沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

|

「沖縄復帰50周年記念式典」が東京・沖縄で同時開催!

「沖縄復帰50周年記念式典」が東京・沖縄で同時開催!

沖縄県は、令和4年5月15日に本土復帰50周年を迎えます。沖縄県の本土復帰50周年の節目となる5月15日に、記念式典を東京と沖縄での開催が決定しました。沖縄と東京の2会場での同時開催は、1972年の復帰当日以来、なんと50年ぶり!また、式典の開催にあわせて記念貨幣の金貨と銀貨も発行されます。

本土復帰50周年の節目に記念式典を開催

政府は、沖縄県の本土復帰50周年の節目となる5月15日に、東京と沖縄で記念式典を同時に開催することを決定しました。

式典は政府と県の共催で、2会場をオンラインで結んでの開催となり、天皇、皇后両陛下はオンラインで参加し、岸田文雄首相は沖縄の魅力を国内外に発信するため、沖縄会場に出席されます。

沖縄復帰時から原則10年ごとに開かれてきた記念式典が、政府と県の共催で東京と沖縄の同時開催になるのは、初めてのこと。復帰時の1972年は政府が式典を主催し、沖縄と東京で同時開催しましたが、復帰から10年と20年は、政府と県がそれぞれで主催し、東京と沖縄で開催。復帰から30年と40年は共催し、沖縄でのみ開かれました。

復帰50周年記念シンボルマークデザインはどれに!!

沖縄県は令和4年5月15日に本土復帰50周年を迎えるにあたり、この意義深い歴史的節目の年をより多くの県民ととも国内外に発信していく機会として、令和3年11月26日から令和4年1月3日の期間、シンボルマークデザインを募集したところ、73名の方から125作品の応募が集まりました。

沖縄復帰50周年記念シンボルマークデザイン選定委員会による一次審査を実施し、8作品まで選出。選出された以下の8作品を対象に二次審査を行い、得票数が最も多かった1作品が沖縄復帰50周年記念シンボルマークになります。

結果が出ました!!この記事の最後に発表しますので、是非当ててください!

雄大な海・波のイメージを融合した、50周年の文字の中には沖縄復帰の言葉と、平和な世界が未来へ続いていく姿を表現し、カチャーシーで復帰を祝う人々の姿を描いています。イメージカラーは、首里城のレッド、雄大な海のブルー、大自然のグリーン、優しさのオレンジ、空のスカイブルー、太陽のイエローです。

誰もが沖縄をイメージする「花笠」をモチーフにデザインしたシンボルマークです。数字の「5」は沖縄の風と波、そして沖縄の歴史の流れをイメージ、カラーリングも直感的に沖縄を感じられる配色とし、「沖縄復帰50周年」のロゴをオリジナルで設計することで、より印象的にシンボルマークをアピールします。

「50」の「5」と「0」を弧でつなぎ、県民と行政の結束を表しました。また波とし、その上に歴史を彷彿させる雲を対にして描いてあります。

沖縄を象徴する首里城をモチーフに制作しています。一目で沖縄復興記念と伝わるロゴマークを意識しました。また、首里城の上に伸びるラインは未来へ向かって進み続けることを表し、赤色は「エネルギー、情熱、生命力」を表現。

沖縄の伝統工芸品ミンサー織に込められた「いつ(五)の世(四)までも、末永く」という願いと、恒久平和=インフィニティ(∞)の記号をシンボルに表現。

50周年の文字の中には沖縄復帰の言葉。雄大な海・波のイメージを融合した、一つに繋がり復帰を祝う人々の姿が描く伝統のミンサー織りの柄には、いつの世までも末永く平和が続くようにと願いが込められています。イメージカラーは、首里城・太陽のレッド、大自然のグリーン、優しさのオレンジ、雄大な海のブルーです。

太平洋と東シナ海からの風、波、雲が「50」を取り巻いています。また同時に波紋が拡散されています。県内外の様々な人と人がつながり守礼門をして新たな「門出」となるをイメージしています。

日本らしいわびさびを円で表現した作品です。琉装の花笠と日本らしさをイメージしたゼロの文字と流動性のある5の文字が次の未来へ繋がるイメージで制作。

どの作品になるか楽しみですね!

1万円金貨と千円銀貨を発行

沖縄の日本復帰50年を記念し、1万円金貨と千円銀貨が発行されます。

出典:琉球新報

金貨は表に首里城正殿と琉球舞踊「四つ竹」、銀貨は表に首里城正殿と県鳥のノグチゲラ、県花のデイゴが描かれ、ともに裏面は「紅型」の模様をあしらっている素敵なデザインで、今回、初めて両面にカラー印刷を施すそうです。発行枚数は金貨が2万枚、銀貨が5万枚。販売価格(税込み)は、金貨が15万3500円、銀貨が1万1700円。

沖縄の記念貨幣は、1975年の海洋博記念100円貨幣、92年の復帰20年記念500円貨幣、2012年の沖縄復帰40周年の千円貨幣と500円貨幣の発行以来4度目です。

申込は式典が行われる2022年5月15日から、造幣局のHPにてオンラインとはがきで受付開始です。

◆造幣局のHPはコチラです。

沖縄がアメリカから日本になった「沖縄本土復帰記念日・5/15」の記事はコチラです。

復帰50周年記念シンボルマークデザイン決定!!

№2のこの作品に決定しました。

(Visited 528 times, 8 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

2022年3月11日公開、2022年3月20日更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »