶対便座は濡れてしまうという構造なので、拭かないといけません。その辺が不便でした。この施設は家族の利用がいいですね。風呂場と別の洗面台もないので少人数の方がいいと思います。

マーコ的に持っていった方がいいものアドバイス

HPにも書いてありますが、バスタオル、タオルなどはないので持参を。「まーちぬしちゃー」タイプはシャワーの際に防水の袋があると便利かと。また、板の間なので、ホテルによくあるような布製のスリッパがあると便利です。

いかがでしたか?伊是名を身近に感じる古民家に宿泊、ぜひチャレンジを!

島の風の公式サイトでは、それぞれの古民家の外観や部屋の様子の写真や、施設の使用料金などが掲載されていますので、参考にしてくださいね。

★NPO法人 島の風 の公式サイトは、こちらをご覧ください。

NPO法人 島の風 

住所:沖縄県島尻郡伊是名村字勢理客1542 ☎0980-50-7330

酒人(さけんちゅ) マーコ

沖縄に通い続けて20余年、ついに総旅費は東京でマンションが買えるほどに・・ 過去は振り返らない!をモットーに、マクロな目線で沖縄レポ 得意分野はホテルと安居酒屋です!!

2018.10.12公開 2020.6.6更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »