|

ティラジャー(コマ貝)は沖縄の潮干狩り!酒の肴にピッタリ!

ティラジャー(コマ貝)は沖縄の潮干狩り!酒の肴にピッタリ!

沖縄の春の風物詩「ティラジャー」!「ティラジャー」とは沖縄での呼び名で、正式名称は「マガキガイ」。地域によっては「コマ貝」「ピンピン貝」や「チャンバラ貝」などと呼ばれることも。酒の肴にももってこいのティラジャー、是非お試しあれ。

 

ティラジャーとは?

ティラジャー(コマ貝)は沖縄の潮干狩り

ティラジャーとは巻貝の一種で、正式名称は「マガキガイ」。名前に付く「マガキ」は漢字で「籬」と書き、貝表に籬文様(竹で粗く編んだ垣根のような模様)が見られることから付けられたようです。

マガキガイは暖海の貝で、主な産地は沖縄県の他、黒潮に直接接する高知県や和歌山県、三重県などで獲れるます。獲れる量はそれほど多くは無いので、ほとんど産地で消費されています。

私は福岡出身なので、沖縄に移住し初めてティラジャーを食べハマリました(笑)

 

ティラジャーは3~6月の大潮の干潮時が狙い目!

ティラジャー(コマ貝)は沖縄の潮干狩り

大潮の干潮時には多くの地元民がティラジャーを求め海へ!!

ティラジャー(コマ貝)は沖縄の潮干狩り

写真は浅瀬の海の中。ティラジャーを1つ見つけると、その周囲にはテラジャーがいくつかまとまっているので、慣れるととても獲りやすい貝。お子さんでもたくさんゲットできます!

ティラジャーは時期をはずさない限り、ただ海を歩いているだけでわんさかGET出来てしまう、ありがたい海の幸です。夢中になって30分もするとこれくらい獲れました(喜)

ちなみにティラジャーが獲れる場所は、泡瀬干潟や海中道路~平安座・宮城島あたり、奥武島など、遠浅で海藻が多くある場所であればどこでも獲れますが、漁業権がある場所もあるので、確認の上採ってくださいね。大潮の時を狙ってGO!

ティラジャーの食べ方

ティラジャー(コマ貝)は沖縄の潮干狩り

ティラジャーは砂抜きが必要ですが、この砂抜きがやっかいで2~3日かかります。なので海から獲ってきたらよく洗い、海水と同じ濃度の塩水で茹でます。貝を鍋に入れてから加熱しはじめ、沸騰してから3分程茹でたら火を止めて貝をザルにあげ、粗熱を取ります。そして面倒ですが、貝から身を取り出し洗って食べましょう(笑)

ティラジャーには小さな爪のようなものがあるので、それを引っ張ると簡単に身が出てきます。食べるとほどよい甘みを持ち、ワタの旨みとクニクニした食感がクセになり酒の肴には持ってこいです(笑)巻き貝の中でも最高ランクの美味しさといっても過言ではありません!

 

ティラジャーはココで食べよう!!

ティラジャー(コマ貝)は沖縄の潮干狩り

とはいえ、ご旅行中の方は自身での調理は難しいと思います。期間限定ではありますが、那覇市牧志の立ち飲み屋「酔処 玉川」に行けば食べられますよ!

ティラジャー(コマ貝)は沖縄の潮干狩り

玉川のティラジャーは350円。国際通りからもほど近く、セントラルホテルの目の前なのでぜひ行ってみてくださいね。病みつきになること間違いなし!

 

酔処 玉川~tamariba~

住所:那覇市牧志2-13-14 ☎080-8150-0814 定休日:水曜日
営業時間:11:30~14:00 17:00~23:30 

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »