• このエントリーをはてなブックマークに追加

南部編に続いて、北部編!!

車で行けば行きやすいけれど、「飲んだら飲むな」ですよね。でも、どの蔵元も一通り試飲ができます。蔵元に行かなければ飲めない泡盛を置いていたりします。今回紹介する3つの蔵元さんは、沖縄自動車道から近いし、恩納村、名護といったリゾートホテルが近くにあります。ホテルに入る直前に見学して、代行でホテルに入るなんていかがでしょうか。沖縄の代行は安いのでおすすめですよ。

平日なら他にも見学できる蔵元さんがあるので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。沖縄県酒造組合のホームページ「泡盛百科」がお薦めです。



【崎山酒造廠】こだわりの3日麹!!

沖縄自動車道を走ると「伊芸サービスエリア」があるのをご存じでしょうか。ここからすぐ近くの場所なので、屋嘉ICか金武ICで降りれば10分足らずで到着です。南部編で社長の名前が銘柄になっていました。「まさひろ」と「忠孝」です。ココは、社長ご夫妻の名前をとっています。「起松」さんと「藤子」さんで「松藤」です。

崎山酒造廠の泡盛「松藤」は二代目夫妻の名前からつけられました。

 

麹棚(通称:三角棚)にて、手作業で黒麹菌をつける製麹作業です。回転ドラムという回りながら黒麹菌をつけた後、この三角棚に移りますが、通常この作業は2日で行われるところを、寄り味わい深くしっかり麹菌をつけていくため、3日間かけるため、「三日麹」といわれています。

崎山酒造廠の三角棚、黒麹菌を丁寧に手作業でつけていきます。

 

最後は試飲コーナー。同じ『松藤』でも味わいが違います。飲み比べてみて、その違いを試してみてください。運転等で飲めない方には、健康飲料があります。

崎山さんの試飲コーナーは「松藤」のすべての商品が並んでいます。

崎山酒造廠のホームページはこちらです。

住所:沖縄県国頭郡金武町字伊芸751 電話:098-968-2417

見学可能時間:10:00~17:00(最終受付)平日はスタッフが随時ご案内。
※土日祝日は、「①10時~、②11時~、③13時~、④14時~、⑤15時~、⑥16時~(最終受付)」年中無休

※ホームページから申し込むか、電話で申し込みをした方がいいでしょう。

沖縄県国頭郡金武町字伊芸751

 

【ヘリオス酒造】沖縄自動車道許田ICからすぐ、6種類の酒造免許!

泡盛、スピリッツ、ウィスキー、リキュール、地ビール、発泡酒と6種類の製造免許を持つ総合酒造。一番人気商品は『くら』。コンビニなどでも置いているところが多いので、是非飲んでみてください。同じ蒸留酒のウィスキーのように、樫樽を使って貯蔵しています。下の写真は、主に甕で貯蔵している貯蔵庫。又、ココは太陽光発電、風力発電をして、自然を大切にしています。

ヘリオス酒造は一番新しい蔵元ですが、泡盛の他に免許を持っていてビール、ウィスキーなども楽しめます。

 

『くら』の貯蔵庫。ほんの一部ですよ。このひと樽、ひと樽ごとに微妙に味が異なり、それをブレンドすることによって、同じ味わいに仕上げていきます。

おすすめは「くら」ウィスキーのように樫樽で貯蔵される泡盛は琥珀色です。

 

工場内は写真NG。模型で見た上で、工場内に入るとよくわかります。銅製の蒸留器に注目です。

ヘリオス酒造工場内の模型です。

 

最後は、試飲カウンターで味わってみてください。

ヘリオス酒造の試飲コーナー、ドライバーにはさんぴん茶。

ヘリオス酒造のホームページはこちらです。

住所:沖縄県名護市字許田405  フリーダイアル: 0120-41-3975

見学可能時間:(1) 10:30~ (2)13:30~ (3)15:00~ (4)16:30~
※定休日(毎週水曜日(祝日含む))、年末年始、臨時休業日を除く。

沖縄県名護市字許田405

 

【神村酒造】明治15年創業、『守禮』『暖流』の2TOP!

石川ICからほど近い神村酒造。那覇市繁多川で創業し、戦後は官営工場5社の一つとなって、昭和24年民営化。樫樽貯蔵のパイオニア。樫樽貯蔵の『暖流』は、炭酸で割ったハイボール『暖ボール』として人気が高い。

うるま市石川にあるこだわりの酒蔵神村酒造

 

手前に見えているのが仕込みタンク。ここで約20日間くらい発酵させていきます。奥に見える丸いのが『暖流』の樫樽。

神村酒造の仕込みタンクと貯蔵タンク

 

泡盛は寝かせると古酒になり、味わいが深くなっていきます。ここの古酒蔵では、泡盛を預かってくれて、5年後宅配されてきます。

五年間蔵の中で古酒泡盛になるまで預かってくれます。

 

さて、お楽しみ試飲の時間です!なかなか飲むことのできない泡盛もありますよ。

神村酒造の試飲コーナー

神村酒造のホームページはこちらです。

住所:沖縄県うるま市石川嘉手苅570

見学可能時間:10時~17時(最終受付16時 休:12/30~1/3)無料

ナイトツアー:18時から 1000円(300ml泡盛付き)

<要予約>電話またはFAXで3日前までにご予約下さい
TEL:098-964-7628 FAX:098-964-7627

沖縄県うるま市石川嘉手苅570

 




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2017-3-28

    那覇で注目!新進気鋭の沖縄そば屋【Okinawa Soba EIBUN】

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄そば屋は数々あれど、今回紹介するお店は新しいスタイルでおしゃれな…
  2. 2017-3-17

    第二弾!?那覇牧志公設市場界隈はしご酒のススメ!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今回も那覇市牧志公設市場界隈をバルホッピング(はしご酒)してきちゃい…
  3. 2017-3-13

    平麺が多いソーキそば発祥の地、名護沖縄そば屋5選

    沖縄そばのことを「スバ」といい、「スバ」の町名護には現在41軒の沖縄スバの店があります。その中から5…
  4. 2017-3-9

    那覇で “沖縄じかん” を感じられる人気カフェ5選

    沖縄と言っても那覇は都会。国際通りなどお店がたくさんあって、どこに入っていいか迷う人も多いのでは? …
  5. 牧志公設市場に向かうアーケード街にあるうなぎ店ぼんぼん

    2017-2-22

    うなぎ屋で飲もっ!! 喰おっ!! 那覇・ぼんぼん

    沖縄旅行をすると、地元の沖縄料理を食べたいところですが、何度も沖縄に行っていると、違ったもの…

ピックアップ記事

  1. 2017-1-18

    みんな大好き!沖縄おもしろTシャツ

    ★沖縄大好きケコさんレポート 国際通り界隈を歩いていると目につくのがおもしろTシャツ!みなさんも目…
  2. 2017-1-4

    猫大好き! にゃんこ天国沖縄!!

    ★沖縄大好きケコさんレポート 沖縄には猫が多いですよね~。猫好きにはたまらないのではないでしょうか…
  3. 2017-3-27

    16の工房が点在する読谷窯、やちむんの里

    ★体験レポート!! ~青木さなえさん 沖縄本島中部にある読谷村(よみたんそん) 。この自然に恵まれ…
  4. 2016-10-31

    名護で昼食ならここ、おすすめ5店舗

    沖縄自動車道の終点、許田ICで降りて北部観光に行く玄関口が名護市。ひと休みしたいところですね。昼食を…
  5. 2016-12-20

    国際通りのドンキホーテで買えるオススメお土産

    ★沖縄大好きケコさんレポート!! さて今回は沖縄大好きケコが独断と偏見で選ぶ「国際通りにあるド…

カテゴリー

ページ上部へ戻る