|

福岡博多のソウルフード「とりかわ博多かわっこ」沖縄上陸!!

福岡博多のソウルフード「とりかわ博多かわっこ」沖縄上陸!!

沖映通りにあるHACHINO’Sビル3FにOPENしたばかりの「とりかわ博多かわっこ」にお邪魔して来ました~♪福岡に本店のあるかわっこは、福岡でも大人気店!そのかわっこが沖縄に上陸したと聞きつけ、福岡出身の私としては感動モノ!!ではいってみよ~

【「とりかわ博多かわっこ」2017年11月27日OPEN!!】

「とりかわ博多かわっこ」は11月27日にOPENしたばかり。沖映通りにあるHACHINO’Sビルの3階にあります。ちなみにHACHINO’Sビルは、外装に全て杉の木を使用するなど、県内デザイナーの協力も得て、スタイリッシュで温かみのあるビルディングになりました。オシャレでしょ?

福岡で焼き鳥と言えば「かわ」です。福岡のかわっこでは男女問わず「一人10本単位で注文するのは当たり前!」というほど。独自の製法で仕上げてある「かわ」はクセになる味。あぁ~楽しみだわ~♪

 

 

【店内とメニューは?】

エレベーターで3階に上がり、エレベーターの扉が開くとすぐに店内へ続きます。

オープンキッチンのカウンターや・・・

ステキな個室・・・

テーブル席。木のぬくもりを生かした素敵な店内です。

串焼きメニューはメインとなる塩かわとタレかわ。1本120円均一。他にもかわっこ厳選お肉と巻物の串焼き。1本200円均一です。

串焼きの他には一品料理とご飯もの、デザートもありました。

ドリンクの種類も豊富なのが嬉しい。ビール・ハイボール・日本酒・サワー・焼酎・泡盛などなど。でもやっぱりとりあえずビールだよね(笑)



【塩かわとタレかわを10本ずつ・・・と言いたいところだけど】

この日はOPENして3日目。メインとなるとりかわ串をたらふく食べようと勇んで行ったものの、まずお一人様1本ずつ塩かわとタレかわをサービスしてくれました。ラッキーと思ったのもつかの間、OPENしたばかりなのでかわ串の注文はお一人様各2本ずつまでという規制が(涙)。なので塩かわ2本とタレかわ2本。そしてサービス分の塩かわとタレかわが1本ずつなので、一人で食べられるかわ串は計5本・・・。まぁ仕方がないね。もちろん限定解除になればお一人様何本でも食べられますよ!

この日は3人で訪れたので3人分で18本のかわ串(笑)今見ても食べたくなるわ~。まず塩かわはカリカリに焼き上げてあるので、何本でも食べられちゃう!一味をかけて食べるのがおススメ。そしてタレかわは、モチモチの食感がクセになる~。濃厚な味わいの秘伝のタレがウマ~い!!山椒をかけて食べるのがおススメ。そしてあっという間にペロリ(笑)付け合わせのキャベツはもちろん食べ放題♪

お次は「朝挽き」の鶏きも。ベリーベリーレアです。

福岡ではとり皮の次に人気のある豚バラ串。焼き鳥だけど福岡で焼き鳥といえば豚バラ串なんです(笑)個人的にはも少し焦げ目をつけこんがり焼いて欲しかったな~

豚足。沖縄ではてびち(笑)沖縄ではおでんに入れたり煮付けて食べる豚足も、福岡ではこんがり炭火で焼いて食べるんです。

軟骨もコリコリで美味しかった!あ~でもやっぱりもう少しかわ串が食べたかったな~。残念!リベンジします(笑)

最後に鶏ガラスープがサービスで出てきました。は~ほっこり。

HACHINO’Sビルにはかわっこの他、韓国冷麺のお店やステーキ・ローストビーフのお店が入っており、まだ全店舗は埋まってませんが、今後も飲食店がどんどんOPENするようです。楽しみ!ぜひ沖映通りにお越しの際は「とりかわ博多かわっこ」でとりかわ串を堪能してくださいね~♪とりかわブームがくるかも~(笑)

 

 

【とりかわ博多かわっこ】

住所:那覇市牧志2丁目17-46 ☎098-943-0763 営業時間:17:00~翌1:00(L.O.24:00)

定休日:不定休

 

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »