|

宮古島から魚を宇宙へ!「風船で宇宙旅行」初の生物撮影挑戦へ

宮古島から魚を宇宙へ!「風船で宇宙旅行」初の生物撮影挑戦へ

2018年6月20日に宮古島で素敵な実験が行われようとしています。それは人間が宇宙の入り口を旅できる、ふうせん宇宙船を開発するための最初の第一歩「生物実験」なんです!

 

【風船で宇宙へ 膨らむ夢】

宮古島から魚を宇宙へ!「風船で宇宙旅行」初の生物撮影挑戦

沖縄タイムスより

 

特殊な風船や気球を使った、宇宙旅行の実現を目指す岩谷技研が6月20日、宮古島の上空で魚のベタを宇宙まで打ち上げ、映像を撮影することを計画しています。岩谷技研は過去に10回以上、宮古島上空での映像撮影に成功しており、2022年までに高度25キロでの有人飛行を計画する「ふうせん宇宙旅行」の第1段階として、今回初めて生物を打ち上げ撮影を試みます。ステキ!

 

【海流が穏やかな宮古島で実験】

宮古島から魚を宇宙へ!「風船で宇宙旅行」初の生物撮影挑戦

空から見た宮古島。生物実験では国際宇宙ステーションへも送られた、丈夫なメダカを採用予定でしたが、もっと丈夫な「ベタ」という魚を採用すると新聞には書かれてあります。予算は2500万円。撮影の流れとしては、カメラとベタを付けて風船を打ち上げた後、上空の気圧が低くなるにつれ、中の空気で風船が膨らむことを利用。成層圏で破裂させ、特殊なパラシュートを付けて海に落として船で回収します。船で回収することを考えると、宮古島は周囲を海で囲まれ、海流が穏やかな事から実験の地として選ばれましたが、これまでにも県外で90回以上実験は成功しています。



【宇宙旅行が身近になる日は近い?!】

宮古島から魚を宇宙へ!「風船で宇宙旅行」初の生物撮影挑戦

岩谷技研は、風船を使って成層圏で地球を背景に映した映像の撮影や、商品が成層圏でも作動するかといったビジネスを展開されていて、将来的に300万円で約2時間の宇宙旅行ができることを目標としています。夢が膨らみますね。宇宙が身近な場所になるのはそんなに遠くない将来かも。

★ふうせん宇宙旅行プロジェクトのHPはコチラ

 

※写真は岩谷技研様より提供 ※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

文、写真:沖縄大好きケコさん

10329184_2_n

てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」やインスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »