八重瀬にくつろぎの古本屋「くじらブックス&Zou Cafe」

八重瀬の「くじらブックス&Zou Cafe」へお邪魔して来ました。とても明るい店内には、古本・新書・やちむん・雑貨がディスプレイしてあり、併設のカフェスペースがこれまた心地いい、そんな素敵なお店でした。

くじらをイメージしてデザインされた建物

 

場所は八重瀬町。「くじらブックス」の名にちなみ、建築士さんの提案で外観をくじらっぽくしたんですって。白い外壁にブルーのラインが爽やか。

明るく清潔感がある素敵な店内です。「くじらブックス」さんは古本はもちろん、新刊本や女性誌、それに文芸誌なども扱っています。

そして壁側の棚が古本たち。でも古本っていう呼び方がしっくりこないくらい綺麗。

ラインナップもオシャレだし。

ジャンルも幅広くとても見やすくディスプレイされています。

こちらは絵本や児童書のコーナー!小さなお子様連れのお客様も多いため、ベンチを置き座ってゆっくり選べるようにされています。細やかな心遣いが嬉しいですね。

そして「くじらブックス&Zou Cafe」さんには、ステキなやちむん(沖縄の焼き物)コーナーもあり、販売もされています。

 

くじらブックスに併設のZou Cafe

店内には併設した「Zou Cafe」があり、購入した本を読みながら美味しい珈琲やお食事がいただけます。

特製カレーや自家製のナンピザ、冷やしそうめんからデザートまで、豊富なメニューが嬉しいですね!古書店+Cafeって魅力的です。

私もオリジナルの「チキンカレー」をいただきました。店主のお父様の手作りのオリジナルカレーで、10種類以のスパイスをブレンドしているそうです。程よい辛さでとっても美味しい本格的なスパイシーカレーです!

そしてコチラは「キーマカレードリア」。スパイシーなキーマカレーの上にチーズがたっぷり。チーズとカレーが相まってまろやかなお味です。他にも「タイ風スープカレー」や「イカスミ焼きそば」も気になります。また小さなお子様が食べやすいように工夫された「幼児用カレー(ミニゼリー付)」や、やわらかいパスタを甘めのミートソースで仕上げた「ミートスパゲティ(ミニゼリー付)」もあるので、小さなお子様も一緒にカフェタイムを楽しめますね!

がんばり屋さんの店主、渡慶次美穂さん

店主の渡慶次美帆さんは沖縄県出身の元書店員。学生時代はジュンク堂で3年間バイトをし、そのままジュンク堂へ就職して7年、その後2015年9月独立、2016年9月から那覇市松川にて仮店舗営業開始。そして2018年にめでたく八重瀬町屋宜原で「くじらブックス」をオープンさせました。カフェは彼女のお母さまをメインに営業されています。

何事にも前向きで頑張り屋さんの渡慶次さん。「あ!くじらブックスさんに寄って行こう」と日常的に思ってもらえる、飽きられないお店を目指して頑張りたいと仰っていました。美味しいランチを食べながら、ゆっくりくつろげる楽しい古書店「くじらブックス」。渡慶次さんの想いの詰まった素敵なお店でした。「次はどんな本を読んだらいい?」「どんな本がオススメ?」というご相談にも親切・丁寧に相談にのってくださいますよ。

ぜひ八重瀬に行かれた時は、いや、わざわざでも立ち寄って欲しいお店です。「くじらブックス」さんのオンラインショップでも本を購入できますので、覗いてみてくださいね!

★くじらブックスのオンラインショップはコチラ

★くじらブックスのFBページで最新情報をチェック

 

くじらブックス&Zou Cafe

住所:沖縄県島尻郡八重瀬町屋宜原132 ☎098-998-7011  営業時間:11:00~20:00  定休日:不定休(SNSにて掲示)

沖縄大好き ケコ

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

2018.4.18公開 2020.7.14更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »