|

出雲大社沖縄分社は、沖縄都市モノレールで行かれる縁結びの神様!

出雲大社沖縄分社は、沖縄都市モノレールで行かれる縁結びの神様!

島根県出雲市にある出雲大社は全国から大勢の参拝者が集まる縁むすびの神様として有名。実は沖縄にも出雲大社の沖縄分社があって、しかも沖縄都市モノレールゆいレールの古島駅から徒歩2分ほどの場所に鎮座しています。

 

沖縄都市モノレール古島駅より徒歩2分

出雲大社沖縄分社は、沖縄都市モノレールゆいレール古島駅からすぐの縁結びの神様

出雲大社沖縄分社は、沖縄都市モノレール・ゆいレールの古島(ふるじま)駅から徒歩2分ほどの場所に鎮座します。国内の最南端に位置し、最西端でもある出雲大社の正式な分社になります。

出雲大社沖縄分社は、沖縄都市モノレールで行かれる縁結びの神様

インテリアショップの「マックスプラス古島店」のちょうど裏側あたりにあります。鳥居のない小さな境内なので、少しわかりにくいかもしれません。私は偶然見つけたんですが、え?こんなところに出雲大社?!と思ったほど(笑)

 

出雲大社沖縄分社のご利益は?

出雲大社沖縄分社は、沖縄都市モノレールで行かれる神様の御利益は?

1970年(昭和45年)、沖縄の祖国復帰を記念して日本の美しい文化を伝える目的で、島根の出雲大社から沖縄分社として建立されました。出雲大社沖縄分社は、縁むすびのご利益が特にあると言われており、自分でお守りを買って身につけるよりも、人から貰った方がよりご利益があるんだとか。なのでココを訪れる時は二人以上で行き、一緒に行った人にお守りを買ってもらいましょう(笑)

ちなみに縁結びとは、男女の縁だけでなく、仕事や子宝、お金などをさまざまな縁を結んでくれるという意味だそうです。

縁結び以外には、開運家内安全・安産祈願・交通安全・旅行安全・病気平癒・地鎮祭・新屋清祓・七五三・厄除に御利益があると境内に表記されています。

出雲大社沖縄分社の御神祭「大國主大神」

出雲大社沖縄分社は、沖縄都市モノレールで行かれる縁結びの神様

そしてひときわ目立つ存在の気になる方が!

このお方は島根県の出雲大社と同じ御神祭「大國主大神(おおくにぬしのおおかみ)」で、『古事記』や『日本書紀』に登場する日本神話の神様。いわゆる各地で祀られている「だいこくさま」のことです。

出雲大社沖縄分社は、縁結びの神様大国主大神

しかしなぜだいこくさまが縁結びの神なのか?理由は諸説ありますが、だいこくさまが多くの女神と結婚して子宝に恵まれたこと。毎年旧暦の10月には日本各地の神々が出雲大社に集まり、さまざまな縁結びの神議り(かむはかり=会議)をなされるからというのが有力説のようです。

 

さぁ大國主大神像の横にある参道から奥へ進みます。参道入口には、神聖な意味を持つ出雲大社のご神紋がありますね。

 

参拝方法は“二礼四拍手一礼”の作法で行います

参道を進んでいくと、ところどころにシーサーが置かれ、よく見ると左右で対になっています。数えてみると5対、計10体のシーサーがいました。このシーサーを「縁」に見立てて「5縁(ご縁)を結ぶ」といった意味が込められているのだとか。絵馬掛けには「縁結び絵馬」が大半を占めています。

参道を抜けると社務所と拝殿に到着。こじんまりとしていますが、時がゆっくり流れる落ち着く場所です。ご神紋入りの手水鉢(ちょうずばち)で手を清めいざ参拝。出雲大社沖縄分社の参拝方法は、出雲大社と同様に二礼四拍手一礼の作法でおこないます。

島根県まで足を運ぶには遠いけれど、まさか沖縄で参拝できるとは。ちなみに石垣島にも出雲大社があるそうです。その名も「出雲大社先島本宮」。沖縄本島の那覇市内と石垣市白保にある沖縄の出雲大社に、ぜひ訪れてみてくださいね。

住所 那覇市古島1-16-13
電話 098-885-0346
沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »