アーカイブ:2016年 11月

  • 和、琉、中様式を兼ね備えた琉球王別邸、世界遺産識名園

    首里城から南に2kmの場所にあることから「南苑」とも呼ばれる、琉球王国最大の別邸として、1799年に建てられました。約200年と歴史的には浅いですが、外国と交易を盛んにしていた琉球王国が、中国からの冊封使を招き、接待に利…
  • やんばるの生活と自然がテーマの「名護博物館」

    名護市、オリオンハッピーパークやガジュマルの木のすぐ近くにある名護博物館。テーマを「名護・やんばるの生活と自然」とし、できる限り、ケースに入れない展示を目指している博物館だ。もともと沖縄は長寿県、その要因の一つが食文化。…
  • 本物の鍾乳洞に囲まれた「CAVE CAFE(ケイブカフェ)」

    ★青木さなえの体験レポート!! 沖縄本島の南部、那覇空港から車で30分ほど行った南城市に、「ガンガラーの谷」と呼ばれる長い年月を経た鍾乳洞が崩壊してできた大地の谷間と自然豊かな森とが一体となったスポットがあります。 …
  • 陶芸家と直接話せて安く買える、12月読谷山焼陶器市!

    読谷村にある「やちむんの里」。ここには15の陶器工房と1つのガラス工房があり、毎年12月の第3金曜日から日曜日まで、読谷山窯と読谷山北窯の共により「読谷山焼陶器市」が開かれる。2~3割安く、工房前で展示販売され、陶芸家と…
  • 歴史と文化と豊かな自然が同居する伊是名島

    (写真提供:いぜな島観光協会) ★ちゅらゆーなレポート いまでも手つかずの古き良き沖縄が残る伊是名島(いぜなじま)。白い砂浜とエメラルドグリーンの海が魅力の沖縄本島北部に位置する小さな離島です。そして、約四百年続く長…
  • 第2尚氏王統の陵墓、首里の世界遺産「玉陵」

    2000年12月、世界遺産に登録された「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の中の一つが、「玉陵」(たまうどぅん)です。首里城守礼門から200メートルほど西側に位置し、第2尚氏王統の陵墓です。1501年、3代目尚真王が、父で…
  • 11月13日は、やんばるを疾走するツール・ド・おきなわ2016

    2016年11月13日(日)名護市21世紀の森体育館をスタート、ゴールに自転車の国際ロードレース、ツールドおきなわ2016が実施される。名護市内、本部町、今帰仁町をはじめ、沖縄本島地区は交通規制がはいるので、北部地区観光…
  • 11/20 ヘリ体験搭乗できるかも!那覇駐屯地解放『陸自祭』

    年に一度の那覇駐屯地解放、今年もやってくる。第15旅団創隊6周年、那覇駐屯地創立44周年記念行事『陸自祭』が、11月20日(日)9:00~14:30に開催される。目玉は、ヘリ体験搭乗、自衛隊車両の体験試乗、いずれも無料だ…
  • できたて生ビールおかわり付き、オリオンハッピーパーク

    名護の許田ICから10分くらい、オリオンビール工場「オリオンハッピーパーク」がある。オリオンビールは沖縄県内では絶対的なシェアを誇る「オリオンビール」、沖縄へ行ったらお疲れさんの乾杯は、オリオンですね。このハッピーパーク…
  • おばぁがお出迎え、土産も楽しい、勝連城址休憩所

    うるま市のおばぁ、東江(あがりえ)ツルさん。ビックリするくらいリアルで、普通に座っているおばぁの人形です。以前、うるま市のセミナーに参加した時、エレベーター降りた正面の受付にこのおばぁがいて、思わず名刺を出そうとしたくら…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄そば屋は数々あれど、今回紹介するお店は新しいスタイルでおしゃれな…
  2. ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  3. 沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  4. 沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …

ピックアップ記事

  1. 2016-10-31

    名護で昼食ならここ、おすすめ5店舗

    沖縄自動車道の終点、許田ICで降りて北部観光に行く玄関口が名護市。ひと休みしたいところですね。昼食を…
  2. 2017-1-4

    猫大好き! にゃんこ天国沖縄!!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄には猫が多いですよね~。猫好きにはたまらないのではないでしょうか…
  3. 2017-1-18

    みんな大好き!沖縄おもしろTシャツ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 国際通り界隈を歩いていると目につくのがおもしろTシャツ!みなさんも目…
  4. 2016-9-9

    一度知ったら、また行きたくなる「空港食堂」

    沖縄の旅を終えて、那覇空港へ。チェックインをして、荷物を預けたら、いつも行く店がある。 それは、お…
  5. 農連市場は2017年秋に新しい店舗へ移転

    2017-2-24

    行くなら今、県民の台所那覇農連市場は今秋移転予定

    戦後の闇市から県民の台所としてスタートした那覇の農連市場、新しい建物の建設が進み、201…

カテゴリー

ページ上部へ戻る