泡盛おじさん の記事一覧

泡盛おじさん

徳島県徳島市出身 20代の頃は旅行会社勤務、やがて飲食業に転じ、居酒屋経営。泡盛との出会いから沖縄に通うようになる。沖縄愛は次第に深みにはまり、東京泡盛会を沖縄県酒造組合と開催したり、沖縄ファンクラブの役員をするなど、生活が沖縄化している。還暦を迎え、沖縄移住に向け計画進行中。趣味はまち歩き。

毎年旧暦の5月4日(2020年は6月24日(水))を基本に各地の漁港で行われる「ハーリー」。「ハーレー」と呼ぶ地域もありますが、サバニ・爬龍船(はりゅうせん)を...

龍泉と書かれた大きい提灯を国際通りで見つけた琉球泡盛『龍泉』プロデュースの店。この『龍泉』をどのように作っているのか、龍泉酒造がある町、名護市北部にある仲尾次(...

沖縄県北中城村にある「中村家住宅」。注目すべきは、沖縄の住宅建築の特色をすべて備えた機能的な建物であり、代々守り継がれているということ。沖縄で現存する最古で重要...

第12回目を迎える沖縄国際映画祭は、2020年4月16日(木)~19日(日)の4日間、那覇市波の上うみそら公園など沖縄県内各地において、映画公開、イベント等が開...

琉球海炎祭は、「日本で一番早い夏の大花火 10000発の大花火と音楽のコラボレーション」をキャッチフレーズとして2020年は、4月11日(土)宜野湾トロピカルビ...

沖縄の地酒といえば琉球泡盛。久米島には2つの酒造工場があります。一つは小さな家族経営の酒造工場「米島酒造」、もう一つは泡盛酒造工場の中で一番大きな「久米島の久米...

泡盛業界№1の売り上げの「久米島の久米仙」。 名前の通り久米島にあります。株式会社久米島の久米仙が作る銘柄も「久米島の久米仙」。どうして「久米島の」がつくの?の...

普天間フライトライン・フェアは会場は、普段は入ることができない沖縄の米軍基地の中です。しかも2700mの滑走路を車で走って会場入り!厳重警戒と見えて、実はフレン...

プロ野球沖縄キャンプを応援するならバスで行こう!意外と便利な路線バス。利用しない手はない。昨年阪神キャンプのある日曜日、練習試合が組まれてい て会場周辺の駐車...

 ゆいレールに乗って、蔵元見学ができるのが、首里の4つの蔵元さん。今回は、試飲をしながら蔵元見学だ。 さて、首里三箇という言葉は...

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Instagram

Translate »