• このエントリーをはてなブックマークに追加

★体験レポート ~青木さなえさん

阿嘉島(あかしま)は、沖縄本島の那覇から西に40kmの海上に点在する、大小20あまりの島々からなる慶良間諸島の一つで、座間味村に属し、座間味村の有人島の中で2番目に大きな島です。

阿嘉島へは、那覇の泊港から高速船(クィーンざまみ)、フェリーざまみで行くことができます。時間は、高速船で約50分、フェリーで約90分。
今回私たちは、渡嘉敷島から「みつしま」という船に乗って行きました。



渡嘉敷島の阿波連港から、みつしまが出航します。那覇から到着する渡嘉敷港とは山越え谷越えの反対側の港です。阿波連港からすぐ沖合にある無人島。

 

これがかの有名な「シブがき島」??

離島(パナリ島)がシブがき島と呼ばれるようになったのは、19881102日、人気絶頂だったシブがき隊が解散した日、あるテレビ局の企画で、パナリが「シブがき島」と命名されたらしいのです。中学生の頃、私もシブがき隊が好きでした。握手会に行ったこともあるし。

そして、その像がこれ

らしいです。。。       ノーコメントで〜( ̄▽ ̄;)。

 

さて、以前までは渡嘉敷島と座間味島・阿嘉島間の移動はいったん、那覇まで戻らなくてはなりませんでした。

今や船で20分で到着。便利になりました。阿嘉島では映画『マリリンに会いたい』のシロがお出迎えです。

 

 

島の半分が森林原野で、野生のケラマ鹿が生息しています。本土の鹿より茶色がかり、少し小さめ。昼間だとニシハマビーチ、夜はガサゴソと夜の集落で良く見かけます。

 

阿嘉島で最も有名なビーチといえば、北浜(ニシバマ)ビーチ(沖縄方言で北は「ニシ」と呼ぶ)。美しい白砂の浜が1kmほど続き、これぞケラマブルー。

美しいビーチのすぐ近くまでサンゴ礁があり、シュノーケリングするには最高です。沖合50~80mまでが遊泳区域でそこからはドロップオフになっていてそこから先へは遊泳禁止になります。

 

ビーチと反対の山側には階段があり、展望台があります。

また、海の家があり、軽食やマリングッズのレンタルもやってます(3月〜10月位まで)。

 

 

ニシハマビーチまでは、集落からは少し歩くので、宿の方にお願いするとたいてい送迎してくれますよ!
そして、私イチオシの亀スポット「阿嘉ビーチ」。阿嘉港の隣にある隠れ家的ビーチです。


砂浜というより、テトラポットが目印。私は何度も訪れていますが、カメ遭遇率100%、てっぱんです。

どうやら住みついているようですね。少し探しますが、かなりの確率でカメとシュノーケリングできますよ

 

 

そして、阿嘉集落の目の前にあるのが、前浜ビーチ。のんびりゆったり、三線あったら最高のひとときです。

 

そして、集落からさらに西側に登って降りるとヒズシビーチという夕日がキレイなビーチがあります。

ここは入口が坂の上にあり、少し遠いので、あまり人がいなくプライベートビーチのようです。

こじんまりしていて波も穏やか。木陰も多く、のんびりできるビーチ。

ヤドカリがたくさんいます。ヤシガニのチビみたいなのもいます。

夕日がキレイなんだけど、日が暮れると奥地なのでちょっと怖いかも。その際はライトはお忘れのないように。

 

【みつしま】

座間味村の阿嘉島と渡嘉敷村(渡嘉敷島)の阿波連を結ぶケラマ航路の「みつしま」は予約制ですので、前日17時までに電話で要予約。

基本となる航路は座間味島と阿嘉島を結ぶ(座間味村の)村内航路。阿波連行き、もしくは阿波連からの予約があったときだけ、阿嘉-阿波連間を運航してくれる。

通常時の運航:「村内航路」 座間味→阿嘉→座間味

予約時の運航:「ケラマ航路」 座間味→阿嘉→阿波連→阿嘉→座間味

船は座間味村の定員12名の小型船「みつしま」を使用する。

座間味村役場産業振興課 船舶係 電話:098-987-2614

料金: 大人片道¥700 ※阿嘉⇔阿波連、座間味⇔阿波連、いずれも片道料金は¥700

課税: 環境協力税¥100 ※渡嘉敷村に入る際のみ環境協力税が徴収される。

座間味村の公式ホームページはこちらです。那覇からの船の案内も含めて詳しくわかります。

 

沖縄県島尻郡座間味村阿嘉

 

文、写真:青木さなえ

体験レポーター青木さなえさんのプロフィールです!

sanaeセブンティーンの専属モデルや、CM、スチールなど、ティーンズモデルとして活躍する中、16歳の頃、日本テレビ年末ドラマ「なんて素敵にジャパネスク」新人オーディションで4万8千人の中からグランプリ受賞、ドラマデビュー。その後、TBS『土曜深夜族』エンジェルスのメンバーとしてレギュラー 出演。芝居以外にも歌・ダンス・お笑いにも活動の場を広げる。 現在、フリーになり、女優業を中心に活動中。プライベートでは世界各国を旅をし、貴重な体験を持つ。詳しくはブログ“sanakoのモト”をご覧ください



沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 大輝鮮魚店の店内とビール

    2017-5-26

    那覇で魚がうまい!酒が呑める魚屋?「大輝鮮魚店」

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄のお魚ってあまり美味しくない・・・というイメージですが、最近は沖…
  2. 2017-5-19

    観光客だけじゃなく、地元の方が多く集う沖縄料理ベスト10-後編

    沖縄料理といえば、豚肉を余すところなく使った料理を思い浮かべますが、地物の野菜をふんだんに使った料理…
  3. 2017-5-19

    観光客だけじゃなく、地元の方が多く集う沖縄料理ベスト10前編

    沖縄に来たら、沖縄らしい食べ物を是非食べたいと思うはず。そんな時は、ガイドブックだけに頼ることなく、…
  4. 2017-5-14

    東南アジアの情緒が漂う、安里・栄町で南国気分を満喫

    那覇の観光地と聞くと首里城や国際通りなど華やかで活気のあるイメージと松山エリアを中心とする繁華街を耳…
  5. 2017-5-8

    国際通り界隈のクセになる麺屋さん3選

    ★沖縄大好きケコさんレポート 一昔前まで沖縄で麺類といえば沖縄そばでしたが、最近の沖縄はラーメン(…

ピックアップ記事

  1. 2017-1-18

    みんな大好き!沖縄おもしろTシャツ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 国際通り界隈を歩いていると目につくのがおもしろTシャツ!みなさんも目…
  2. 58号線旭橋交差点

    2017-3-11

    沖縄那覇まちまーいで国道58号線を歩く②~まちに竜が現る

    沖縄の国道58号線に焦点を当てたガイドと歩く・那覇まちまーい「沖縄の大動脈!終点から歩く…
  3. 2016-12-10

    壺屋やちむん通り 番外編

    壺屋やちむん通りにはやちむん以外にも楽しめる場所があるのをご存知ですか?今回はちょっとだけ深く踏み込…
  4. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  5. 2017-1-4

    猫大好き! にゃんこ天国沖縄!!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄には猫が多いですよね~。猫好きにはたまらないのではないでしょうか…

イベントカレンダー

5月 2017
« 4月   6月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリー

ページ上部へ戻る