「沖縄そばと茶処 屋宜家」は文化財に指定された琉球建築の古民家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄本島南部の八重瀬町にある『沖縄そばと茶処 屋宜家(やぎや)』は、平成21年(2009年)11月に、文化庁より登録有形文化財に指定され建物。昔ながらの琉球建築の古民家で食べる沖縄そばは絶品です。とにかく敷地内すべてが、沖縄好きな方の心をくすぐるものばかりです!

 

【沖縄の青い空と古民家と】

「沖縄そばと茶処  屋宜家」は文化財に指定された琉球建築の古民家

『沖縄そばと茶処 屋宜家』は、八重瀬町大頓(やえせちょうおおとん)の国道507号線から東に100mほど中に入った閑静な地にあります。回りはサトウキビや野菜畑等緑に囲まれて、小鳥をはじめ小さな生き物たちの楽園です。

「沖縄そば屋宜家」は文化財に指定された琉球建築の古民家のひんぷん

奥に見えるのは『ひんぷん』です。『ひんぷん』とは中国の『屏風(ぴんぷん)』から由来するといわれ、母屋の正面に配置し、目隠しと邪気(マジムン)に侵入を防ぐものとして、沖縄の古民家ではよく見かけます。昔、男性はひんぷんの右側を通り、女性は左側を通る。その理由は、右側は客間である『一番座』に直結する最短ルートであり、左側は台所に直結する最短ルートであったからです。

「沖縄そばと茶処  屋宜家」は文化財に指定された琉球建築の古民家

ひゃあ~素敵だ~!癒される~♪タイムスリップしたかのような昔ながらのうちな~の風景が広がります。やさしくて心地よい風とゆるやかに時間(とき)が流れる特別な空間。ほらね。この感じたまらないでしょ?

文化財に指定された「沖縄そばと茶処  屋宜家」は琉球建築の古民家

平成21年(2009年)11月に文化庁より登録有形文化財にしていされた、歴史ある建物なんです。

 

 

【あの頃を知らない私たちも、垣間見える歴史】

文化財に指定された沖縄そば屋宜屋の配置図

「屋宜家」の屋敷造りは概ね上記の図の通りです。主屋の真ん前(南)にひんぷんを配置し、東側にはあしゃぎ(離れ)、西には家畜小屋、北東に井戸を配置し、風水に合致した典型的な純琉球建築様式です。アプローチと主屋の北側の裏庭と傾斜地を含めて屋敷の総面積は約360坪もあるんですって!!

沖縄そば屋宜屋の中庭。ここは元家畜小屋跡

緑がいっぱいのお庭も素敵だし。

八重瀬町の沖縄そば屋宜屋は古民家

離れに住みたいくらいです。この離れの瓦は沖縄赤瓦ではなく、セメント瓦が使われています。 当時は、赤瓦よりもコストが安いため使われることがありましたが、現在は生産されていません。赤瓦葺きの家よりも絶対数が少なく、独特な雰囲気をかもし出しているセメント瓦は今となっては貴重ですよね!

 

【ただいま~!といいたくなるような店内】

沖縄そば屋宜屋は古民家、室内の仏壇には泡盛が。

実家に帰って来たように落ち着く店内。正面に泡盛の甕が置いてあるところは、仏壇ですね。立派です。

「沖縄そばと茶処  屋宜家」は文化財に指定された琉球建築の古民家の井戸

『屋宜家』がある旧具志頭村は水道の普及が遅く、飲み水の確保に苦労していましたが、『屋宜家』には井戸があり生活に困ることはなかったそうです。 当時、井戸がない家庭は天水を貯め、また木の幹を伝わってくる雨水をも容器に貯めていました。 『屋宜家』では、正月には“若水”という朝一番の水を汲み祖先に感謝を込めてお供えしていました。 まさに『命水(ぬいちぐすい)』ですね。



【そしていよいよ沖縄そばセット】

「沖縄そばと茶処  屋宜家」は文化財に指定された琉球建築の古民家の三枚肉そばセット

あぁ至福。こちらが『三枚肉そばセット(880円)』。他にも『本ソーキそばセット(990円)』や『アーサーそばセット(1030円)』、ちょっと変わった『大豆まるごと豆乳そばセット(1030円)』もあります。

「沖縄そばと茶処  屋宜家」は文化財に指定された琉球建築の古民家の三枚肉そば

鰹だし・豚骨・鶏ガラ・野菜をベースに作ったこのお出汁の旨い事!お出汁と三枚肉とかまぼことそばが三位一体・・・じゃなく四位一体(笑)

「沖縄そばと茶処  屋宜家」は文化財に指定された琉球建築の古民家のじゅーしー

野菜や昆布の入ったジューシーもツヤツヤで最高なお味。付け合わせのジーマミー豆腐も美味しかったです。

ゆったりした贅沢な時間(とき)の流れの中で歴史を感じつつ、美味しい沖縄そばを食べに行ってくださいね~!!

 

【沖縄そばと茶処 屋宜家】

住所:島尻郡八重瀬町大頓1172 ☎098-998-2774 営業時間:11:00~14:00 定休日:火曜

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

 

 

文、写真:沖縄大好きケコさん

10329184_2_n

てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」やインスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

ツアー予約
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2018-11-19

    森カフェは沖縄の自然いっぱいに癒されたい!北部カフェ4選

    沖縄と言えば青い海のイメージですが、実は亜熱帯の木々の中にひっそりと佇む、癒しの『森カフェ』…
  2. 2018-11-17

    ISSAが夜の市長に就任した沖縄市コザでライブハウスを朝までハシゴ!

    沖縄市はISSAさんの出身地で「沖縄市ナイトメイヤー(夜の市長)」に就任しました。 夜の街…
  3. 2018-11-5

    那覇市久茂地・紅虎餃子房でマウンテンカツカレーを食べてきた!

    最近じわじわと巷で噂になっている、那覇市久茂地の紅虎餃子房の『マウンテンカツカレー』。大盛の…
  4. 沖縄で美味しい日本蕎麦が食べられるお店5選

    2018-11-1

    沖縄で美味しい日本蕎麦が食べられるお店5選!

    最近の沖縄は日本蕎麦のお店が増えています。私が沖縄に移住してきたときには、数えるほどしかなか…
  5. 2018-10-27

    浦添市の「蕎麦と肴処 和ノ実」で、蕎麦前を楽しもう♪

    沖縄といえば沖縄そばが有名ですが、最近の沖縄は日本蕎麦のお店も増えてきているようです。本土出…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

    2018-7-1

    暑さを逃れ、星や月を見ながら走る「伊平屋ムーンライトマラソン2018」

    美しい自然と原風景が残る「伊平屋島」。200mを超える緑の山々。広々とした田畑。サンゴ礁が連…
  2. 2017-1-9

    安くて美味しい!沖縄限定アイス♪

    沖縄でしか買えない「沖縄限定アイス」を紹介しましょう。沖縄で有名なのはブルーシールアイスですが、それ…
  3. 2017-5-11

    「浜比嘉島」パワ―スポットとゆったり過ごせる島

    ★体験レポート ~青木さなえさん 沖縄本島(勝連半島)と平安座(へんざ)島を結ぶ海中道路から平安座…
  4. 2018-6-11

    新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛を飲んでみた

    沖縄ファミマファミリーマート限定のカップ泡盛といえば「珈琲泡盛」が有名ですよね。カップ泡盛は…
  5. 2017-10-4

    那覇国際通り界隈で歩いて巡れるおすすめ雑貨屋6選!

    沖縄のツアーを予約する みんな大好き雑貨屋巡り!沖縄ならではの人気雑貨から懐かし…

イベントカレンダー

11月 2018
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 10月   12月 »

カテゴリー

スポンサーリンク

楽天トラベル株式会社

ページ上部へ戻る