|

沖縄の名建築「名護市役所」に並ぶシーサーすべて撤去へ

沖縄の名建築「名護市役所」に並ぶシーサーすべて撤去へ

象設計集団が設計した沖縄県名護市の名護市役所庁舎の壁面(国道58号側)に並ぶしっくい製のシーサーを、3月末までにすべて撤去する事が決まりました。瓦職人が一体一体手作りしたシーサーは市のシンボル的存在で、市民からは惜しむ声も上がっているそうです。

3月末までに撤去が決まった、名護市庁舎56体のシーサー

象設計事務所設計、沖縄の名建築「名護市役所」に並ぶシーサーすべて撤去へ

名護市港にある「名護市庁舎」。たくさんのシーサーが設置されていることで有名です。名護という名前にちなんで、75体のシーサーが設置しているのかと思いきや、その数は56体。なぜ56体かというと、名護市内の集落の数が55。そこに名護市庁舎を足して56体にしたそうです。

この56体のシーサーは、56人の瓦職人によって一体一体手作りされ、1981年の庁舎完成時に設置されたもの。

名護市のシンボル的存在

象設計事務所設計、沖縄の名建築「名護市役所」に並ぶシーサーすべて撤去へ

庁舎完成の1981年から今年で38年。近年は台風や塩害の影響でシーサーが破損したり落下したりしている現状。現在残っているシーサーは45体なんですって。

現在残っているシーサーの、劣化した漆喰(しっくい)が落下すると危険なので、安全性を考慮し、残り45体のシーサーをすべて撤去することになったそうです。

慣れ親しんだものがなくなるのは、本当に寂しいですよね。

 

現時点ではシーサーの新調の予定なし

象設計事務所設計、沖縄の名建築「名護市役所」に並ぶシーサーすべて撤去へ

撤去するシーサーのうち、比較的状態のいい10体のシーサーは博物館倉庫に保管し、残りはすべて処分されます。残念ながら撤去後のシーサーの新調は、今のところ予定はなし。

でも名護副市長は、「市民から寂しいという声や、いろんなアイデアが出てくれば検討したい」と話しているそうです。撤去される3月末までに、名護市庁舎を観に行きましょう!

★沖縄の個性的でカッコいい巨大な建築物5選!の記事はコチラ

 

【名護市庁舎】

住所:沖縄県名護市港1丁目1-1 
☎0980-53-1212 8:30~17:15

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »