土日しか営業しない初代ソバ王「いしぐふー」やんばる店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


★体験レポート ~青木さなえさん

北部沖縄やんばるの海と森に囲まれた小さな集落に、初代沖縄そば王に選ばれた店があると聞いてやってきました。「琉球放送」の企画で、県内の沖縄そばの人気ナンバーワンになったお店。2003年沖縄そば専門店「いしぐふー1号店」が誕生。今や8店舗もある「いしぐふー」ですが、その1号店がまさにここ今のやんばる店で、土日祝日しか営業してないお店なんですって。



【土日のみ営業で売り切れご免】

お店やってる日で良かった~!

 いしぐふーやんばる店は土日のみ営業

「いしぐふー」は、アグーだし・手もみ麺・かつお節など厳選材料を使った沖縄そば屋で、食材から器に至るまで全てにこだわり、11品手作りのため、約100食限定。売り切れちゃったらごめんなさいらしい。

また店舗によって、オリジナル手揉み麺・自家製麺・手打ち麺と、様々な麺を楽しむ事ができるんですって。

さてこちらのやんばる店は、どんな沖縄そばが用意されてるんでしょうか?

ワクワク~

 

店内はおそば屋さんというより、避暑地のカフェのような店内。天井も高く、木のぬくもりを感じる素敵な空間です。

 

テラス席(ペット可)もあり、こちらでもお食事ができるようです。

 ペット可、テラス席

【昔ながらの製法でつくる木灰そば】

本来、沖縄そばの製法は、昭和30年頃まで「木灰」を使用していたそうです。「がじゅまる」などの木を燃やし作られた「木灰」を水に浸し、上澄みをすくい、粉に「つなぎ」として混ぜていました。

「木灰」の中には、カルシウム・カリウム・ナトリウム・マグネシウムなどの無機塩類が豊富に含まれおり、強く練り込んでいくことで独特のこしとモチモチの食感と風味が生まれたそうです。

 

現在の沖縄そばは、そば粉は使わず、小麦粉に「かん水」を使った麺が主流な中、こちらのお店は、昔ながらの製法で作る本来のそばを食べてほしくて、木灰そばの自家製麺をはじめたそうです。

 

やんばる店の特別メニューは地鶏だしのいしぐふー麺と聞いたけど、こちらが看板メニューかな。

せっかくなので、セットで頼んじゃいます!

 

初めに出てきたのがサラダ。シンプルに沖縄ならでは油みそだけでいただきます。沖縄では定番のじゅーしー(炊き込みご飯)と一緒にメインがきました!

いしぐふーそば(卵焼き、本ソーキのせ)。大きな玉子焼きがトッピングされています。

実は、当初の「沖縄そば」には玉子が乗っていましたが、いつの頃か、玉子をトッピングする習慣がなくなっていったそうなんです。しかし、本来の沖縄そばを食べてもらいたいと、「沖縄そばの原点」にこだわり、いしぐふー」さんでは、卵焼きがちゃんと上にのってます。

 

 

またこの店のこだわり麺は、今年収穫された自家栽培の小麦をブレンドしたオリジナル麺。特徴的な強い「コシ」と「つるつる」とした食感。

大将お手製の平打ち麺は、他の沖縄そば屋さんでは味わえないものになってます。

 

またおダシも美味い!

長い年月をかけて、ようやく仕上がったおダシは、かつお節を求めて数年も探し回り、日本一と名声高い、職人から究極の「かつお節」を入手。江戸時代から変わらぬ製法で作られた「かつお節」を使用しているとのこと。

 

さらに沖縄県の豚、あぐー(アグー)をダシに使用した贅沢なスープ。

いしぐふーこだわりの麺と、この究極のおダシとの相性も抜群で、あっさりとした中にもコクがあるという、何とも絶妙なバランスで納得の“沖縄そば王”です。

またお客様に心のこもった手作りで「おもてなし」したいと思い、店舗、椅子、テーブルまで、全て手作りしたそうです。

 

この器(うつわ)は、陶芸で作った作品なんですね~。店内にも陶芸した時と思われる写真や陶芸作品も飾ってありました。

 

折り紙で作った可愛い指輪までいただいちゃいました!

全てが手作り、作り手側の思いが伝わる「沖縄そば」でした。

 

【いしぐふー やんばる店】 

住所:沖縄県名護市安部505

駐車場:有り 営業時間午前11:00 – 午後3:00

電話:0980-55-8081 土・日・祝日のみの営業となります

 

「いしぐふー」ホームページはこちらです。

沖縄県名護市安部505

 

沖縄そばの画像を見て当てる!沖縄クイズ「沖縄そば編」は、こちらです。

是非、チャレンジしてみて下さいね!

 

文、写真:青木さなえ

体験レポーター青木さなえさんのプロフィールです!

sanaeセブンティーンの専属モデルや、CM、スチールなど、ティーンズモデルとして活躍する中、16歳の頃、日本テレビ年末ドラマ「なんて素敵にジャパネスク」新人オーディションで4万8千人の中からグランプリ受賞、ドラマデビュー。その後、TBS『土曜深夜族』エンジェルスのメンバーとしてレギュラー 出演。芝居以外にも歌・ダンス・お笑いにも活動の場を広げる。 現在、フリーになり、女優業を中心に活動中。プライベートでは世界各国を旅をし、貴重な体験を持つ。詳しくはブログ“sanakoのモト”をご覧ください



ツアー予約
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2018-8-19

    大宜味村「笑味の店」なぜ、長寿村なのかカラダでわかるお店!

    長寿の村・大宜味村にある「笑味(えみ)の店」。管理栄養士で学校栄養職員だった店主「笑子」さん…
  2. 地元のフルーツや泡盛を活かしたソフトクリーム屋さん(石垣島)

    2018-8-18

    石垣島「ゆるあみ」地元のフルーツや泡盛を活かしたソフトクリーム屋さん

    『石垣島ソフトクリームと焼き芋 ゆるあみ』は石垣島の市街地、ユーグレナモールから18番街へ一…
  3. 創業36年のパワフルフード「ブエノチキン浦添」

    2018-8-16

    創業36年のパワフルフード「ブエノチキン浦添」

    ニンニク・お酢・ハーブたっぷりの沖縄のソウルフード【ブエノチキン】。沖縄では知らない人はいな…
  4. 2018-8-13

    「アイスモンスター」沖縄に台湾で人気のマンゴーかき氷が上陸!

    暑い夏!そして沖縄の夏はまだまだ続きます。こんな暑い日には冷た~いかき氷を食べてクールダウン…
  5. ステーキにライス、スープ、ビール付き1000円!百爆ステーキ!

    2018-8-6

    沖縄にステーキ1000円でビール付きが登場!百爆ステーキ!!

    沖縄の1000円ステーキの店は数々あれど、とうとう1000円で「ビール付き」のステーキ屋さん…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 2017-8-21

    はみ出す美味さ!チムフガスの氾濫バーガーinウミカジテラス

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回紹介するのは、那覇空港の南、豊見城市瀬長島「…
  2. 2017-6-14

    地元のお客様に愛される店、名護の「小料理ひざくら」

    2016年1月にオープンして1年半、地元の食材と地元のオリオンビール、やんばるの泡盛と、地元のものに…
  3. 2018-8-1

    安室奈美恵展覧会は沖縄会場がアツイ!「namie amuro Final Space」開催!

    9月16日で引退となる安室奈美恵の25年の軌跡を辿る、体感型の展覧会【namie amuro…
  4. ちはや書房は那覇中学前です。

    2017-2-27

    沖縄本がいっぱい!セレクト古本屋♪ちはや書房!

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は私にとっての夢の国、沖縄の古本屋【ちはや書房】の紹…
  5. 2017-11-18

    忘年会シーズンには必須!二日酔い対策を検証してみました!

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて11月も中旬に入ってまいりました!来月12月はもちろん、早いとこ…

イベントカレンダー

8月 2018
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
« 7月   9月 »

カテゴリー

スポンサーリンク

楽天トラベル株式会社

ページ上部へ戻る