|

漁師の町糸満で美味しいお魚を食べちゃおう!糸満漁民食堂へ行ってきました!

漁師の町糸満で美味しいお魚を食べちゃおう!糸満漁民食堂へ行ってきました!

美味しいお魚が食べた~いという事で、漁師の町、糸満にある「糸満漁民食堂」にお邪魔して来ました!「糸満漁民食堂」では、新鮮な魚料理が食べられるということで、ランチタイムには行列が出来るほどの人気店。中でもお魚のバター焼きが絶品だという噂を聞き付け行ってきました。

 

糸満漁民食堂は行列のできる人気店

OPENの10分前くらいに到着しましたがもう数組並んでいました。さすが人気店。でもこの日は観光客というよりも、地元の方が多かったような気がします。地元の方にも愛されているなんてイイ感じ!

ランチは11:30~15:00まで。ディナーは18:00~22:00まで。  

 

糸満漁民食堂の店内とメニューは?

待つこと数分で店内に案内されました。店内はとても綺麗で明るく、そして思っより広い!テーブル席の他にお座敷席、あとかまくらのような個室もありました。

この石垣のような場所も個室になっていて、まるでお城の城壁みたい。この石垣は琉球石灰岩なんですって。他にも広めの個室ありました。私はテーブル席へ。

テーブルにはメニューの他、いとまんのお魚一覧というものもありました。沖縄のお魚の名前は難しいから、この一覧表を見ながらメニューを決められます。そして飲みものメニューには泡盛もあり!私は「イマイユ(新鮮な魚)のバター焼き定食1404円(税別)~時価」を注文。この定食は、魚のバター焼きと本日の前菜2品、デザート1品が付きます。

1404円(税込)~時価という値段設定は、バター焼きの魚によって値段が変わるからなのです。黒板メニューの下の方の「尾物」というところに、それぞれの魚の値段が書かれています。その値段が定食の値段となるので、例えば高級魚の「赤仁ミーバイ」を選ぶと、2780円(税別)となり、赤仁ミーバイのバター焼きと本日の前菜2品、デザート1品が付きます。

「イマイユのバター焼き定食」を注文すると、店員さんが黒板を指さし、「どのお魚にしますか?」との質問を投げかけてきます。私はタマン(小)をチョイス!税別1300円なので、税込だと1404円!

魚のバター焼き以外にも、魚汁定食や海魚汁そばがあったり、ランチタイム限定の丼ものやイカの天ぷらなどもありました。定食や丼の味噌汁を、プラス200円でイカスミ汁に変更もできます!

この日は、お友達3人と一緒に訪れたので、 二人の友達は「土鍋で食べる魚汁定食(税別1145円)」と「マグロあら煮つけ定食(税別880円)」を注文。

糸満漁民食堂特製「しびれ醤油」

料理の出来上がりを待っている間、テーブルの上の調味料をみていると、花椒入りの刺身醤油「しびれ醤油」がありました。この「しびれ醤油」は、自家製の花椒油(ファージャーユ)と醤油をオリジナルの割合で調合したもので、糸満漁民食堂オリジナル。なのでここでしか買えない逸品です。口に含むと花椒(ファージャー)という山椒のピリリ感が口に広がると書かれてあります。辛いもの好きの私には嬉しいです。ちなみに600円(税込)で購入可能。

コチラは「イマイユのバター焼き定食」の前菜で、マグロのお刺身とタマンの炙り。お好みで黒いお皿にお醤油か「しびれ醤油」を入れますが、私はもちろん「しびれ醤油」で!花椒のピリリとした刺激と鼻に抜ける香りが、お刺身の旨味を引き立たせる感じでとっても美味しかったです。

 

イマイユ(新鮮な魚)のバター焼きには、絶品とうふようソース

「イマイユのバター焼き」のバターソースは、「アーサ(あおさ)バター」、「とうふようバター」、「うっちん(ウコン)バター」の3種類から選べ、私は「とうふようバター」ををチョイス。これが大正解!!

写真では伝わらないのが残念ですが、アツアツの鉄板に溶けたバターがジュージューの状態でやってきました!とうふようバターの香りが食欲をそそります!もずく酢とお味噌汁とお漬物、レモン付。とうふようバターとはいえ、それ程とうふようの強い香りや味はせず、バターにとうふようの甘みとコクがプラスされた感じで、お魚に絡めて食べると最高です。

そしてお友達が注文した「土鍋で食べる魚汁定食」!こちらの付け合わせにはマグロの酢味噌和え。

この日のお魚はタマンで、人参・お豆腐・にらなどなどとても具沢山。しかも土鍋が大きくボリューム満点。スープを一口飲ませてもらったところ、味噌汁っぽいのかと思いきや、実はゴマベースの魚汁。この魚汁は昔ながらの手法でとるダシを生かしつつ、芝麻醤などを加えて作っているそうです。ゴマの香ばしさが癖になる味! 

そして「マグロあらの煮付け定食」。安定の味。島豆腐にも煮つけのタレが染み込みとっても美味。マグロのあらとはいえ、身もたくさん付いています。

 

最後はデザートで〆ましょう!

私が食べた「イマイユのバター焼き定食」にはデザートが付いており、「なめらかさんぴん茶プリン」、「あったかい白玉ぜんざい」、「黒糖くずもち入り黒ごまアイス」の3品から選べます。私が選んだのは「黒糖くずもち入り黒ごまアイス」。

まったりした黒ゴマの濃厚アイスにきな粉ってとても合いますね。大満足です!

「糸満漁民食堂」はとてもクオリティが高く、店内も綺麗でスタッフも親切。そして味もいいとくれば最高ですね!ぜひ糸満に行かれた時には「糸満漁民食堂」へ行ってみてくださいね!但し、行列必至なので行くのはOPENちょい前がおススメです。  

 

糸満漁民食堂

住所:沖縄県糸満市西崎町4-17 ☎098-992-7277 営:11:30~15:00(L.O14:30)18:00~22:00(L.O21:30)火曜定休

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

2017.9.1公開、2019.8.19更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »