沖縄県産100%!沖縄で生まれた食材を贅沢に生かしたスウィーツ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

★沖縄大好きケコさんレポート

さて今回は那覇市県庁前駅前、パレットくもじリウボウ1階にある、スイーツ・ケーキの店ボン・ファンの紹介です。ボン・ファンにはうちなーむん(沖縄ならではの)贅沢スウィーツが売られているんです♪




 

【ボン・ファンの歴史】

ボン・ファンの創業は1984年。沖縄初のホテルメイドの高級洋菓子店として那覇市古波蔵で創業。オーナーの金城善治さんは1969年に東京のヒルトンホテルで修行し、沖縄の本土復帰後に沖縄ヒルトンホテルでパティシエとして腕を振るいます。現在はフランス洋菓子の歴史や無限に広がる食材を生かした繊細な味わいを街中の洋菓子店として表現しているそうです。

こちらは那覇市古波蔵にあるボン・ファンです。

 

【パレットくもじリウボウストア1階】

今回取材をさせて頂いたのはパレットくもじリウボウストア1階にある、ボン・ファンさんです。

店頭のショーケースには美味しそうなケーキがたくさん♪
ボン・ファンさんといえば純生ロールケーキが絶品ですよね~↓ ↓ ↓

ふわふわの生地にフレッシュ生クリームがたまらんとです(笑)

 

【産地の贅沢?沖縄産スウィーツ】

純生ロールケーキも魅力的ですが今回紹介したいスイーツは、沖縄で生まれた食材を贅沢に生かしたスウィーツ「産地の贅沢」なんです!

なんだかゴージャスでしょ?

単品でも売っていて1個164円(税込)です。紅芋やもずくって気になるね。

 

そこで産地ならではのスウィーツ5種類が入っている5個入りを買ってみました(笑)

5個入りのお値段は1080円(税込)。他にも10個入り1990円(税込)と15個入り2862円(税込)もあり!

上からよもぎ(ふーちばー)・黒糖(クルザーター)・モロヘイヤ・紅芋・もずく(スヌイ)の5種類。この5種類の素材はすべて沖縄県産100%使用なんですって!スンバラシイ!!

 

【さぁ食べてみましょう!!!】

まずはピンク色の「紅芋」を食べてみた!写真ではそうでもないけど実際はも少しピンク色です(笑)

割ってみるとこんな感じ↓ ↓ ↓

焼き菓子だけどクッキーのように固くなくしっとりしています。食べた感じは・・・しっとりとした蒸しパンだ!めっちゃ素朴な味で美味しい♪牛乳と合う感じ。紅芋のほっこりとした甘さがイイです!今までにない洋菓子に仕上げるためににヨーグルトと合わせてあるんだって!なるほど~。そして調子に乗ってもう一個よもぎを食べてみた↓ ↓ ↓

生地も緑色で見た目はよもぎって感じ!って当たり前か(笑)

沖縄のよもぎは県外のよもぎとは違い、苦みの柔らかなニシヨモギという種類です。なのでよもぎの味や苦みはあまりせず、シークワーサーのほのかな香りがしてさっぱりです。食感はやはりしっとり蒸しパン系でこちらも素朴で美味しい。よもぎが苦手な人でも全然食べられると思います。

他にもミネラルやビタミンが豊富な黒糖はコクがあり、全国シェアの9割以上を生産する沖縄だからこそのもずくは、しっとりとした食感とこちらも香りづけにシークワーサーを合わせてありました。モロヘイヤに関してはクレオパトラの時代から日常的に食されていたらしく、シークワーサーとチョコレートを合わせることで、モロヘイヤの独特の苦みを消しています!

 

【おまけに那覇(なーふぁ)バナナスィーツを】

この「産地の贅沢」シリーズではないけれど、創業当時から愛されているバナナケーキ「那覇スィーツ」も気になり、1個買ってみました。

化粧箱もシンプルで素敵♪10個入り1458円(税込)と15個入り1998円(税込)。

このバナナケーキ、30年間味や食感を変えてないんですって!しっとりふわふわな食感、華やかなバナナの香りがイイ!電子レンジでチンしたり、トースターで表面をカリカリに焼いて食べても美味しいそうです。長年愛されてるって凄い!ちなみに単品だと133円(税込)です。

 

【リウボウ店店長の神山さん!】

お忙しい中、快く取材に応じてくださったリウボウ店店長の神山さん。キュートな笑顔が魅力的です。また買いに行きますね~!

ぜひ沖縄の食材にこだわったボン・ファンの「産地の贅沢」と「那覇バナナスィーツ」を食してみてくださいね!賞味期限も10日くらいあるのでお土産にも最適!!

 

【洋菓子の店ボンファン】

住所:沖縄県那覇市久茂地1丁目1−1

電話:098‐869‐4731

営業時間:10:00-21:00

沖縄県久茂地1-1-1

 

文、写真:沖縄大好きケコさん

10329184_2_n

てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」やインスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

 




沖縄グルメ

おいしい食事ができる場所

  1. 2018-4-19

    ラーメン?沖縄そば?とにかく絶品「鶏そば新里」

    那覇市泉崎のバスターミナル近く。昔ながらの製法で、小麦粉に低カロリーの全粒粉を混ぜた麺を使っ…
  2. 2018-4-18

    八重瀬にくつろぎの古本屋「くじらブックス&Zou Cafe」

    以前にも数店舗ほど古本屋さんを取材し記事にしてきましたが、今回のお店は八重瀬にOPENしたば…
  3. 2018-4-14

    沖縄県産豚肉100%!とんかつの名店「豚豚ジャッキー」

    巷でウマいと評判の有名すぎるとんかつ屋「豚豚ジャッキー」。ずいぶん前から知っていましたがタイミングが…
  4. 2018-4-10

    琉球中華のお店がOPEN!「まうし餃子」那覇HACHINO’Sビル

    2018年3月23日。沖映通りのHACHINO'Sビルに、またもや新店舗がOPENしました。…
  5. 2018-4-9

    むつみ橋商店街で石垣島直送の八重山そばはいかが?「あんつく」

    ★沖縄大好きケコさんレポート 今や八重山そばの特徴にもなっている丸麺。その丸麺を生み出した金城製麺所…

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 2017-12-6

    インスタ映え間違いなし!フルーツカクテルが凄いBAR「OWL」

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は新鮮なフルーツがてんこ盛りのカクテルが呑めるフルーツBAR…
  2. 泊いゆまちは那覇の魚市場

    2017-2-25

    泊いゆまちとは、那覇泊港のとれたて新鮮魚市場のこと!

    那覇の港といえば、泊港、そのすぐ近くに泊漁港、隣接する形で「泊いゆまち」があります。「い…
  3. 2017-6-14

    地元のお客様に愛される店、名護の「小料理ひざくら」

    2016年1月にオープンして1年半、地元の食材と地元のオリオンビール、やんばるの泡盛と、地元のものに…
  4. 2016-11-15

    歴史と文化と豊かな自然が同居する伊是名島

    (写真提供:いぜな島観光協会) ★ちゅらゆーなレポート いまでも手つかずの古き良き沖縄が残る伊是…
  5. 2017-6-28

    那覇空港で買えるお土産はコレ!@雑貨編!

    ★沖縄大好きケコさんレポート さて今回は那覇空港で購入できるHOTなお土産情報をお届けしましょうね…

イベントカレンダー

4月 2018
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
« 3月   5月 »

カテゴリー

ページ上部へ戻る