国内線オーバーブッキング体験談 沖縄に行けないのアタシ?

国内線オーバーブッキング体験談 沖縄に行けないのアタシ?

一時期とても話題になった航空会社のオーバーブック。沖縄リピートの読者の皆様は遭遇したことありますか?
メディアはこぞって 「あなたも降ろされる!?」なんて話題にしていましたが そんなことは普通はありません。
が! マーコは、すれすれを体験しました。沖縄に行けないの?と不安になった一瞬が。

オーバーブック体験記 沖縄便に乗れないかも

「オーバーブッキングで乗れないかも」体験はしましたが、それでも一般の方は滅多にそんな目には遭わないという理由も一緒にご説明したいと思います。
ま、正直その時はかなりビビリましたけどね。
※今回利用する画像は、実際のシーンとは関係ないものです。ご了承ください。

オーバーブックの起きる仕組み

昨年はオーバーブックが起きた海外の航空会社で 乗客が引きずり降ろされるなんてこともあり注目されましたね。 その後日本の航空会社でも オーバーブックの処理に手間取り、飛行機が欠航するなんていう事態も起きました。どうして席以上の予約を取るのよ!っていいたくなりますけど、これは旅行業界のみならず「予約」というものには付きまとう問題。
「キャンセルを見越して多めに予約取る」ことで発生します。

席数ちょうどで予約を受けていては多く空席を残したまま飛ぶことになり、収益に影響が出ます。
そこで航空会社はこれまでの経験値から、
「この時間のこの便はこれくらい余分にとってもキャンセルが出る」
というような予測があってそこまで席数を解放することもあります。

また、航空会社も営業部門があり、コントロールも手動で行うこともできるわけですから、例えば重要な取引先から「どうしても席を確保してよ!」と言われ、「まあ最後はキャンセルでるし」と多めに予約を受けてしまった便が意外に最後予約がでなかったりして「席が足りない!」となるわけです。

その他、超VIPなど、急に乗せなければならない人用の席のある便も存在しています。それが結局使わなければそれが空くことになります。

オーバーブッキングで降ろされる「優先順位」が実はある。

オーバーブッキングで降ろされるのに優先順位って言うのも変ですが、この人から降ろそうっていう「チケットの種類」があります。
航空会社のサイトから買う「普通運賃」やパッケージツアーのチケットなど航空券には様々な種類、金額があります。
便が変更できたり、できなかったり、マイルがたまったりたまらなかったり、いろいろありますね。

普通運賃やツアー用のチケットなど一般的なものから、航空会社の社員が使える福利厚生的な身内チケットや取引先に配られる超安価なチケットのような特別なものまで多岐にわたります。

まず降ろされるのはそういう特別なチケットのお客さんです。というのも、そういうものを利用する場合は予め「満席なら降ろすことありまっせ」というのを承諾して予約しているからなんです。
だから声をかけられても文句は言えません。
文句は言えませんが、滅多に起こるものではないので本当に遭遇するとびっくりはします・・。

オーバーブッキングで沖縄に行けないかも?マーコ体験談

自動チェックイン機でチェックインできない!

ある金曜日の夕刻。同僚3人と羽田空港へ。
私は窓際が好きなので予め座席指定をしていましたが、1名の同僚がまだしていないので、チェックインマシンへ。

オーバーブックで空港チェックイン機が使えない沖縄便に乗れないかも

すると 、「マーコさん、見たことないエラーメッセージが出てチェックインできませんけどどうしましょう?」と困り顔。
機材変更などがあったりして機械でチェックインできず、たまに有人カウンターへ行け、というようなメッセージが出ることがありますが、今回のメッセージは違いました。
「お話がございますので・・」的なやつだったかと。

 

恐る恐る、有人カウンターへ

嫌な予感がしながらも有人カウンターへ行くと、「オーバーブックで現在ゲートで後続便への変更への協力者を募っているので、座席指定していない方をいったん止めて事情を説明している」とのこと。

そうなんです、座席指定をしていると空港でのチェックインがいらないのですんなり通れるのですが、してないとこういうことになります。(降ろされるメンバーに入ると言うこととではないです)

 

大荷物をもったままゲート内へ行くことになる

しかも私たちのチケットは出張用の特別低価格チケット。
先述どおり「降ろされても文句いうなチケット」です。座席指定をしていた私たちも含めて、このままオーバーブックだと最初に降りてもらう人になる、とのことで、本当は機内預けにしたい大きいキャスターバッグも預け入れできないことに。(降りる羽目になったときに、荷物を再度取り出さないといけないので)

オーバーブック体験、大荷物を持って沖縄便搭乗口へ

「特別なタグをつけるので、手荷物検査を通れますからそのまま搭乗口へ行ってください」と言われるままに、普段は絶対に通らない大きな荷物をもったまま検査場へ。 やはりこういうことはあるのか、係員も慣れたもので 「ゲートで預けるんですね」と通してくれました。まわりの一般乗客は不審者を見る目で見るんですけど・・・

 

アナウンスで降りてくれる人募集してる!!

搭乗ゲート付近に着くと、アナウンスで
「オーバーブックしていること」
「あと5名待っていること」
「後続便に乗ってくれた場合の返礼マイルと金額について」
が繰り返し案内されています。

普段搭乗時間などが案内されるモニターにも同様なことが掲示されています。

 

搭乗ゲートのカウンターに呼ばれる

私たち(降ろされる候補)がチェックインしたのが伝わったのか、搭乗ゲートのグランドホステスさんからマイクで呼ばれました。「なんだあの人は?」的な視線が痛い・・。

オーバーブック体験で羽田空港搭乗口で足止め、沖縄便に乗れないかもしれない

カウンターに行くと、いまのところ5席のOB状況がかわらないこと。この便から降りたところでこの後の今日の2便は既に満席どころか若干オーバーブックが出ていること。私たちのチケットが「降りること了承」のチケットである再確認をされました。

わかっちゃいるけど、こちらも仕事なので今日中には行きたい!だめでも明日の2便目までに乗りたいとお願いもしました。

 

降りてくれる人への「対価」が釣り上がった!

ベンチに戻ると、さらにアナウンスで席をゆずる「対価」が釣りあがる案内がされます。呑気な同僚は 「自分が一般客ならお金もらって譲るなあ」と言っています。

 

沖縄便の搭乗がはじまる!!どうなる私

沖縄便の搭乗がはじまりました。
イコール チェックインも締め切り時間をむかえたことになります。
幸運なことに予約をしていたが空港に現れなかった人がいたようで席が空きギリギリ乗れることになりました。最後の最後でチケットを渡されます。
ここまで持ち込んでいた大型の荷物は搭乗ゲートで預けます。
那覇空港では普通のターンテーブルででてくるとのこと。

なるべくオーバーブックを回避するには

先述通り、滅多に一般のかたはオーバーブックの際の降りる対象にはなりません。
ただ、先ほど書いた同僚のように座席指定をしていないで遅くにチェックインした場合はチェックインカウンターで止められ事情を話されることになります。
座席指定されないままゲート内にはいることもあり得ます。
なので座席指定は絶対にすることをおすすめします。

また、今回のオーバーブックは連休前の金曜日の夕刻におきました。連休を旅先や家族のもとで過ごそうという「確実」な旅客が多かったので思ったほどキャンセルが出なかった可能性があります。そういう日の便の場合はちょっと意識して早めに空港に向かうようにしましょう。

※こちらの記事はマーコの体験記です。LCCや海外航空会社など違うパターンもありますのでご了承ください。

酒人(さけんちゅ) マーコ

沖縄に通い続けて20余年、ついに総旅費は東京でマンションが買えるほどに・・ 過去は振り返らない!をモットーに、マクロな目線で沖縄レポ 得意分野はホテルと安居酒屋です!!

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »