|

10月9日国道58号線で、世界一の「那覇大綱挽2016」!

10月9日国道58号線で、世界一の「那覇大綱挽2016」!

毎年、体育の日を含む土日月曜に行われる「那覇大綱挽まつり」。(写真は那覇市から提供いただいています)
今年は10月8日~10日に行われる。メインイベントとなる「大綱挽」は、国道58号線久茂地交差点を中心に

10月9日(日)14:30~17:00の開催だ。

期間中は、国際通りにて、10/8市民演芸・民族伝統芸能パレード、10/9旗頭行列、10/8~10奥武山運動公園にて市民フェスティバルが行われる。詳細は最後にリンクしています「那覇市観光協会」ホームページご覧ください。

写真提供:那覇市

写真提供:那覇市

【ギネス認定世界一の大綱挽】

那覇大綱挽は琉球王朝の時代にさかのぼり、国際交流都市として繁栄するに伴い、国王襲位の慶弔祝賀行事としてひかれるなど、琉球王国独特の大綱挽に成長し、1935年(昭和10年)まで挽かれてきました。
沖縄戦で中断され、1971年(昭和46年)那覇市制施行50周年を記念して復活しました。
そして、1995年(平成7年)ギネス認定、さらに97年その記録を更新し、全長186m、総重量40トン220kg、綱直径1m58cm、手綱数236本、挽き手1万5000人、参加人員27万5000人と認定登録されました。
一般の方々も参加することができ、国籍や性別年齢を超えた一大イベントでテレビ中継されるほどの大行事に発展しています。

黒装束のむむぬちはんたー(股引半套)を身にまとった各地区の青年たちが舞う旗頭(はたがしら)が、この綱挽を応援する村の旗印であります。

写真提供:那覇市

写真提供:那覇市

西方 琉球王朝を統一させた尚巴志と 東方 最後の北山王攀安知(はんあんち)の対決

赤い台の上でそれぞれの大将がにらみ合い、綱引きが始まる!!

写真提供:那覇市

写真提供:那覇市

これまで東14勝 西13勝 引き分け15回とほぼ互角、さて今年はどちらに軍配が上がるか。挽き手として参加するか、応援する方に回るか、どちらにしても那覇に飛んでいきたい大綱挽だ。

国際通りにあるてんぷす那覇(那覇市牧志3丁目2−10)にこの綱が常設されています。

IMG_0773

IMG_0769

綱挽の中心・久茂地交差点

住所:沖縄県那覇市久茂地2-2

会場やスケジュールなどの詳細は下記をご参照ください。

那覇市観光協会:那覇ナビ

那覇大綱挽保存会

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »