• このエントリーをはてなブックマークに追加

南部編に続いて、北部編!!

車で行けば行きやすいけれど、「飲んだら飲むな」ですよね。でも、どの蔵元も一通り試飲ができます。蔵元に行かなければ飲めない泡盛を置いていたりします。今回紹介する3つの蔵元さんは、沖縄自動車道から近いし、恩納村、名護といったリゾートホテルが近くにあります。ホテルに入る直前に見学して、代行でホテルに入るなんていかがでしょうか。沖縄の代行は安いのでおすすめですよ。

平日なら他にも見学できる蔵元さんがあるので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。沖縄県酒造組合のホームページ「泡盛百科」がお薦めです。



【崎山酒造廠】こだわりの3日麹!!

沖縄自動車道を走ると「伊芸サービスエリア」があるのをご存じでしょうか。ここからすぐ近くの場所なので、屋嘉ICか金武ICで降りれば10分足らずで到着です。南部編で社長の名前が銘柄になっていました。「まさひろ」と「忠孝」です。ココは、社長ご夫妻の名前をとっています。「起松」さんと「藤子」さんで「松藤」です。

崎山酒造廠の泡盛「松藤」は二代目夫妻の名前からつけられました。

 

麹棚(通称:三角棚)にて、手作業で黒麹菌をつける製麹作業です。回転ドラムという回りながら黒麹菌をつけた後、この三角棚に移りますが、通常この作業は2日で行われるところを、寄り味わい深くしっかり麹菌をつけていくため、3日間かけるため、「三日麹」といわれています。

崎山酒造廠の三角棚、黒麹菌を丁寧に手作業でつけていきます。

 

最後は試飲コーナー。同じ『松藤』でも味わいが違います。飲み比べてみて、その違いを試してみてください。運転等で飲めない方には、健康飲料があります。

崎山さんの試飲コーナーは「松藤」のすべての商品が並んでいます。

崎山酒造廠のホームページはこちらです。

住所:沖縄県国頭郡金武町字伊芸751 電話:098-968-2417

見学可能時間:10:00~17:00(最終受付)平日はスタッフが随時ご案内。
※土日祝日は、「①10時~、②11時~、③13時~、④14時~、⑤15時~、⑥16時~(最終受付)」年中無休

※ホームページから申し込むか、電話で申し込みをした方がいいでしょう。

沖縄県国頭郡金武町字伊芸751

 

【ヘリオス酒造】沖縄自動車道許田ICからすぐ、6種類の酒造免許!

泡盛、スピリッツ、ウィスキー、リキュール、地ビール、発泡酒と6種類の製造免許を持つ総合酒造。一番人気商品は『くら』。コンビニなどでも置いているところが多いので、是非飲んでみてください。同じ蒸留酒のウィスキーのように、樫樽を使って貯蔵しています。下の写真は、主に甕で貯蔵している貯蔵庫。又、ココは太陽光発電、風力発電をして、自然を大切にしています。

ヘリオス酒造は一番新しい蔵元ですが、泡盛の他に免許を持っていてビール、ウィスキーなども楽しめます。

 

『くら』の貯蔵庫。ほんの一部ですよ。このひと樽、ひと樽ごとに微妙に味が異なり、それをブレンドすることによって、同じ味わいに仕上げていきます。

おすすめは「くら」ウィスキーのように樫樽で貯蔵される泡盛は琥珀色です。

 

工場内は写真NG。模型で見た上で、工場内に入るとよくわかります。銅製の蒸留器に注目です。

ヘリオス酒造工場内の模型です。

 

最後は、試飲カウンターで味わってみてください。

ヘリオス酒造の試飲コーナー、ドライバーにはさんぴん茶。

ヘリオス酒造のホームページはこちらです。

住所:沖縄県名護市字許田405  フリーダイアル: 0120-41-3975

見学可能時間:(1) 10:30~ (2)13:30~ (3)15:00~ (4)16:30~
※定休日(毎週水曜日(祝日含む))、年末年始、臨時休業日を除く。

沖縄県名護市字許田405

 

【神村酒造】明治15年創業、『守禮』『暖流』の2TOP!

石川ICからほど近い神村酒造。那覇市繁多川で創業し、戦後は官営工場5社の一つとなって、昭和24年民営化。樫樽貯蔵のパイオニア。樫樽貯蔵の『暖流』は、炭酸で割ったハイボール『暖ボール』として人気が高い。

うるま市石川にあるこだわりの酒蔵神村酒造

 

手前に見えているのが仕込みタンク。ここで約20日間くらい発酵させていきます。奥に見える丸いのが『暖流』の樫樽。

神村酒造の仕込みタンクと貯蔵タンク

 

泡盛は寝かせると古酒になり、味わいが深くなっていきます。ここの古酒蔵では、泡盛を預かってくれて、5年後宅配されてきます。

五年間蔵の中で古酒泡盛になるまで預かってくれます。

 

さて、お楽しみ試飲の時間です!なかなか飲むことのできない泡盛もありますよ。

神村酒造の試飲コーナー

神村酒造のホームページはこちらです。

住所:沖縄県うるま市石川嘉手苅570

見学可能時間:10時~17時(最終受付16時 休:12/30~1/3)無料

ナイトツアー:18時から 1000円(300ml泡盛付き)

<要予約>電話またはFAXで3日前までにご予約下さい
TEL:098-964-7628 FAX:098-964-7627

沖縄県うるま市石川嘉手苅570

 




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-11-21

    バームクーヘンの串焼き?!馳走別邸那覇前島♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回はバームクーヘンの串焼きが絶品と聞きつけ、那覇市前島にある「…
  2. 2017-11-19

    栄町シリーズ第5弾!全色(フルカラー)本店に行ってきた♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回はまたもや栄町に繰り出してきました!だって魅力的なお店が多い…
  3. 満月食堂

    2017-11-16

    「マイナーで旨い!」=マイナ旨いそば屋 宮古島3選!

    ★ホテルマニア マーコさんレポート 沖縄リピートの読者さまは経験あると思います。 現地の友人…
  4. 2017-11-15

    もっと沖縄が好きになる居酒屋「沖縄食堂じまんや」

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回はもっと沖縄が好きになる居酒屋「沖縄食堂じまんや」にお邪魔し…
  5. 2017-11-9

    病みつきになるまぜ麺。琉球じゃじゃ麺屋さん「モガメン」♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は食べると必ず病みつきになること間違いなしのまぜ麺があると聞…

ピックアップ記事

  1. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  2. 2017-1-9

    安くて美味しい!沖縄限定アイス♪

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回のケコレポは「沖縄限定アイス」を紹介しましょう。沖縄で有名な…
  3. 2017-4-28

    転勤・・・おきなわ暮らしで驚いた、戸惑った!!

    ★沖縄暮らし始まる~naomiさん 晴天の霹靂、夫の転勤で始まった沖縄暮らし。仕事を辞めてついてき…
  4. 2017-6-14

    地元のお客様に愛される店、名護の「小料理ひざくら」

    2016年1月にオープンして1年半、地元の食材と地元のオリオンビール、やんばるの泡盛と、地元のものに…
  5. 2017-1-10

    伊是名島は尚円王生誕の地、だから史跡が多い!

    ★ちゅらゆーなレポート 伊是名は、琉球王朝第二尚氏王統の始祖、尚円王生誕の島として有名です。 他…

イベントカレンダー

11月 2017
« 10月   12月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

カテゴリー

ページ上部へ戻る