|

名護の飲食店が創作料理で祭典!75-1グランプリ2019は「島豆腐」!

名護の飲食店が創作料理で祭典!75-1グランプリ2019は「島豆腐」!

7月5日名護の日から名護夏祭り前日の26日まで、名護市内の飲食店25店舗で「75-1グランプリ島豆腐の祭典」が開催されます。今年で6回目の『75-1(名護ワン)グランプリ』、島豆腐をベースに「ゆし豆腐とアグーしゃぶしゃぶ」「島豆腐ピザ」「ゆし豆腐チゲ」「ふわっとろ島豆腐明太チーズ炭火焼」「島とうふとキャビアの沖縄風カルボナーラ」…島とうふが

参加飲食店は名護市内25店舗(2019年)

参加飲食店は下記の通り25店舗。スタート時は15店舗でしたが、毎年着実の参加飲食店が増えています。地元名護の水と言われる「オリオンビール」が協賛していて、「オリオンビールに合う」創作料理の数々が楽しめます。可能な限り、各飲食店を回って楽しんでみてください。

2019年パンフレットが出来上がりました!各飲食店ではお楽しみ抽選があるので、アンケートに答えて参加してみてください。

25店舗の島豆腐を使った創作料理が楽しみです!

名護の日(7/5)に名護市営市場で試食会

夕刻より名護市営市場広場にて商工会主催の 75の日を祝うセレモニーがあり75-1 グランプリの告知と参加飲食店数店舗からエントリーメニューの振る舞いが予定されています。

参加飲食店の料理をピックアップ!

2018年のテーマ「ハイケイ」から少しご紹介します。2019年は6月に入ってから75-1グランプリFacebookページで順次発表されます。

「居酒屋 金太郎本店」

「炙り廃鶏とクリームチーズ彩り野菜の生春巻き」¥750
老舗やきとり屋さんが丁寧に炙ったハイケイをクリームチーズとやんばる野菜とともに巻きました。香ばしい鶏、新鮮野菜とライスペーパー彩も鮮やかに仕上がっております!

「赤瓦」

「老鶏スパイシートーチ、ソース」¥900
トーチとは色合い的に「豆鼓醤」のことでしょうか?こんがりと焼けたハイケイにスパイシーでコクのあるトーチソースをたっふりと…

「小料理ひざくら」

「ハイケイのシークァーサー餡かけ」¥750
硬くて旨みのあるハイケイをブツ切りではなく、大きな切り身で味わって頂きたい!という想いで、イメージ通りの柔らかさにするまで苦戦しました。地元勝山のシークァーサーで作った少甘でさっぱりとした餡でお召し上がり下さい!

「大国林道」

「ハイケイのチリっとチーズ焼き」¥680
食べやすく小口切りにしたハイケイをたっぷりの夏野菜とトマトにチーズをのせチリソースで味付け!

名護飲食店経営者達が定例深夜のミーティング

主催しているやんばるくぇーぷぅ会のメンバー全員名護の飲食店経営者。当然、自分の店がありますから集まれるのは営業終了後の深夜0時。資料を取り出して真剣な打合せを進めていました。

 

是非、期間中、名護ではしごして食べ比べてみてくださいね。もちろん、オリオンビールを飲みながら・・・

【名護・75-1グランプリ】

名護・75-1グランプリfacebookページはこちらです。

主催する「くぇーぶぅーの会」の公式ブログはこちらです。

写真出典:75-1グランプリFacebook

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »