|

沖縄の早春の風物詩「アーサ」はどこで採れる?簡単レシピも紹介!

沖縄の早春の風物詩「アーサ」はどこで採れる?簡単レシピも紹介!

沖縄の海の幸「アーサ」。アーサとは、一般的に「あおさ」と呼ばれる緑色の海藻のことで、沖縄の岩場に生えます。沖縄でのアーサ採りは、1月中旬から3月まで採ることができ、味噌汁や沖縄そばに入れると、磯の香りが口いっぱいに広がり、最高に美味しくなります。簡単なアーサ汁のレシピも紹介!

 

国頭や浦添・本島南部や離島でも採れるアーサ

沖縄の早春の風物詩「アーサ」はどこで採れる?料理方法は?

この季節に海に行くと、干潮の時に現れるのが海からの自然の贈り物「アーサ」採りをしている方を多く見かけます。沖縄では、早春の海の風物詩として、岩場でアーサを摘む姿が新聞やニュースでとりあげられます。

実はアーサは、沖縄での呼び名で、和名は「ヒトエグサ」と言います。ちょっと専門的になりますが、あの薄い葉っぱは細胞のシートが1枚、つまり細胞が「一重」でできているのでこの名前がつけられました。

沖縄の早春の風物詩「アーサ」はどこで採れる?料理方法は?

海の中に入らなくても近場の岩場にビッシリと♪美味しそうですね!

 

アーサ採りができなくても、手軽に食べられる「乾燥アーサ」

沖縄の早春の風物詩「アーサ」はどこで採れる?料理方法は?

無料で沖縄の海の幸が手に入るのは嬉しいですが、アーサを採ったあと、葉にくっついた砂をきれいに洗うのがとっても大変なんですよね・・・。まぁ無料でいただくわけですから、それくらいの労力は惜しんじゃいけませんが。

沖縄の早春の風物詩「アーサ」はどこで採れる?料理方法は?

しかし簡単に美味しく食べられる「乾燥アーサ」もおススメです。必要な分だけ取り分け、お味噌汁やお吸い物に入れるだけで、磯の香リ漂うアーサが楽しめます。

 

アーサを使った料理とレシピを紹介

沖縄では色んな料理にアーサを使います。ただ入れるだけでとても風味がよくなりますよ!

沖縄の早春の風物詩「アーサ」はどこで採れる?料理方法は?

まずはアーサの天ぷら。サクサクとした食感がたまりません。

 

沖縄の早春の風物詩「アーサ」はどこで採れる?料理方法は?

そして沖縄では沖縄そばにもアーサを入れます。あとはお味噌汁やゆし豆腐など、色んな汁物にアーサを入れるだけで、磯の香りがお口の中に広がります。しかも汁物に入れるととろみが増し、とーっても美味しいんです。

そして今回は、アーサ入りたまご焼きのレシピを紹介しましょう。

 

【材料(2~4人前)】

・卵・・・5個
・乾燥アーサ・・・大さじ2〜3
・サラダ油・・・・大さじ1
・砂糖・・・大さじ3
・酒・・・大さじ3
・醤油・・・小さじ2
・塩・・・ひとつまみ

【作り方】
1. アーサは水で戻してきれいに洗い、しっかり絞って水気を切っておく。
2.ボールにたまごを5つ割り、ときほぐす。その中に酒、砂糖、各大さじ3、醤油小さじ2、塩ひとつまみ入れる。
3.あおさ海苔を入れてよく混ぜる。
4.フライパンで焼けば出来上がり。あおさの量はお好みで調整下さい!

 

アーサは沖縄のスーパーなどで販売されていて、軽いのでお土産にも最適です。。沖縄の海で育ったミネラル豊富なアーサは、食卓へと運ばれ、おふくろの味として愛され続けています。これからも、海の実りに感謝し守りながら美味しくいただきたいですね!

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

2019.2.24公開、2020.1.12更新
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »