|

「青の洞窟」に真栄田岬から入る陸エントリー編

「青の洞窟」に真栄田岬から入る陸エントリー編

真栄田岬の青の洞窟は、ダイビングに人気のスポットです。真栄田岬には駐車場やシャワー室も完備されており手軽なシュノーケリングも体験できます。そんな人気の真栄田岬の青の洞窟をレポートしてきました!ここ青の洞窟はイタリアのカリブ海に浮かぶカプリ島の洞窟の中と同じく、透明なはずの海水が洞窟内のみ真っ青に見えます。波の浸食でできた洞窟に、入り口から差し込んだ陽射しが石灰岩の海底に反射してできる神秘的な現象です。早速その魅力をお伝えしていきます。

真栄田岬・陸から入る、青の洞窟!

ボートで行く方法と階段から行く方法があります。この階段を降りた先がエントリーポイント。

青の洞窟に向かうエントリースポットへの階段

あまり深くないので安心して入っていくことができるでしょう。入ったすぐから、小魚がたくさんいて、美しい海に益々期待が高まります。青の洞窟までは約200m。

エントリーポイントから青の洞窟までは150m

エントリーポイントから見た青の洞窟方面。船でエントリーする場合も多いですね。

真栄田岬から見た青の洞窟方面の海は穏やかでした。

この奥に青の洞窟があります。洞窟内は最深部で6m、奥行き30mくらい。その幻想的な海を見てもらいましょう。ツアーで参加するとオプショナルで餌付けができ、わーと魚たちが寄ってきます。この時、自分が餌付けしていたり、潜っている写真が欲しくなりませんか。ツアーで参加すると、ガイドさんが撮影した写真が付いてくることがあるので、チェックポイントかと思います。

青の洞窟ツアーに参加する!

今回は陸路から。集合は真栄田岬公営駐車場。カップルにはピッタリな完全貸切で他のグループが入らないツアーを運営するダイビングアンドワークショップイハナシさんから紹介します。ダイビングコースとシュノーケルコースがあるので詳細をよく見てご参加ください。いずれのコースも写真、動画、餌付け、ドリンク、バスタオル無料がついています。

魚たちも群がってきます。この中をダイビングしていきます。

水中写真はガイドにお任せ!プロ使用の本格カメラを装着し撮影するので、安心です。最高の思い出をしっかりと撮影。神秘的な青の洞窟はSNS映え間違いなしです。お写真はツアー後すぐにスマホへ!

女性限定UVカットホワイトマスクが用意されていて、日焼けなどが気になる!写真に可愛く映りたい!そんなご要望にピッタリですね。

『真栄田岬・青の洞窟』の楽しみ方

真栄田岬の青の洞窟は、現在スキューバダイビングのスポットとして大人気です。ダイビングショップや旅行会社のツアーが2500円位からあるので、ツアーに参加した方が安心でしょう。シュノーケルで行くかダイビングで行くか、そして、階段から行くか、ボートで行くかが値段の分かれ目になるでしょう。
人気のスポットなので、時間帯によると大変混雑しています。限られた時間で、沖縄旅行を楽しむには、なかなか思い通りの時間でというわけにいかないかもしれませんが、早朝7時~8時のスタートがあれば、誰も入っていませんので、ねらい目だといえます。
沖縄海岸国定公園真栄田岬周辺案内図でポイントチェック

真栄田岬には沖縄そばなどの軽食が食べられる食堂、コイン式のシャワーやドライヤーなどがあります。現地の案内図と一緒に参考にしてください。

真栄田岬にある食堂、休憩所、シャワー、ドライヤーなども完備しています。

真栄田岬・青の洞窟へのアクセス

ここは、沖縄本島観光の中間、真栄田岬。恩納村の入り口で残波岬に近い場所にあります。真栄田岬は那覇空港から国道58号線と県道73号線を経由して約1時間で到着します。恩納村のビーチリゾートホテルから10分~15分の場所にあり、観光客が体験するにはもってこいのポイントと言えます。高速を使うなら石川ICが便利です。

住所:沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1

駐車場:7:00~19:00(6~9月)、~18:30(4,5,10月)、~18:00(3月)、~17:30(11~2月)、1時間100円

海中の写真提供:asoview

陸の写真:沖縄リピート編集部

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »