• このエントリーをはてなブックマークに追加

★沖縄大好きケコさんレポート

さて今回は食べると必ず病みつきになること間違いなしのまぜ麺があると聞きつけ、琉球じゃじゃ麺屋さん「モガメン」へ行ってきました!最近美栄橋から安里へと移転されたそう♪どんなお店なのか楽しみです!ではいってみよ~




【場所はゆいレール安里駅から徒歩1分】

行ってみるとほんとに安里駅からすぐのビルの5Fにモガメンはありました!

安里駅前のモガメン、テラス席

モガメンのテラス席から見た風景!ゆいレール安里駅のホームも見えちゃうくらい近いです(笑)テラス席からゆいレールを見ながら呑むのもいいなぁ~

 

【店内が素敵すぎる★】

店内にはカウンター席とテーブル席、テラス席がゆいレール側とは反対側の2か所!!イイ感じっス!

安里駅前モガメンのカウンター

カウンター席!

 

安里駅前モガメンのテーブル席

テーブル席!ソファーとテーブルがオシャレ!

 

安里駅前モガメンのテラス席2

ゆいレール側とは反対側のテラス席。どの席も妙に落ち着く雰囲気。長居しちゃいそう(笑)ちなみに店名「モガメン」の由来は、オーナーが茂上(モガミ)さんという名前でモガミさんの麺だから「モガメン」。なるほど(笑)

 

【メニューは・・・?】

安里駅前も画面のメニュー

じゃじゃ麺はモガメン看板メニューの「琉球じゃじゃ麺Z(大850円・中700円・小600円)」、刺激がほしいアナタへ・・・「旨辛じゃじゃ麺X(大950円・中800円・小700円)」、香ばしさがたまらない「焼きチーズじゃじゃ麺G(大950円・中800円・小700円)」、さっぱり感が癖になる「梅とろじゃじゃ麺(大950円・中800円・小700円)」の4種類。

 

ちなみに琉球じゃじゃ麺とは、モガミさんが東京でのラーメン修行時代に味わった「盛岡じゃじゃ麺」を元に、沖縄県産食材を用い、うちなんちゅの舌に合うよう独自のアレンジを加えたまぜ麺の一種なんですって♪

 

この日は「琉球じゃじゃ麺Z」の小(600円)と「旨辛じゃじゃ麺X」の小(700円)を注文!温かいのと冷たいのが選べるということで、どちらも温かい麺にしました。沖縄県産食材を使ってるのは嬉しいし、めっちゃ楽しみだわ!

 

【その他のメニューやドリンクも豊富】

黒板には前菜やおつまみのメニューが。しかもどれも美味しそう!

ドリンクもビール・ワイン・日本酒・焼酎・ハイボールとよりどりみどり!そしてゆし豆腐スープが飲みものメニューに(笑)たしかに飲みものだけど(笑)

 

【これって間違いなく病みつきになっちゃうやーつーです】

まずは「琉球じゃじゃ麺Z」が登場!も~こういうの好き!大好き!

安里駅前モガメンの琉球じゃじゃ麺

ゆし豆腐とシークワーサー付き。人参・パプリカ・ハンダマ・もやしのナムルと海苔。彩も鮮やか!スプーンにはチーズと生ハムとおっとと。じゃじゃ麺の手前の緑のやつは「ビーノ」とか「さやえんどう」というスナックだと思われる(笑)これが不思議なことに合うんだな~♪そして琉球じゃじゃ麺の肉味噌は、県産豚の挽き肉に数種類の野菜、そして黒糖や久米島産の味噌や黒ゴマが入っててかなり濃厚!だから麺によく絡む~!

そしてコチラが「旨辛じゃじゃ麺X」。同じくゆし豆腐とシークワーサー付き。旨辛だけあって鷹の爪が乗ってます。コーン・ハンダマ・キムチ・冷凍プチトマトに海苔。基本の肉味噌に山椒やスパイスを加えてあるようで、これをまぜまぜして食べると、くぅ~!!!刺激的な辛さだ!山椒がきいてて痺れる美味さ!確かに病みつきになるね(笑)

で、麺を食べ終わる頃に「追い飯とスープ、どちらにします?」と聞かれ、両方をお願いしました。まず追い飯は「琉球じゃじゃ麺Z」へ投入~!

まぜまぜしてまぜゴハンの出来上がり~!肉味噌と絡んで美味しいに決まってるよね(笑)

そして「旨辛じゃじゃ麺X」にはスープを投入~!このスープがまた美味い!かつお節・いわし節・さば節、いりこの4種類で取ったダシに昆布をプラスした黄金スープ。まさに聖水と呼んでも過言ではない(笑)

それを残った肉味噌の中に入れると、ピリ辛でコクのあるめちゃウマなスープになるんです。残そうと思っても後を引いて残せないんだから(笑)

途中でお好みの調味料(酢やニンニク・生姜・辛味ダレ)を少しずつ継ぎ足しながら食べるのもおススメ。自分好みの味に寄せちゃってください(笑)

じゃじゃ麺を食べ終わり、今回注文したのはどちらも小サイズだったけど、結構ボリュームあるし大サイズだとどうなっちゃうんだろう~?なんて独り言を独り言じゃないボリュームで呟いてしまうくらい大満足の瞬間、お口直しの「シークワーサーゼリー」が出てきちゃったりするんだもんな~!もうトリコになっちゃう(笑)さっぱりして美味し~!

 

【モガミさんという男】

沖縄出身の茂上さんは沖縄の大学を卒業後、サラリーマン→東京の有名ラーメン店で修行→沖縄へとUターン。そして北谷にあるカフェ「アソシア」で2年ほど働き、沖縄でまだ誰もやってないことをやりたいと、当時の沖縄にはまだあまりなかった「まぜ麺の店」を始められたそうです。

安里駅前モガメンのオーナーモガミさん

美味しいじゃじゃ麺と細やかな気配り。そして居心地のいい店内!こりゃ~リピ決定ですな(笑)ぜひ皆さんも琉球じゃじゃ麺屋さん「モガメン」を食べに行ってくださいね~!

 

*イベント出店等で定休日以外にお休みする場合がございます。来店前に必ずSNSをご確認くださいね!

モガメンのFacebookページはコチラ

 

【琉球じゃじゃ麺屋さん モガメン】

住所:那覇市安里388‐52 ☎090‐2416‐1008 営業時間:18:00~27:00(L.O26:00) 定休日:毎週木曜日

沖縄県那覇市安里388‐52

 

文、写真:沖縄大好きケコさん

10329184_2_n

てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」やインスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

 




 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 栄町の炭火焼鳥二万八千石は絶品

    2018-6-22

    ボリューミーな絶品焼き鳥。ぶらり栄町「二万八千石」

    さぁ久しぶりに栄町に繰り出しましたよ~!ボリューミーで絶品な焼き鳥が食べられると評判のお店「…
  2. 鮮魚がウマい旬鮮居食屋 「知花冷凍食品」

    2018-6-20

    冷凍食品店ではありません!鮮魚がウマい旬鮮居食屋 「知花冷凍食品」

    牧志公設市場のすぐ裏にあるこの店、最初はその店名「知花冷凍食品」に驚かされる。冷凍食品を調理…
  3. 2018-6-19

    沖縄初の盛岡冷麺専門店「Chillri ちるり 」

    梅雨が明けると暑い暑い夏がやって来る沖縄。そんな暑い日には冷たい冷麺はいかが?沖縄で初めての…
  4. 2018-6-12

    おきなわ食べる通信&沖縄Repeatコラボ企画「くんじゃん命豚と泡盛の会」

    沖縄には熱いこだわりを持った生産者さんたちがたくさんいます。決して大量生産できないし、安くす…
  5. 2018-6-10

    カップライス専門店が沖縄初上陸「MARKET SS43」

    那覇市牧志にカップライス専門店「MARKET SS43」がOPENしました。最近ジワジワと人…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 2017-12-26

    沖縄のお土産を買うならコレ!最新情報2017冬!!

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回はお久しぶりにオキナワンお土産2017年冬バージョンをお届け…
  2. 2018-6-11

    新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛を飲んでみた

    沖縄ファミマファミリーマート限定のカップ泡盛といえば「珈琲泡盛」が有名ですよね。カップ泡盛は…
  3. 2017-6-14

    地元のお客様に愛される店、名護の「小料理ひざくら」

    2016年1月にオープンして1年半、地元の食材と地元のオリオンビール、やんばるの泡盛と、地元のものに…
  4. 2018-2-11

    国際通りドンキホーテで買える変わり種沖縄土産!最新情報2018春♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて国際通りドンキホーテで買えるオキナワンお土産2018年春バージョ…
  5. 2018-2-2

    那覇空港で買うべき沖縄限定フード!最後まで沖縄を満喫しよう♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて沖縄に旅行に来るときはワクワクドキドキ楽しいですが、帰るときは後…

イベントカレンダー

6月 2018
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
« 5月   7月 »

カテゴリー

スポンサーリンク

楽天トラベル株式会社

ページ上部へ戻る