|

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛を飲んでみた

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛を飲んでみた

沖縄ファミマファミリーマート限定のカップ泡盛といえば「珈琲泡盛」が有名ですよね。カップ泡盛は開けてすぐに飲めちゃうので、かなりの売れ行きのようです。BBQやキャンプなどのアウトドアでも気軽に楽しめます。その沖縄ファミリーマート限定のカップ泡盛に、また新たな種類が新登場!早速ファミマで購入し飲んでみました。

 

【まずは大人気の泡盛コーヒー】

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛

沖縄ファミリーマート限定の大人気商品。泡盛珈琲「BLACK」。マンデリンコーヒーと泡盛の組み合わせ。

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛

ブラックコーヒー泡盛なんだけどほのかに甘くて飲みやすい!人気が出るはずですね~。このままでも飲みやすいけど、ミルクを加えると・・・ヤバい。美味しすぎて危険な飲みものに変身だ(笑)スルスル飲めちゃうけど、アルコール度数は12度。

 

【シークヮーサー香るさわやか泡盛】

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛

シークワーサー香る「さわやか泡盛」。この商品はシークヮーサーの爽やかな香りと、パイナップルのほのかな甘みが味わえます。アルコール度数10度。女子に人気です。

 

【そして新発売のアセロラ泡盛】

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛

そしてこちらが新発売のほんのり甘酸っぱい「アセロラ泡盛」。沖縄県本部町産アセロラを使用。甘酸っぱい香りと味わいが楽しめます。

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛

いや~これもヤバい!本当に美味しいです!泡盛が苦手な方でもジュース感覚でゴクゴクいけちゃいます。コップに移して氷を入れて飲むと最高です。いや~「ほんのり甘酸っぱいアセロラ泡盛」も売れまくる予感。ちなみに・・・世の中では「アセロラ」と「アセローラ」という2つの呼び名があるのをご存知ですか?実は「アセロラ」という呼び方は、大手食品メーカーさんの登録商標名。学術的な正式名称はスペイン語での読み方の「アセローラ」なんですって。

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛

「泡盛コーヒーBLACK」「シークヮーサー香るさわやか泡盛」「ほんのり甘酸っぱいアセロラ泡盛」に使用されている泡盛は、新里酒造のオリジナル泡盛「酒人」。創業171年の新里酒造は、泡盛の出荷量が減少している現在、泡盛の色々な飲み方を開発していく事で、泡盛の需要がもっともっと広がり、沖縄の泡盛文化を維持していく事に繫がれば・・・という熱い思いからこれらの商品を開発したそうです。素晴らしい!



【気軽に飲めるカップ泡盛】

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛

その他の酒造所でもカップ泡盛を販売している酒造所は多数あります。こちらは久米仙酒造の「久米仙」。フルーティな香りが特徴。アルコール12度。

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛

比嘉酒造「残波」。力強く濃厚な香り。アルコール度数14度。

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛

菊之露酒造の「菊之露」。 ミネラル分を多く含んだ宮古島の地下水で仕込み、泡盛がもつ本来独特の旨みと、まろやかな風味。アルコール度数13度。

新発売の沖縄ファミリーマート限定カップ泡盛

久米島の久米仙酒造「久米島の久米仙」。久米島の天然湧清水を使用。アルコール度数13度と軽やかで爽やかな飲み心地。

これ以外にも色んな酒造所がカップ泡盛を販売しており、その度数は12度~15度。そのまま飲んでもよし、冷やして飲んでもよし。全てのカップ泡盛ではありませんが、冬場は電子レンジで温められるカップ泡盛もあります。色んな種類のカップ泡盛を飲んで、ご自身に合った泡盛を見つけてくださいね!

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »