|

那覇市・国際通りにできた新しいホテル特集

那覇市・国際通りにできた新しいホテル特集

那覇市のメインストリート「国際通り」。国際通りは戦後の焼け野原から目覚しい発展を遂げた地域で、長さがほぼ1マイル(1.6km)あることから「奇跡の1マイル」とも呼ばれています。 たくさんのお土産屋や飲食店が並ぶ沖縄一番の繁華街ですが、ここ数年、国際通りはホテルラッシュです。

那覇市・国際通り

赤い直線が那覇市のメインストリート「国際通り」。パレットくもじ前交差点から安里三叉路にかけて続く約1.6kmの道の両脇に、観光土産品店・沖縄料理店等が軒を連ね、那覇の街の中心地として最も活気のある通りです。

パレットくもじ側の県庁北口にある「国際通り」入口。左右のシーサーは記念写真スポットとして有名なので、このシーサーと写真を撮った方も多いのではないでしょうか?今回は県庁北口の国際通り入口から、ここ数年の間に国際通りに開業したホテルを中心に散策してみましょう!

ホテルアベスト那覇国際通り

「ホテルアベスト那覇国際通り」は、先ほどの国際通り入口から入ってすぐ左手にあります。1階にはお土産屋、2階にはJUMBO STEAK HAN’S がありますね!以前は「オーガスト・イン久茂地」というホテルでしたが閉館。その後、「ホテルアベスト那覇国際通り」として開業。全107室。2021年には名護にも「ホテルアベスト」がオープン予定です。

ホテルグレイスリー那覇

しばらく歩くと右手にローソンが見えてきます。そのローソンと同じ敷地内にあるのが「ホテルグレイスリー那覇」。11階建てで客室198室からなり、国際通りに面して斜めに建っているのが印象的なホテル。

個室ホステル  美らキャビン国際通り

松尾の交差点からほんの少し入った場所にある「個室ホステル 美らキャビン」。国際通り沿いではありませんが、ほぼ国際通り沿いということで。2018年9月25日OPENし、総部屋数は114部屋。部屋はかなり狭いですが鍵付きで個室感あり。寝るだけの方にはいいかもしれません。

ホテル コレクティブ

国際通りのおきなわ屋の斜め前くらいに位置する「ホテル コレクティブ」。2020年1月にオープンしたばかり。その大きさには度肝を抜かれます。地上13階、地下1階、5階から13階が客室、総客室数は260室と、まさにフルスペックなシティホテル。

☆ホテルコレクティブは国際通りど真ん中にオープンした巨大ホテルの記事はコチラです。

ホテルランタナ那覇国際通り

JALシティホテルの目の前にある「ホテルランタナ那覇国際通り」。1階には札幌のドラッグストア「サツドラ」が入っています。地上10階、地下1階、総部屋数は162部屋。「ホテルランタナ」という名前が南国っぽいですよね!北海道のドラッグストア「サツドラ」も、ここ数年で国際通りに2店舗オープンしました。

アベストCUBE那覇国際通り

出典:楽天トラベル

ゆいレール牧志駅から徒歩2分の場所に位置する「アベストCUBE那覇国際通り」。このホテルは、鍵付きの個室タイプではありますが、トイレとバスは共用のゆったりとしたカプセルホテルといったところ。総部屋数は76部屋最近のカプセルホテルと呼ばれるホテルは、普通のホテルと変わらず快適ですね!

ホテル沖縄withサンリオキャラクターズ

さいおんスクエア前に建つ「ホテル沖縄withサンリオキャラクターズ」は、2019年9月にオープンしたホテル。全館、全室がサンリオ人気キャラクターに彩られた夢のホテルで、1階にはサンリオのキャラクターショップもあります。地上10階建て、総部屋数66部屋。サンリオ好きにはたまらないホテルですね!

☆沖縄初のサンリオホテルがOPEN!どこにできた?料金は?の記事はコチラ

沖縄大好き ケコ

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »