|

那覇から慶良間諸島まで一望できる「首里城 西のアザナ」

那覇から慶良間諸島まで一望できる「首里城 西のアザナ」

首里城というと、歓会門から入って、正殿に向かうコースで、そのまま帰ってしまうことが多いのではないでしょうか。そのコースでも、眺望はいいのだが、もっと、最高のビューポイントがある。それが「西のアザナ」。
冒頭の写真をご覧ください。那覇市内が一望できる様子がよくわかるでしょう。写真中央あたりが慶良間諸島や久米島方面に船が出る泊港。その奥にうっすら、島が見えています。肉眼で見るともっとしっかり見ることができます。ここにはこんな展望台があります。

img_1684-1

「西(イリ)のアザナ」といって、全面にパノラマビューが広がります。

dsc_0060

もっと詳しく解説しましょう!

dsc_0058

 

dsc_0059-3

どうですか。まだうっすらなので、わかりづらいかもしれません。琉球王朝時代は、当然、このようなビルは建っていません。ほぼ全面が海で、真ん中に「浮島」という島がある状況でした。牧志公設市場の裏に「浮島通り」と言う通りが名残ですね。浮島から赤く書かれた「長虹堤」、安里からまっすぐ行った先に首里城があります。中国からの使者は、この道を通って、首里城に来ます。

是非、そんな歴史を踏まえながら、現場でしっかり確認してもらえたら、首里城がもっと楽しいものになってくるのではないでしょうか。

資料提供:ガイドと歩く那覇まちまーい

資料提供:ガイドと歩く那覇まちまーい

 

さらにもう一つ、首里城にとって重要なビューポイントがあります。ご案内しましょう。どこが本幹だかよくわからないガジュマルの木や、首里城内とは思えない、小道を抜けていきます。

img_16811

 

img_1680-1

「物見台」ここから奥に見えるのは、世界遺産の一つ「斎場御獄(せーふぁうたき)」と神の島といわれる「久高島」の聖地です。

img_1676-1

こういった信仰の場所は、男子禁制で女性たちのものでした。本来は、斎場御獄まで出向いてお祈りをしなければならないですが、経費もかかれば時間もかかる。ここからお祈りを捧げたといわれています。

さて、こちらからは違った角度からの首里城正殿が見えてきます。有料区域になる正殿入り口のすぐ脇に出て行きます。無料ガイドと行く首里城正殿内の情報はこちらからどうぞ。
img_16751

今回の「まちまーい」のコースとしてはほんの一部をご紹介しました。御開場、歓会門から入るコースの案内は別途いたします。
「首里城で朝活~御開門見学~」

【首里城】

住所:沖縄県那覇市首里金城町1-2

首里城公園ホームページはこちらです。

今回ご案内くださった「ガイドと行く那覇まちまーい」のホームページはこちらです。ガイドの金城さん、ありがとうございました。

 

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »