那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!




沖縄は島、周りが海なので、いくつも漁港があります。そこには、一般の人が新鮮な魚介類を買ったり、食べたりする場所が存在します。今回はその中から、3つの漁港《那覇・泊いゆまち、泡瀬・パヤオ直売店、名護・名護漁港水産物直売所》の食堂をピックアップして、ご紹介しましょう。

【那覇・泊いゆまち】

那覇市の泊港から少し入ったところに、この「泊いゆまち」がある。「いゆ」は沖縄の言葉で「魚」、「まち」は市場のことから名づけられた。23の水産物業者が店を出しており、刺身、さかな、もずくなどが販売されている。ここの70%の水揚げがマグロでマグロ専門店があるくらいです。早朝6時から18時までの営業ですが、新鮮なうちに、いいものを食べる意味でも早めに行った方がいいでしょう。駐車所は手前にもあるが、満車の場合は建物左手を置くに行くと、広い駐車場がある。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

早朝から活気があふれ、新鮮な魚介類が数多く並ぶ。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

また、食堂はマグロ専門店が一つ、朝11時までならば市場内の他の店で買ったものを持ち込んで、食べることができる。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

やっぱり朝丼ですね!

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

住所:那覇市港町1-1-18

営業:6:00~18:00



【沖縄市泡瀬・パヤオ直売店】

こうした漁港が直売所として、食堂を併設したのが、沖縄ではこの泡瀬が最初といわれる。パヤオとは、回遊魚が流木などに集まる習性を利用した浮き漁礁のこと。ここは、800円から8800円まで、イセエビ、ウニ、イクラなど幅広いメニューがありあります。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

中に入ると、手前に食堂、奥には魚の販売所があります。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

お昼時はほぼ満席になってきます。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

マグロ丼定食をいただきます。このたっぷりのマグロ、最高です。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

住所:沖縄市泡瀬1-11-34

営業:10:30~18:00(冬季は17:30まで)

【名護漁港水産物直売所】

国道58号線沿いにある名護漁港、駐車場はたっぷりあるので心配ないが、繁忙期の日曜日などは早目に売り切れることがあるので注意。メニューは刺身、寿司が中心、日替わりメニューがお薦めですね。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

名護漁港は、名護市内でイベントがあるときの臨時駐車場にもなるので、かなり広い。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

コレが刺身の特盛り定食!

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

寿司コーナーもあります。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

刺身の盛り合わせはグループでひと皿別注したいところです。

那覇、泡瀬、名護の漁港食堂を回ってみた!

住所:沖縄県名護市城3-5-16

営業:11:00~17:00



アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Instagram

Translate »