|

何度でも訪れたい世界遺産、『今帰仁城』

何度でも訪れたい世界遺産、『今帰仁城』

今帰仁城(なきじんじょう)は、14世紀、琉球に三大勢力が割拠したグスク時代、北山王の居城で北山(ほくざん)の拠城だったところ。

また1月中旬から2月初めまで緋寒桜(ヒカンザクラ)がきれいに咲くことでも有名な城跡です。

無料ガイドツアー

今帰仁城には、ボランティアガイドの方が常駐しており、希望者には無料でガイドしてくれます。
常時2~3名のガイドさんがいて約50分間のガイドを無料でしてくれます。

今日は10年以上ガイドをされている宍戸秀雄さんにご案内していただいきました。
この宍戸さん。宮城県出身で、埼玉県で40年過ごし。奥様の出身地今帰仁に移り住んで11年。
マブヤーやサウスバンドなど、今帰仁で行われた撮影にも出ているらしい。

写真をよく見ると、猫ガイドもいますね。

IMG_0654

「平郎門」

1713年に編集された「琉球国由来記」には「北山王者、本門、平郎門ヲ守護ス」と記載され登場。

さらに1742年に描かれた「今帰仁旧城図」の史料にはこの場所が「本門」として記載。

2つの史料から、今帰仁城の重要な門で、平郎門と呼ばれていたことが分かる。

さて、琉球には、このようなグスク(城)は283もあり、グスクを根城にして、按司と呼ばれる権力者が勢力を拡大していった。

その中でも、今帰仁城は最大級の規模を誇っており、城主は按司の中で、最も力があったとされる。

今帰仁城は、曲線の城壁を1.5キロメートルもつなげて築いた百曲がりの城壁があり、歴史的価値が認められ世界遺産に登録された場所だ。

nakijinnjouishi
 

今帰仁城に使われてる石は、山から採れる石を利用していて、この石が使われている城は今帰仁城だけらしい。

今帰仁城、座喜味城、勝連城、首里城の石の違いがここでわかる。

この石は「古生代石灰岩」と呼ばれ、硬くて刃が立たないので、加工せずにそのまま積み上げていくしかなく、「野面積み」といわれ最も古い造り方と言われている。

ちなみに今帰仁城以外の城では、琉球石灰岩が使われ、柔らかいので加工して組んでいくことができる。

IMG_0642

今帰仁城の1/100模型

 グスク巡りは、毎回新しい発見がある。まだ発掘調査の途中であることが多く、その都度、出土品などから歴史的見解があるからだ。
だから毎回ガイドさんをつけることをおすすめします。
 

だって見ただけだと変わらないからね(^^;;。

平郎門をくぐると、石畳のまっすぐな道が通っていて、これが1960年代に整備された七五三の階段と呼ばれる参道。

そして、途中右手側の足場が悪い方が旧道で、本来の登城道である。

せっかくなので、旧道を歩くことにした。

旧道は、大きな岩盤の谷間を利用して道幅を狭く造り、敵兵が攻め入っても大勢の兵隊が上の廓まで一気に入れないように工夫されている。

ガイドの宍戸さんは草花にも詳しく、草のにおいを嗅いだりしながら場内を案内してくれた。

 

 

階段を登り終わると広い庭があり、そこが大庭と言われるところ。

志慶真乙樽(しげまうとぅだる)の歌碑
 

「今帰仁の城 しもなりの九年母   志慶真乙樽がぬきゃいはきゃい」

大意:今帰仁グスクの南にある志慶真ムラという集落に「乙樽」という美女がいた。
黒髪が美しい乙女のうわさは国中に広がり「今帰仁御神」と呼ばれ時の山北王も側室として仕えさせた。
何不自由なく暮らす幸福な毎日を過ごしたが、高齢の王には長い間後継ぎが無く、王妃も乙樽も世継ぎを授かることばかりを祈っていたが、やがて王妃が子を授かり、そのことを季節はずれの蜜柑が実ったことに例え、子供のはしゃぐ声に満ちた平和な様子を謡っている。

九年母(くねんぼ)=みかん=シークワーサー のことですね。

琉球の歌は、八、八、八、六らしい。

北殿跡の北側、一番高いところは御内原(おうちばら)と呼ばれ、女官部屋があったと言われている。
 

つまり「大奥」。首里城でも同様の部屋がありましたね

さて、この続きはページを変えてお楽しみください。

この眺望は、天気のいい日にぜひ今帰仁城跡でご覧ください。

詳細情報

沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101

8:00~18:00(最終入場)

年中無休

入場料:大人400円、小中高生300円、未就学児0円

今帰仁城後編はこちらです。

青木さなえ

セブンティーンの専属モデルや、CM、スチールなど、ティーンズモデルとして活躍する中、16歳の頃、日本テレビ年末ドラマ「なんて素敵にジャパネスク」新人オーディションで4万8千人の中からグランプリ受賞、ドラマデビュー。
その後、TBS『土曜深夜族』エンジェルスのメンバーとしてレギュラー 出演。芝居以外にも歌・ダンス・お笑いにも活動の場を広げる。 現在、フリーになり、女優業を中心に活動中。
 プライベートでは世界各国を旅をし、貴重な体験を持つ。詳しくはブログをご覧ください↓
“sanakoのモト”

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Instagram

Translate »