海中道路を通り、ぬちまーす、果報バンタへ。

 

沖縄県うるま市の海中道路を通り、平安座島をまっすぐ進めば、宮城島。次第に標高が上がってきて、高台の眺めがいいところに、ぬちまーすの製塩工場、ぬちうなーが現われてきます。実は、ここはパワースポットが集まっている場所。そのパワーをもらいに行きましょう!

 

【しあわせ岬・果報バンタ】

ぬちまーす敷地の中に展望台があり、この「果報(かふう)バンタ」を見ることができます。「果報」は幸運、幸せ、「バンタ」は崖の意味で、崖と言うより「しあわせ岬」と言ったところでしょうか。

それにしても美しい海と眺望、砂浜は「ぬちの浜」と言って、プライベートビーチのような空間ですね。

反対方向を見ると、「ぬちまーす」の建物の向こう側に、平安座島に作られた石油基地、浜比嘉大橋、浜比嘉島が左側に見えます。

嘉風バンタから見るぬちまーす、浜比嘉島

【パワースポット・龍神風道】

龍神風道はパワースポット

「龍神風道」ここからこの木々の合間を通して、やや右方向に浜比嘉島(琉球開闢の神様アマミキヨに縁がある)そして、沖縄の聖なる島と言われる久高島が一直線に繋がります。この直線を通して、海の神様龍宮神のエネルギーが、「龍神風道」を入り口にして末広がりにぬちうなーの敷地内にパワーが広がります。実は他にもあるのですが、現地に行かれてのお楽しみと言うことにしましょう!

そんなパワースポットの集まりがこの一帯です。開運を受けに是非、訪れてみてください。

【命の塩・ぬちまーす】

ギネスに認定されるほど、ミネラルを含有種類が多い「ぬちまーす」は「命の塩」の意味、そして、製塩工場自体を「ぬちうなー」といい、「命の庭」の意味。下の写真は、雪のように見えますが、さらさらした塩です。海水をくみ上げて、微細霧発生機にかけることで、その成分を生かしたまま、霧状にして温風を書けます。すると、水分だけが気化して、ミネラルだけが落下して雪のように降り積もる「常温瞬間空中結晶製塩法」を使って塩を作っていきます。ミネラルの含有種類世界一として、ギネスブックに認定されています。

ぬちまーすの塩

ぬちまーすの商品の隣に、ギネスの認定書が見えますね。

ぬちまーすの塩

ここに人気の商品があります。塩味なのに蜜の味、相反するコラボでかりんとうになっています。美味しくてヘルシーなこのかりんとう、ぬちまーすの工場内売店に置いていますが、最後に販売元の升本屋のページを掲載しておきます。

升本屋の塩みつかりんとう

ぬちまーすのホームページはこちらです。

塩みつかりんとうの升本屋(東京・笹塚、大人の部活動泡盛部主宰)のホームページはこちらです。

住所:沖縄県うるま市与那城宮城2768
電話番号:098-983-1140
営業時間:9:00〜17:30(製塩工場見学可能時間)
定休日:無休

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »