|

沖縄で台湾気分を満喫!那覇のおすすめ台湾料理店3選

沖縄で台湾気分を満喫!那覇のおすすめ台湾料理店3選

ここ数年、空前の台湾ブームですね。那覇からだとLCC利用で、片道5000円弱で台湾に行けちゃいます。行きたいけど暇がなくて行けない時は、那覇市で台湾を満喫できるお店をはしごしちゃいましょう!そんな台湾好きな私がオススメするお店を紹介します。

台湾風粥専門店 阿里


まず1軒目は浮島通りにある台湾風粥専門店「阿里」です。とても綺麗なお店とは言えません・・・潔癖症の方には向いてないかもしれません。店内は狭くテイクアウトされるお客様も多いようです。

驚くのは値段の安さ。お粥は280円~。台湾と同じくらいのお値段で台湾の味が楽しめちゃうなんて素晴らしい!!

台湾粥の専門店だけどお粥の他にも魯肉飯(ルーローハン)やビーフン、ワンタン麺などもあり、そのどれもが美味!この日はこれまた大好物の魯肉飯(小)をテイクアウト。大は350円で小は250円です。八角の香りが一気に台湾を思い出させます。でも八角が苦手な人でも食べられるくらいの香りです。

 

台湾風粥の店 阿里

住所:那覇市牧志3-5-14 [月~土]8:30~17:00 朝食営業、ランチ営業 定休:日曜日

 

 

きたなシュランにも登場した青島(チンタオ)食堂

そしてお次は那覇市牧志にある「青島(チンタオ)食堂」。このお店はとんねるずの「みなさまのおかげでした」の名物コーナー「きたなシュラン」にも出たことのある有名店。汚いお店だけどミシュラン級に美味しいというやつです。とんねるずの木梨憲武さんが当時書いた「ペレ」のサインが今も残っています(笑)

ただ当時の店内は確かに汚かったですが、現在は当時に比べればとても綺麗になってます。

そして青島食堂でも「魯肉飯」。青島食堂の魯肉飯はかなり本場に近くてとても美味しいです!値段も250円!

そしてモチモチつるんの水餃子。とってもジューシー!でも・・・青島食堂の大将はいい方ですが、愛想はあまりよくないです(笑)たまに怒って帰っちゃうお客様もいるくらい・・・。でも何を食べても美味しいのは間違いないので、穏やかな気持ちで行ってみてくださいね!

 

青島(チンタオ)食堂

住所:那覇市牧志3-9-9 ☎098-868-6090 [月~土]18:00~24:00 定休:日曜日

アジア街 楊(ヤン)の店

そして3軒目はサンライズ那覇にある「アジア街 楊(ヤン)の店」。この店のオーナーの楊さんは台湾の花連出身で、とっても優しい方です。ただお店に入っても誰もいない時もあります(笑)その時は大きな声で呼んでくださいね!

楊さんの店でも「魯肉飯」を注文。楊の店「魯肉飯」は、ちょっと甘めのタレがかかっていてでんぶものってます。店によって少しずつ味が違うので楽しめますね!

そして焼きビーフンも野菜たっぷりで香ばしくて美味。お好みで酢醤油をかけても美味しいです。楊の店のちまきや水餃子も絶品です。

 

アジア街 楊(ヤン)の店

住所:那覇市牧志3-4-8  ☎090-1944-7572 営:11:30~21:00(L.O.20:30) 日曜定休

 

いかがでしたか?那覇にいながら台湾を満喫できるので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

(2019.5.8更新)

 

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »