伊是名島産のお米を使った泡盛「尚円の里」~伊是名酒造所~

すっかり伊是名島好きになってしまったマーコです。今回は伊是名島の泡盛についてレポートします。伊是名島は島の特産物としてお米があり、伊是名島で造られたお米「ひとめぼれ」を100%使用して造られた泡盛が人気です!その名も伊是名酒造所の「尚円の里」。

伊是名島はお米の名産地

伊是名島の北半分には田園風景が広がります。沖縄の離島の景色としてはちょっと不思議な感じがします。そんな伊是名でつくられているお米が「ひとめぼれ」。

しかも沖縄の温暖な気候を利用するので、通常の収穫時期である9月~10月よりも随分と早く、6月に収穫され7月から新米が発売されるのも特徴。沖縄ならではですね!

とれたお米は、その名も「尚円の里」!米好きマーコは、早速購入して食べましたが、めちゃうまい!!!

ひとめぼれを100%利用した泡盛

さて、そんな伊是名島特産の泡盛を利用した泡盛があります。そちらがこちら。

その名も「尚円の里」。お米の名前、まんまです!泡盛は通常、タイ米を使用して造られます。しかし、あえての食用米のひとめぼれを利用するチャレンジ精神!さすが尚円王を輩出した島というところでしょうか?お味のほうは???タイ米とは違う、「ふくよかな米の味」を感じる泡盛です。ジャポニカ米の良さが存分に味わえます。

タイミング悪いと手に入らない泡盛

この「尚円の里」は、毎年数量限定で造られるため、タイミングが悪いと、お土産に手ごろな720mlサイズは売り切れになります。

私が行った時も一升瓶しか残っておらず・・・さすがに、この大瓶をもって飛行機に乗るわけにはいかず、マーコは泣く泣く断念しました。

集落にこじんまり 伊是名酒造所に行って来ました

素敵な泡盛を造っている酒蔵には行きたいものですよね。島の南部にある「伊是名集落」に向かいました。

伊是名集落は、昔の沖縄の原風景が残る地域で、歩いているとシャターを切りたくなる景色がたくさん。どこを切り取っても絵になりますよね~
そんな集落に溶け込むように伊是名酒造所はありました。周囲は泡盛のいい香りが漂っています。

伊是名島唯一の酒造所に、この島出身の版画家名嘉睦捻氏がラベルのデザインを提供していることでも有名な泡盛「伊是名島」。 お店のグラスも伊是名王の絵が描かれているものが多く、この島が誇りを持ってることが伝わってきますね。

いかがでしたか??お米の産地伊是名島の泡盛「尚円の里」是非味わってくださいね。

★伊是名酒造所の情報は、コチラをご覧ください。

(資)伊是名酒造所 

住所:伊是名村字伊是名736番地
酒人(さけんちゅ) マーコ

沖縄に通い続けて20余年、ついに総旅費は東京でマンションが買えるほどに・・ 過去は振り返らない!をモットーに、マクロな目線で沖縄レポ 得意分野はホテルと安居酒屋です!!

2018.10.15公開 2020.7.6更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »